My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

新型コロナウイルス (COVID-19) 感染拡大防止施策に伴う公演中止・延期事案が,相当多数に上っているため,2020年2月26日 (公演番号 1087/20) 以降の公演について,当面の間 (無期限),「予定される公演番号」の付番を見合わせます。実際に,公演が開催されたものから,順次,確定番号として付番します。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(879/64) B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (横浜公演/DAY 1)

2018/08/04
B'z
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
日産スタジアム/第9公演


座席 : アリーナ B1ブロック 9列-7番 (全席指定)
開演 18:06(.30) → 終演 20:38(.30) (公演時間 : 2時間32分)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. ultra soul
M02. BLOWIN'

(B'z の LIVE-GYM にようこそ)

M03. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
M04. 裸足の女神
M05. Wonderful Opportunity
M06. 光芒
M07. 月光

(MC-1)

M08. 恋心 (KOI-GOKORO)
M09. OH! GIRL
M10. イチブトゼンブ
M11. ねがい

(MC-2) ※ バンド紹介
(Tak Matsumoto Guitar solo - When You Wish Upon a Star / 星に願いを)

M12. ALONE (Pi. 稲葉浩志)
M13. LOVE PHANTOM ~ HINOTORI (~ LOVE PHANTOM)

(Interlude Movie - B'z "Spirit LOOSE")

M14. Real Thing Shakes ~ juice
M15. BAD COMMUNICATION

(MC-3)

M16. Pleasure 2018 ~人生の快楽~


~ Encore ~

(MC-4) ※ 稲葉,松本 @ Back Stage

M17(En-01). Brotherhood [ Back Stage → Main Stage ]
M18(En-02). ギリギリchop
M19(En-03). RUN

(Ending) ※ S.E. : ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-

(参考記録) 気象概況 - 神奈川県 横浜 (横浜市 中区 横浜地方気象台)
日付 : 2018/8/4
日降水量 : 0.0 mm
1時間・最大降水量 [時分] : 0.0 mm [01:03]
平均気温 : 29.6℃
最高気温 [時分] : 34.3℃ [13:39] (最も暑い時期を上回る)
最低気温 [時分] : 27.3℃ [05:08] (最も暑い時期を上回る)
10分ごとの値




【Comment - コメント】

※ バンドメンバー:増田隆宣 (Key.),Shane Gaalaas (Dr.),Barry Sparks (Ba.),大賀好修 (Gt.)

