My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

新型コロナウイルス (COVID-19) 感染拡大防止施策に伴う公演中止・延期事案が,相当多数に上っているため,2020年2月26日 (公演番号 1087/20) 以降の公演について,当面の間 (無期限),「予定される公演番号」の付番を見合わせます。実際に,公演が開催されたものから,順次,確定番号として付番します。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(880/65) B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (横浜公演/DAY 2)

2018/08/05
B'z
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
日産スタジアム/第10公演


座席 : スタンド W12入口 1階-3列-207番 (全席指定)
開演 18:07(.30) → 終演 20:42 (公演時間 : 2時間34分30秒)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. ultra soul
M02. BLOWIN'

(B'z の LIVE-GYM にようこそ)

M03. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
M04. TIME
M05. love me, I love you
M06. 光芒
M07. もう一度キスしたかった

(MC-1)

M08. 恋心 (KOI-GOKORO)
M09. OH! GIRL
M10. イチブトゼンブ
M11. ZERO (w/ 小杉竜一 from ブラックマヨネーズ)

(MC-2) ※ バンド紹介
(Tak Matsumoto Guitar solo - When You Wish Upon a Star / 星に願いを)

M12. ALONE (Pi. 稲葉浩志)
M13. LOVE PHANTOM ~ HINOTORI (~ LOVE PHANTOM)

(Interlude Movie - B'z "Spirit LOOSE")

M14. Real Thing Shakes ~ juice
M15. BAD COMMUNICATION

(MC-3)

M16. Pleasure 2018 ~人生の快楽~


~ Encore ~

(MC-4) ※ 稲葉,松本 @ Back Stage

M17(En-01). Brotherhood
M18(En-02). 愛のバクダン
M19(En-03). RUN

(Ending) ※ S.E. : ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-

(参考記録) 気象概況 - 神奈川県 横浜 (横浜市 中区 横浜地方気象台)
日付 : 2018/8/5
日降水量 : -.- mm
1時間・最大降水量 [時分] : -.- mm [--:--]
平均気温 : 30.0℃
最高気温 [時分] : 34.6℃ [14:20] (最も暑い時期を上回る)
最低気温 [時分] : 27.1℃ [03:58] (最も暑い時期を上回る)
10分ごとの値




