My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(874/59) 大原櫻子 5th TOUR 2018 ~Enjoy?~ (横浜公演)

2018/07/16
大原櫻子
大原櫻子 5th TOUR 2018 ~Enjoy?~
神奈川県立 県民ホール/第7公演


座席 : 2階-3列-57番 (全席指定)
開演 18:03(.30) → 終演 20:17(.30) (公演時間 : 2時間14分)


【Set List - セットリスト】

NHK ホール (2018/7/11) と,Set List はまったく同じです。以下,再掲します。

(Opening S.E.)

M01. Joy & Joy
M02. Jet Set Music!
M03. READY GO!
M04. 真夏の太陽

(MC-1)

M05. ツキアカリ
M06. one
M07. Close to you

(Bands' Act)

M08. 明日も (Acoustic ver.) (※1)
M09. いとしのギーモ

(MC-2)

M10. みんな空の下 (Acoustic ver.) (org. 絢香)
M11. さよなら (Piano solo ver.)
M12. 瞳
M13. 青い季節
M14. 夏のおいしいところだけ
M15. energy
M16. 踊ろう

(MC-3)

M17. 泣きたいくらい


~ Encore ~

(MC-4)

M18(En-01). 甘えてしまうんだよ

(MC-5)

M19(En-02). 遠くまで

(Ending) ※ S.E. : ツキアカリ

(※1) Bands' Act の時間に,メインステージから 3階席-上手側 へ移動して,歌いながら,3階席-上手側→下手側→1階席-下手側→上手側→下手側 と回って,メインステージへと戻ります。なお,2階席は,通路そのものがないため,回ることができませんでした。




【Comment - コメント】

※ バンドメンバー : Gt. 草刈浩司,Ba. 前田逸平,Key. 小名川高弘,Dr. 髭白健
NHK ホール (2018/7/11) もあります。短期間に 2本観たところで,1本目から書くという,ある種の反則をやらかしておりますが・・・できるだけ,違うように書こうとは思ってます*1