うかうかしていたら・・・真夏の夜の宴でみた夢から,3週間も経ってしまいました。盆もとうに過ぎ,これほどまでに間を空けてしまえば,いさぎよく,書くのもあきらめたくなりそうなところ・・・B'z の Pleasure に関しては,まったく,それを許してくれないようです。
・・・と,言ってはみたものの,あの日,会場を埋め尽くした 70,000人の中で,間違いなく,もっとも「ライト層」に属するであろう私のこと,およそ,マニアックどころか,ベーシックな話すらできるはずもなく。そのあたりの・・・なんかこう,「マニアックな視点とか,衣装とか,ステージ上の所作とか,そういった,細かいレポートらしきもの」は,2days 通して,ことごとく放棄して (観客の数も多いだけに,探せば,死ぬほど大量に出てきます・・・たぶん),私があの 70,000人の一員として生きた記録と,所感だけを記しておきたいと思います。まずは 1日目から。
そもそも,日産スタジアム自体,2days になる予定すらなく,2日目だけになる予定でした。それが,ひょんなことから,1日目のお誘いも受けまして・・・最初は,私くんだりが何故に?という気もしましたし,果たして,こんなライトな私が相手で,マトモに会話が成立するんだろうか (私のほうが,話についていけるんだろうか) という心配もありましたけども・・・そのような心配も,杞憂のうちに終わったことをご報告するとともに,この場をお借りして,お誘いの声をかけてくださったことに,あらためて感謝します。
考えてみれば,真夏の B'z の野外って,私自身,はじめてなんですよねえ・・・真夏のもっとも暑い時期にあっても,ひときわ暑さの厳しい 1日で,あまりの暑さに,はじまる前から,体調を崩す人も続出するんじゃなかろうかと心配していましたが・・・開演直前のアナウンスとともに,スタンディングして手拍子で出迎えるファンの熱さからは,とてつもない DANJiRi の予感しか感じさせません。アリーナの,だいぶ前のほうでしたから,余計に熱気を感じたのかもしれませんけども。
18時を過ぎても,まだまだ明るい中,過去の LIVE-GYM の映像を振り返る中,バンドメンバーと B'z がステージに立ちます。この映像がまた,とんでもなく懐かしい・・・と言いたいところ,私自身,2回前の Pleasure,2008年の GLORY DAYS が初の B'z.高々 10年しか LIVE-GYM 歴もない上に,映像もほとんど観たことがない (← 現場に行けば,それだけで満足してしまう性分) だけに,むしろ,新鮮さを感じる場面のほうが多かったです。稲葉さんも松ちゃんも,若かりし頃のはだけた姿,中には,伝説の渚園もありましたが・・・B'z を永く愛する人ほど,たまらないお宝映像の数々に映ったことでしょう。それにしても,やたらと雨模様の映像が多かったのは・・・まあ,そういうことで
映像も終わり,さあ宴のはじまり・・・「ウルトラソウッ」「ウルトラソウッ」「ウルトラソウッ」・・・1曲目から,いきなり "ultra soul" かーい。完全に,DANJiRi 祭りの展開しか考えられない開幕曲。続く "BLOWIN'" も,「当然のごとく」客席も歌いまくりで,これ以上ない祝祭感です。B'z は客も歌う,客が歌ってこその Pleasure だと,つくづく感じさせる開幕でした。
2曲終わって,さあ,稲葉さんの小芝居とともに「B'z の LIVE-GYM にようこそ」・・・この一言だけのために,毎回,無駄に凝りに凝った (と言いたくなるくらい褒めたくなる) 策を練ってくるんですが,今回は,稲葉さんが水を飲んで,紙コップの底を見ても・・・書いてない。Shane のドラムスティックを取ってみても・・・書いてない。そんな中,松ちゃんが,いかにも,稲葉さんを誘うように水を飲んでるんですが,その紙コップの底を見ると・・・書いてありましたがな。松ちゃんからコップを受け取り,\ B'z の LIVE-GYM にようこそ / と叫び,コップをステージから投げれば,早くも 70,000人が最高潮,私も最高潮です。
最高潮の会場が歌わないはずがない「ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~」「裸足の女神」と続き,「裸足の女神」では,過去の LIVE-GYM の映像と同期する,これまた凝った演出まで。あいかわらず,はだけた稲葉さんがイパーイ(ry さらに "Wonderful Opportunity" で,突然の振り付け・・・私,ぜんぜんわかりませんでしたが・・・すいません,いかんせん,ライト層なんで。
陽も傾き,だんだんと暗くなってきたころに,「光芒」と「月光」の光が映えたところで,最初の MC へ。しかし暑い・・・あまりの暑さに,稲葉さんも「今日は,この『クソ暑い中』をお越しくださり,ありがとうございます」「みなさん,くれぐれも無理をしないように」「まあ,私は,無理をして,無理をして,無理をしますが・・・これが,仕事ですから」などと,暑さにやられたかのような挨拶でした。なにしろ,「クソ暑い」という言葉まで飛び出す始末 (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ
この "Pleasure" という Live 自体,"Pleasure '91" がもとになっており,みんなで歌えるような曲を,数多くもってくるようにしているポリシーがあります。当初は,不定期の開催だったんですが,それが,いつしか,アニバーサリーイヤー (おおむね 5年ごと) の開催へと,姿を変えていったんですねえ・・・って,私,こんなエピソードも知らなかったくらいなんですが・・・稲葉さんの「今年で,ついに,30年まできました」という言葉には,それ自体の偉大さと,30年も続けてなお,これだけの人を集めることができる,奇跡的なバンドに立ち会えている喜びを感じました。
と,暑いなりのリップサービスも交えつつ,MC が進んでいくかと思いきや・・・ふと,稲葉さんがよろけて,客席が騒然とする一幕も。私も,よく見ていませんでしたし,もちろん,原因もわからないんですけども・・・ともかく,みんなを心配させまいとの配慮からか,この件については,(あまり追及せず) 内緒にしておいてほしいとのことでしたので,そういうことにしておきましょうか。ただひとつ,確信をもって言えることは,その後の (2日目を含む) パフォーマンスの限り,「心配ご無用」ということだけでしょうかね。
ここで,稲葉さんから「B'z には珍しく,振り付けのある曲があるんですが・・・」と振って,みんなで一緒に「恋心」の振り付けをしたいという提案が。そして,あの稲葉さんが,直々に手本を見せはじめたではありませんか。その前に,リハーサルもなくやってしまった "Wonderful Opportunity" の振り付けは・・・稲葉さん曰く,まだ未完成ということで← で,私もこれ,自分でやったかどうか,記憶が定かでない・・・ふと調べてみれば,まさに「はじめての B'z」(B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 −GLORY DAYS−) 以来,10年ぶりのことだったんですけども,客席うますぎ。松ちゃんよりうまい。老若男女,即応臨戦態勢と言わんばかりに,70,000人が,締めの 3拍子まで含めて完璧にこなす光景は,B'z の LIVE-GYM だからこそ観られる,実に壮観 かつ 痛快な眺めです。
稲葉さんの「それでは,いきましょうか・・・恋心 (KOI-GOKORO) in 横浜!」のかけ声とともに曲が始まると,稲葉・松本デフォルメに,チャンネー (というのがピッタリ) のミニスカ衣装を模した巨大人形が登場してきました。途中で,稲葉さんが「なにかな?」と聞けば,松ちゃんが「・・・なんだよ!」と返してみせたり,「松本に相談しようか」のパートでは,松ちゃんの映像に,ハートマークが入るアツアツぶり← 毎回,この演出らしいですけども さらに,"OH! GIRL",「イチブトゼンブ」,「ねがい」でも,やっぱり歌いまくりの客席でした。これだけ,客席が歌う Live が様になるのも,さすがに B'z くらいなものでしょう,たぶん。というより,私も,だいたい歌ってた記憶しかございませんで←
稲葉さんが,松ちゃんのことを「on Guitar・・・ですよ」と紹介するバンド紹介でも,やっぱり暑いからでしょうか,「もっと涼しげな,そよ風のような Live ができればいいんですけど・・・このように,暑苦しい感じでお送りしております」という一節も。たしかに「光芒」「月光」あたり,バラードなのに絶唱する稲葉さんをみると,およそ,涼やかなそよ風とは無縁のようです。むしろ,猛烈な勢力の台風のような #おいやめろ
松ちゃん もとい Tak Matsumoto ギター・ソロ (When You Wish Upon a Star / 星に願いを) を奏でたところで,きょうのハイライトは,突然にやってきました。いや・・・「全部がハイライト」とか,ちゃちいことを言うのは簡単なんですけども,松ちゃんを乗せたままに舞台がせり上がり,稲葉さんがピアノに座り "ALONE" を弾き語る。すっかり陽も落ちた日産スタジアムの空の下に響く歌声といい,最高に「スタジアム映え」する名シーンでした。さらに,"LOVE PHANTOM" からの "HINOTORI"."LOVE PHANTOM" の続編にあたる曲が,実に,23年のも時を経て作られるとも思っていませんでしたが,稲葉フェニックスのステージが炎を噴きすぎていて,完全に火の鳥そのものになっているようでした。そして,"LOVE PHANTOM" に戻って,ラストで見せたのは・・・稲葉さんがマントとグラスをまとい,高所に吊り上げられてのスタント (ダイヴ・イントゥ・ステージ)!こんな演出,もちろん観たことがない私にとっては衝撃でしたし,以前に見たことがあるファンにとっても,たまらん瞬間だったことでしょう。
転換の合間にも,2008年に制作された「B'z "Spirit LOOSE" Opening Movie ディレクターズ・カット版」(You Tube) が流され,はじめての人は,その「そこまでやる?」的な映像に驚き,見たことがある人は「ああこれ!」という驚きがあったであろう時間を経て,"Real Thing Shakes" から "juice" のメドレーへ。ジュースの缶がアリーナ席に放たれ,間奏のコール&レスポンスも,"NATIVE DANCE",「太陽の小町Angel」のそれで盛り上げる一方,稲葉さんが「juice を回してください」「あの・・・そっち,そのへんばっかで回してますよ」(コール&レスポンスに気をとられて)「juice を回すのを忘れないように」などと,ちょいちょい,客席の juice 回しをいじってくるのも笑えます。