【Comment - コメント】

※ バンドメンバー:増田隆宣 (Key.),Shane Gaalaas (Dr.),Barry Sparks (Ba.),大賀好修 (Gt.)
※ もうすでに,すっかり忘れ去られているであろう 1日目 (2018/8/4) もあります。というより,1日目の続きというか,「回顧録」みたいなところもあります。
1日目・8月4日のメモ書きを書いたのが,8月24日.もうすでに,とんでもなく遅かったわけなんですが,そこから 2日目まで,すんなり書くつもりでいたら・・・その直後,どえらい体調を崩しまして (今もまだ,決してよくはないんですが),また,2週間も延びてしまいました。もっとも,その間,ひぃひぃ言いながら,いくつかの現場もこなしてはいたわけですが・・・(;´Д`)
Live が明けてから,1ヶ月以上も経ってから書いたこともありませんで,もはや「回顧録」といったほうがいいかもしれませんが・・・まあ,それはそれでいいのでしょう・・・おっと,気がつけば,2週間後の 9月22日に,Pleasure の Final も迫っているんでした。Pleasure に 3度も足を運べるという,まさに Pleasure.と,私がのびている間に,稲葉さんもまた,苦戦を強いられる時期もあったようで*1・・・鉄人・稲葉さんのことですから,転んでも,ただでは起きないだろうと思ってはいますけども,何卒,味スタの Final には,元気な姿で帰ってきてほしいものです。もちろん,その前に,各地でも元気な姿を。
さて,回顧について。もっとも「回顧」してみようと思えるのも,公演が終わった即日のうちに,断片的なメモだけ記しておいて,そいつを,どうにかテキスト化したいと思うからなんですけども・・・内容的に,1日目とかぶる部分も少なくない一方で (かぶる部分は重複させず,けっこう省略しますのでご容赦を),1日目は,アリーナ前方からの景色,2日目は,スタンド後方からの景色,そして,その日その日にしかない空気感など,目線を変えて振り返られるところもあればと思います。
「お待たせいたしました。間もなく開演です」というアナウンスのあと,7万人が,今か今かと前のめりに歓声を上げ,手拍子をはじめ,早々に立ち上がる人たちも。この祝祭感からして,1ヶ月以上経った今でも,鮮明に覚えています。過去の LIVE-GIM の映像とともに,バンドメンバーがステージに集い,"ultra soul","BLOWIN'" で大いに沸かせるシーンでさえも,同じスタート曲なのに,見える景色がぜんぜん違う。スタンド後方から見た客席の腕の振り上げは,壮観そのものでしたし,100メートル級で離れた場所から見る,タイミングが (音速のぶんだけ) ズレていく様子は,まさに,スタジアムならではのスケール感です。それと,客席が歌う声もよく響きます。
2曲終わって,「B'z の LIVE-GYM にようこそ」を宣言するためだけの小芝居コーナーへ。これがまた,稲葉さんの小芝居が,実に細かいんだ。ここまで,1日目と変えてくるとは思いませんでした。稲葉さんが水を飲み,紙コップの底を見ても書かれていない,Shane のドラムスティックを見ても書かれていない・・・と,ここまでは同じ。松ちゃんが持っている紙コップを受け取るも・・・コップの底を見ても,何も書いていない。じゃあどこに・・・いやいや,稲葉さん,その場で「B'z の LIVE-GYM にようこそ」と,自分で書いて叫んで開幕するという,ものすごくレアな光景まで見ることができました。生自筆の LIVE-GYM にようこそとは。
スタジアム級の Tour ともなると,あんまり,セトリを変えてこないことも多いんですが,今回の Pleasure は (ホール・アリーナも組み込まれていたからでしょうか),1日目と 2日目とで,「日替わり」が,かなり多かったのも印象的です。数えてみれば,19曲のうち 5曲ありました。その日替わりの 1曲 "TIME" へのイントロでは,ステージのセンターに立つ松ちゃんのギターソロが,陽も傾きかけた日産スタジアムに,カッコよく響き渡ってました。
1日目の MC で,稲葉さんが「Pleasure では,みんなが歌える曲を・・・」と言っていたように,開幕の 2曲はもとより,「ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~」にせよ "love me, I love you" にせよ,ヒット曲のオンパレードで,7万人の大合唱になることもしばしばでした。「客席が歌う」ことについては,しばしば,意見が分かれるところでもあるかもしれませんけども,私見では,5年に1度の祝祭なんだし,大いに歌ってもいいんじゃないかと思ってます。私の周りもすごかったですし,なんといっても,稲葉さん自身が,Pleasure の意義を,そのように位置付けていることですしね。その一方で,スタジアム一帯が暗くなりかけたころの「光芒」の雰囲気,増田さんのピアノソロのイントロで沸き立つ「もう一度キスしたかった」などでは,静かに聴き入るといったようなメリハリ感があるのも,Pleasure に集う人たちの素晴らしさではないかと思います。決まりごととして存在するものではなく,あくまで「自然発生的に」そのようになっているという意味で。