「さくちゃんは素晴らしい。」

・・・じゃあ,その素晴らしさ,この Live のハイライトシーンを,15秒のスポット CM で伝えるとしたら?
ちょっと読めば,すぐわかるように,私,こういうことを,なかなか,簡潔に伝えることができないんですが (だいたい,読点が多いよ)・・・どうやって,簡潔に伝えればいいものか,見どころに伝えたいどころが多くて,いい意味で,頭を抱えてしまうようなステージでした。逆は逆で困っちゃうんですけども,私の現場人生の中では,幸いにして,あんまりないような・・・
個人的にも,7月11日の NHK から 1日空けて,13日から 16日までの 4days (7月だけで 2回目,9月にも 1回・・・たぶん).その最終日に,さくちゃんのステージを据えることができて,本当によかったです。NHK は,ほとんど天井席に近いところから観ていたんですが,きょうは 2階の前列とあって,眺望にも恵まれました。心なしか,さくちゃんとも,何度も目があったような気がします。気がするだけかもしれませんけども←
開演前に,ロビーを少し見渡してみましたが,あいかわらず若い・・・そして,女子が多いこと。女の子の Live だと,野郎客が多くなるのが常なんですが,のちに,さくちゃんが客席に聞いてみたときも,半分以上が女子だったような気がします。そんな若さもあってか,さくちゃんのステージのみならず,客席全体がパワフルで,かつ,黄色い雰囲気が漂ってましたね。なんといっても,さくちゃんの一挙手一投足に対する,客席の声掛けがすごいんだわ・・・こういう,前へ前へ押していく感じ,個人的には,ぜんぜん嫌いじゃないですけどね (むしろ,この客層でおとなしいと,大丈夫かって焦るくらい)。舞台のときの客層とは,ちょっこし,違った感じがします・・・って,私のフィールドは,むしろこっち (音楽 Live) で,こういう客層 (15歳以上も年下層) に突っ込んでいくことなんて,しょっちゅうあるんですけども←
きょうのスクリーンは,JULY 16th KANAGAWA,ステージのテーマでもある「ドライブシアター」の主役となるオープンカーのナンバーは【18-0716】.って,書けば簡単なんですけども,NHK のときは,ステージ上部に飾られた Tour タイトル "Enjoy?" の電飾で,スクリーンの一部が見えにくい部分もあっただけに,そんなセットも含めて,とても見やすかったことを付け加えておきたいと思います。ありがたや。
ア・カペラからはじまる "Joy & Joy" で,のっけから,圧倒的な存在感を示したところで,オープンカーに乗り込み,エンジンのキーを回したさくちゃん。まさに,さくちゃん自身と,客席のエンジンも全開になったようで,早くも "Jet Set Music!" で,惜しみなくテープを飛ばし,クライマックス感もありまくりでしたけども・・・なんといっても,"READY GO!" がすごい。何度聴いて・・・否,何度相手にしてもすごい。草刈さんのギターのイントロから,「女優・大原櫻子」の真骨頂を見せつけてくるようなキャラの変化,客席の熱狂ぶり,なにより,どれだけ激しくパフォーマンスしても,ブレることのない歌声・・・これ,フツーに,ロッキンあたりのフェスでも通用するでと思ってしまったのは,私だけでしょうか。ていうか,一度呼びましょう。「Victor 3人娘」も,フェスデビューだ。そんなわけで,すでに汗だくの中,きょうの日のためにあるような「真夏の太陽」の輝きは,真夏そのものでした。まあ・・・「真夏」にしても,少々,暑すぎるような陽気だった感じもしましたけども← ちなみに,きょうは上手側の席だったんですけども,さくちゃんも,ステージを左右に駆け回るがゆえ,2階席でも,非常に近く感じられることも,しばしばありました。ありがたや。
最初の MC でも,さくちゃんも「とんでもなく暑い中をお越しいただき,ありがとうございます」というくらい・・・暑かったんだ,これがまた。前日の (藤原の) さくちゃんの野音は,文字通りの「野外」開催であった*2がゆえ,「屋内」であるぶん,相当に涼しくはあるんですけども・・・さくちゃんから「なんか,35℃ くらいあるって聞いたんですけど・・・本当ですか?」というお尋ねがあれば,客席から「39℃!」という声も入り,客席に「本当だと思う人ー?」「嘘だと思う人ー?」って聞いてみる一幕も。「39ちゃん」だから 39℃,って言いたいところなんでしょうけども,39℃ は岐阜だよ,横浜はそこまで・・・あれ? 35℃ どころか,意外と暑くもなかったですね (アセアセ 野音のときのほうが (野外なのに) ヤバかったんだな。
歌にせよ,一挙手一投足にせよ,さくちゃんのことばかり目がいきそうになるんですけども (もっとも,これほどのスター性をもってすれば,それが普通だとも思います),バックバンドの安定感も抜群です。序盤だけでも,さくちゃんとのセッションを繰り広げるシーンも見られましたし,続く 3曲 (ツキアカリ,one,Close to you) でも,さくちゃんの伸びのある歌声を支えるために,なくてはならない "FABULOUS" なサウンドでした。やっぱり,バンドサウンドの Live が好きだなーと,あらためて感じます。
"Close to you" を終え,さくちゃんがハケて,そんな "FABULOUS" なバンドセッションの合間に・・・いや,その後の展開的に,もうわかってはいるんですけども,だからこそ,NHK とは分けて書きたかったのはここ。つい最近,2回観たものを,いかにも,最初に観たようには書けないですし,2回を一緒くたにしたら,初期衝動も何も,わかんなくなっちゃいますしね。3階席にさくちゃんが降臨し (ちょうど,天井の部分で見えなかったんですが),通路を歩きながら,客席とともに「明日も」を歌うシーン (アコースティック・セットで,経験したことのないような大歓声つき ver.)。最初,NHK で観たときには,さくちゃんも,こういうことするんだ・・・と,驚嘆することしきりでしたけども,考えてもみれば,ものすごく律儀なさくちゃんのこと,同世代のファンが多いことも,よく知っているはず (客層から明らかだし)。少しでも,みんなの近くに行きたい想いがあって,これ,自分から行きたいって言い出したんじゃないのかなあ・・・なーんて思っていたら,おっと,3階から 2階を飛ばして 1階席に。2階席は「取ってつけた 2階」みたいなもんで,通路すらなかったんだた (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ しかしそれでも,1階のあちこちに「お立ち台」があって,2階の人たちにも,少しでも近くにという想いを感じました。
その後,バンドメンバーが「のり巻きおにぎり」から「ギーモ」へと,かぶりものをチェンジする (NHK と同じ) 小芝居を経て,「いとしのギーモ」で,バンドと客席がダンスを繰り広げました。最後には,最前列のファンから「砂肝の串焼き」(食玩フィギュア) を渡されたさくちゃん,あろうことか,その串焼きを,スタンドマイクに挿す光景まで。私もずいぶん,変わった光景を見てきたつもりですけども・・・砂肝の食玩をスタンドマイクに挿した人は,間違いなくはじめてです (もちろん,リアル串焼きなんてあるわけない)。草刈さん (くさギーモ) に「ロックギタリストとして云々・・・ギターも持たずに云々・・・最悪です!!!」という芝居まで打たせようとしたら,微妙に「予定と違う」空気感にもなったりして。なにより,歌詞に「君を嫌う人っているのかな」とあるのに,髭白さん (ひげギーモ) の「砂肝,俺,あんまり好きじゃないんだよね」というまさかの発言で,さくちゃんが「もう帰る!」とか言い出す波乱まで (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ そういう Live 感があるから,同じ Tour でも,何度でも書きたくなるものです。裏方の「さくらこ店長」にかかる声も,NHK のとき以上に大きかったような気もしますしね。
ついでに,セットのお値段も,いろいろバラしてくれましたので・・・もう,出たもの,全部書いちゃいましょうか。残り・2本で,どこまでバラしたんかな・・・