"BAD COMMUNICATION" で,何度めかの最高潮を迎えたところで,稲葉さんが「Pleasure 感じてますか? 感じちゃってますか? 私は,Pleasure を,ビンビンに感じてます」と・・・あいかわらずの稲葉節,70,000人を前に「ビンビン」とか (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ しかし,続けて「みなさんが溜まっているもの,これまで培ってきたものを,この場で放出することが Pleasure で」「そこから生まれるエネルギーが,また,B'z のエネルギーになる」「それが,B'z の Pleasure なんですよ」「そして,これがあるから,やめられないんですよ」「明日も生きていたい,と思うわけなんですよ」と語る稲葉さん。「Pleasure は,生命の源のようなものです」という本編最後の曲は,もちろん「Pleasure 2018 ~人生の快楽~」でした。
本編だけでも,ビンビンに Pleasure を感じてしまったか,Encore 待ちでも,客席のあちこちでウェーブが発生する中,稲葉さんと松ちゃんが現れたのは,なんと,アリーナ後方のバックステージ。そういや,来るとき,なんかスペースが空いてたと・・・ふたりきりでステージに立った B'z,稲葉さんから松ちゃんに,一言どうですか?と振られれば,松ちゃん「30年経っても,こんなに多くの人に観に来て,聴きに来てもらえて嬉しい」と。それを受けた稲葉さん「まったく同感でございます」と。さらに,松ちゃんが「まあ・・・要するに,みんなが,俺たちにとっての,最高の Pleasure ってことだ」と締めたところではじまったのは "Brotherhood".1番をバックステージで,2人だけで演奏したのち,みんなの "We will be alright" を聴かせてほしいと言って,稲葉さんがバックスタンド側,松ちゃんがメインスタンド側を (DAY 2 は反対方向へ) 歩いてくるではありませんか。このフレーズは,もともと,スタッフやファンへのメッセージとして書いたものだったものが,歌っていく中で,もっともっと遠くに届けていきたいと思うようになったという,ファンとともに歩んだフレーズです。ちなみに,相当に外周に近いこともあってか,スタジアムにあって,あんなにはっきりと稲葉さんを拝めたのは,これがはじめてです。ありがたや。
メインステージに戻った 2人と,メインステージで奏で続けたバンドメンバーが会して,もうひと盛り上がりと投下したのは「ギリギリchop」。しかも,B'z PARTY で募集したエキストラと共演するというサプライズつき (「当日のチケットを持っていないこと」が条件,このためだけにスタンバイしていた会員にも拍手!)。最後は,過去の LIVE-GYM 映像と同期した "RUN" で,みんなで大いに歌い,花火と特大の爆竹で Finish.
稲葉さんの \ せーのっ / \ おつかれーーー / のかけ声とともに,「ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-」が流れ,宴の 1日目が終わりました。この日は,規制退場の最後の最後で,退場までに 40分を要し,新横浜では入場規制がかかり,勢い,菊名まで歩いたときには,優に 22時を回るくらいでありましたが・・・はじめてお会いしたにもかかわらず,幸いにして話もつながり,最後まで楽しいままにお別れすることができて,なによりでした。もっとも,肝心の B'z の話を,あんまりしてなかったような気もしますけど・・・あんな Pleasure な空間にいられた後だったら,話なんて,なんでもいいじゃありませんか。

(2日目に続きます)

―――ところで,ひとつだけ,どうしても触れておきたい (細かすぎる) 光景がありまして。私の隣の席が,視覚障害がある旦那さんと,支える奥さんという夫婦だったんですけども,公演中,奥さんが旦那さんの手を取り合い,ふたりで演奏に酔いしれ,ときに旦那さんも,奥さんとともに,ステージに向かって手を振り上げるその姿は,微笑ましいを通り越して,感動的ですらありました。たとい,ステージが見えなくとも,B'z の Pleasure は,ここまで,人の心を動かすものかと。私自身,B'z に限らず,目や耳に障害のある人が Live に足を運ぶ姿を,よく見かけてますけども・・・実は,他の誰よりも Live を楽しんでいるんじゃないか,そんな所感を新たにする,素敵な夫婦の Pleasure でした。

(2018/8/25 00:40 コメント投稿)




keyword:B’z
keyword:日産スタジアム

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。