1日目は,あまりの暑さに,ついうっかり「この『クソ暑い』中を・・・」という言まで飛び出した稲葉さん,きょうはさすがに,上品に?「この『猛暑』の中をお越しくださり,ありがとうございます」と・・・まあ,両日とも,とんでもなく暑いことに変わりはないわけですけども← 「B'z にしては珍しく,振り付けのある曲を」ということで,1日目と同様な練習のくだりを経た「恋心 (KOI-GOKORO)」も,1日目では,アリーナからだとわからなかったんですが・・・まあ,あらためてスタンド後方から全景をみると,とにかく壮観すぎ。7万人のほとんどが,松ちゃんよりも上手に振りができていることに,ただただ驚きです。もっとも,松ちゃん自身が,ギターから手を離して,振りをやっているという光景そのものも驚きですけども。
"OH! GIRL",「イチブトゼンブ」で,存分にコールと歌で盛り上げたところで,ここでまた,日替わりの "ZERO".私も大好きで,待ち望んでいた曲でもあるんですが・・・ここで,まさかの大波乱が起こりました。2サビ後の間奏で,なぜか,客席の警備員にスポットライトが。あれ?カメラワークでもしくった・・・まあいいか,くらいにしか思ってなかったんですが,続くラップの部分であらわになった,当の警備員の風体,なんと!ブラックマヨネーズの小杉 (小杉竜一) じゃありませんか。当の本人も,まさか,このような形で出演が実現できるとは思ってなかったようで,興奮の一夜を Twitter 上で綴っています。ちなみに私,ブラマヨの小杉であること自体,見ていて,しばらくわかりませんでした (客席の爆笑と熱狂のはざまで,私自身,えっ?誰??誰なん??という感じ)。というより,ブラマヨに限らず,古今東西の芸人自体の見分けがつかないくらい,フツーにわかりません (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ 「小杉-GYM」なるイベントを開催するほどの,筋金入りの「B'z 芸人」相手に・・・まったくもって,汗顔の至りでありました。なお,直後の MC で,稲葉さんによるバンド紹介がありましたが・・・小杉の件は,完全にスルーされてました (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ しかしそれが,かえって「(我々と同じ) ひとりの B'z ファン」でありたい「小杉の美学」であり,芸人だからといって,ステージ上で特別扱いをしない,させない「B'z 自身の美学」でもあることを感じさせるスルーでもありました。この日限りのサプライズなのか,はたまた,他のどこかでも出てくる (出てきた) のかはわかりませんが・・・ともあれ,好意的に受け入れられる,皆得なサプライズにハイライトでした。
その後も,松ちゃんの "When You Wish Upon a Star" のギターソロ,稲葉さんのピアノソロによる "ALONE" ,"LOVE PHANTOM" からの "HINOTORI" では,文字通りに「火の鳥」と化した稲葉さんに,これでもかと炎を噴きまくるステージ,神々しくさえあるハイライトが続きました。もちろん,ダイヴのスタントシーンまで。と,1日目と同じ展開ゆえ,簡単に書きましたけども,2日続けて観ても圧巻のシーンでしたし,現にこうして,1ヶ月以上が経った今でも,稲葉さんの不死鳥ぶりが,目に焼き付いています。
そのまま「コマンドー」とかでも使えそうな "Spirit LOOSE" の映像で転換し,"Real Thing Shakes" から "juice" への流れも,コール&レスポンスを含めた内容は同じでも,見えかたはずいぶん違いました。スタンド後方からみると,juice の回りかたも,よくわかるものです。1日目よりは,うまく回ってたような気もしましたけども,(コール&レスポンスに気をとられて)「あの,juice を回すのを忘れないでくださいよ」という稲葉さんも,実におちゃめ。とても,火の鳥の神々しさから,スタントまでこなした後のセリフとは思えません。"BAD COMMUNICATION" が終わるころには,客席も,私自身も,もうすっかり,できあがっている感じがしました。
1日目と同様,Pleasure をビンビンに感じているという稲葉さん (もちろん,客席も然りでしょう)。Pleasure にまつわる話は,ほとんど同じだったんですけども,やはり,日々の (Pleasure でない) 営みがあるからこそ,Pleasure という快楽,とりわけ,B'z の LIVE-GYM という,非日常的な Pleasure に価値があるんだと思わせてくれるような語り口でした。そりゃあ,平素から Pleasure が多い人生のほうが,楽しいに決まってるんでしょうけども,なかなか,そうもいかないものなんですよ・・・2日目の「Pleasure 2018 ~人生の快楽~」は,そんな思いとともに,腕を振り上げつつ歌いました。
Encore では,稲葉さんと松ちゃんが,ふたりきりでバックステージに立ち,1日目と同様,松ちゃんから 30年に対する思いが語られたところで (稲葉さんの「まったく同感でございます」も健在),まず,ふたりきりで "Brotherhood" を披露するんですが・・・30年間,音楽一筋に歩み続けたふたりの仲を思うと,まさに,B'z のふたりの絆こそ "Brotherhood" そのものではなかろうかと感じさせるものがありました。1番を歌い終えたところで,稲葉さんがスタンドマイクを高く掲げ,"We will be alright" のジンガロングを求めつつ,(松ちゃんと二手に分かれて) メインステージに移動する姿と,それに呼応する 7万人の歌う光景を見て,ふと,rockinon.com 小柳編集長のコラム*2 を思い出し,思わず,泣きそうになってしまいましたが・・・それはまだ,Final までとっておこうとこらえました。