  • 「のり巻きおにぎり」のかぶりもの : 2,500円×4名
  • 「いとしのギーモ」のかぶりもの : 50,000円×4名 (「のり巻きおにぎり」の 20倍!)
  • 「さくらこ店長」の Tシャツ : 2,000円
  • "SAKURAKO BEER" (櫻子ビール) のケース : 700円 (ボード 4枚)
  • ギーモを焼く七輪 : 4,000円
  • 小名川さん (Key.) がかぶっていたお面 (Instagram より) : 4,800円

なんで,ギーモのかぶりものだけ,1個・5万も・・・という疑問はさておいて。小芝居を終えたバンドメンバーとさくちゃんが,アコースティックセットで奏でた「みんな空の下」は,本家・絢香ちゃんに勝るとも劣らぬ,Tour のハイライトと言うに十二分な貫禄でした。ビデオレターを送るほどに,リスペクトするだけのことはあります。というか,Tour のどこかで,本人が来ていたとしたら・・・反応が楽しみです。それは,続く「さよなら」(いきものがかり 水野良樹リーダー・楽曲提供) でも,同じことが言えるんですけども・・・オープンカーのトランクをピアノにした,ごくシンプルな演奏と歌声に,周りで泣いている人も,ちらほらといましたしね。それを言ったら,「瞳」は亀田 (誠治) さんか。ともあれ,多くのプロが絶賛する歌声を,存分に堪能できる 3曲でした。
「青い季節」で,再びスタンディングでタオルが回り,「夏のおいしいところだけ」では,巨大バルーンが客席を彩り,"energy" では,再びロックなさくちゃんが,バンドメンバーとのセッションとともに炸裂し,「踊ろう」で,みんなで踊って歌う・・・と,簡単に書けばそうなんですけども,どこか歌謡曲っぽい雰囲気から,ロックフェスでも通用しそうな激しさをもったロック,さらに,ド直球のポップスまで,くるくると表情を変えるさくちゃんとバンドのステージは,一口に「ポップスター」と呼ぶにとどまらないすごさがあるんじゃなかろうか,という気がしてきました。最後の「泣きたいくらい」まで,みんなで歌って終われるほどの明るさをもったさくちゃんのこと,この際,もう出てほしいから (ひとり勝手に) 推しちゃいますけど・・・ロッキン主催のフェスでも,十分にいけると思います。年末の幕張,COUNT DOWN JAPAN で待ってる #そこしか行けない
Encore は,音源にない歌詞の続きがある「甘えてしまうんだよ」,そして,また会えることを願った「遠くまで」でした。("Enjoy!" の話は,NHK と同じだったかな)。そんな中,最後の MC で,さくちゃんが「暑さもそうですけど,各地で災害とかがある中で,いま,こういうところで,当たり前に Live がやれていることは,当たり前じゃないなって思います」「『当たり前』の反対は『ありがとう』だって,家族から教えてもらったんですけど,『当たり前』のことに『ありがとう』って思いながら,続けていきたいと思います」と言ったことだけは,どうしても,触れておきたいと思います。私自身,この Tour に 2回来られることを「当たり前」と思わず,機会をいただけたことに「ありがとう」と,感謝を新たにしなければなりませんなという,自戒の念も込めて。
ところで,さくちゃんが「明日も」で客席を回ることを察したか,はたまた,熱心なリピーターかわかりませんけども,珍しくも,ボードやら,うちわやらを手にした人の姿が目立ちました。NHK のときは,ぜんぜん気にしてなかったんですけども,今日は,ずいぶんといたなーって。そんな中,私の隣の JC? JK? の 2人組が持っていたボードに,「いつも 幸せな時間をありがとう」という文字が書かれてました。奇しくも,さくちゃんの MC とも通じるところがありましたし,なんかこう,こういうボードを見るだけでも,幸せな余韻をもって帰れるような気がしました。字もきれいでしたしね。

(追伸) そういえば,さくちゃんの Live の定番,"Cherry" といったら "Blossom!" のコール&レスポンスに加えて,"Let's" といったら "Enjoy!" っていうものがあるんだってことに,NHK のときも含めて,すっかり,触れるのを忘れてしまってましたね。いや,あまりにもナチュラルに "Enjoy!" してたもんで・・・ついうっかり←




keyword:大原櫻子
keyword:神奈川県民ホール

*1:ちなみに,すべて「大原櫻子=さくちゃん」として書いていますが,(藤原さくらちゃんの)「さくちゃん」と区別するため,「らこちゃん」と呼ばれることも多い・・・というか,むしろ,そっちが一般的かもしれません。

*2:ちなみに,野音には,さくちゃん自身も足を運んでます (Instagram より)。

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。