これほどピュアな感動を、僕はこれから何度味わうことができるんだろう。(注釈2 - コラムより引用)

メインステージに戻ったところで,バンドメンバー,そして,選ばれし B'z PARTY の会員をバックに,2日目は「愛のバクダン」で,もうひと盛り上がりしたところで,最後に "RUN" で皆々歌い,花火と爆竹で宴の幕を閉・・・いやいや,\ せーーーのっ / \ おつかれーーー / からの「ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-」の大合唱をもって,宴の幕を閉じたのでした。
――― 1日目と同じところは,だいぶ省略したため,ますます内容のない・・・そのわりに,1日目から 2週間も経ってしまったんですが,「回顧録」として思うところを。2日目,私の (主に Twitter 上での) フォロー・フォロワーの関係にある人たちも,かなりの人数が行っていたようで・・・遠方から駆けつけ,Encore の途中,名残惜しくも (規制退場回避のために) 席を立つ人,終わるなり,即座に衣装を描き起こそうとする人,(主に稲葉さんの) 細かすぎる所作にまで目が行き届き hshs する人などなど・・・まあ,マニアック かつ 濃ゆい視点に,驚いたものです。そんな,濃ゆい報告の数々に比べれば,私のこんな「メモ書き」など,紙くず同然ですが・・・ともあれ,往年のファンも,そうでない人も,マニアックなファンも,そうでない人も,それこそ,私のような,7万人の中でも,もっとも「ライト層」であろう人にも,その場に立ち会ったあらゆる人に Pleasure を感じさせる B'z の LIVE-GYM は,さすがとしか言いようがありません。国民的バンドであることに疑いの余地はないですけども,真の大物は,あらゆる層の人を,あらゆるタイミングで受け入れてくれる (もちろん,出たり入ったり,出戻りだって分け隔てなく)。B'z の音楽と人柄には,そんな懐の深さを感じます。
次回は,9月22日の Final (前・21日は・・・どうしても,別件に行かねばならず).30周年の宴の締めくくりは,B'z のデビュー日と,稲葉さんのバースデーに挟まれた「中日」。どんな Pleasure を感じさせてくれるでしょうか。

(2018/9/9 01:00 コメント投稿)

(追伸) B'z のサポート・ギタリストと言えば欠かせないのが,大賀さん。大賀さんもまた,終始,実に楽しそうにギターを奏でているのも印象的でした。B'z はもとより,Mai-K の Live にあっても,必ずと言っていいほど登壇するんですが・・・B'z が終われば,今度は Mai-K か。で,ワンマンはもとより,フェスにおいても,必ずと言っていいほど呼ばれるんですが,この超大物を,いともあっさり呼びつけてしまう。さすがトーマス #そこ




keyword:B’z
keyword:日産スタジアム

*1:B'z福岡ライブ、稲葉さん声不調により一時中断「中止かな?」→10分後には再開し最後まで歌い切る「まさに火の鳥…」 - Togetter

*2:BUMP OF CHICKEN、日産スタジアム初日を観た! 感じたことを書きます - 小栁大輔の「にこにこちゅーんず」 B'z ではないんですが,奇しくも,同会場で開催された BUMP 初のスタジアム Tour での一幕。これを読んで臨んだ 2日目・・・"supernova" のジンガロングで,私は泣いてしまいましたね。

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。