My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(875/60) 井上苑子 いのうえ夏祭り 2018 (Special Guest : SHE'S)

2018/07/22
井上苑子
いのうえ夏祭り 2018 (Special Guest : SHE'S)
新木場 STUDIO COAST/収録公演


座席 / 整理番号 : 2階-2列-9番 (1階・スタンディング,2階・指定席)
開演 17:01 → 終演 19:41 (公演時間 : 2時間30分) ※ セット転換 20分のうち,VTR 時間 10分を含む


【Set List - セットリスト】

< 1st Stage - SHE'S > [ Start 17:01 - End 17:31 ] (30分)

M00(M1-00). Lantern (Inst.)
M01(M1-01). Night Owl
M02(M1-02). Un-science

(MC-1)

M03(M1-03). Tonight (w/ 井上苑子)

(MC-2)

M04(M1-04). C.K.C.S.
M05(M1-05). Over You

VTR - 井上苑子 逆ドッキリ企画

< 2nd Stage - 井上苑子 > [ Start 17:51 - End 19:41 ] (1時間50分) ※ Encore 待ち 8分を含む

(Opening S.E.)

M06(M2-01). リメンバー
M07(M2-02). グッデイ
M08(M2-03). My Dear One

(MC-1)

M09(M2-04). TODAY
M10(M2-05). ねぼう
M11(M2-06). せかいでいちばん

(MC-2)

M12(M2-07). 大切な君へ
M13(M2-08). Stay with Me

(MC-3)

M14(M2-09). ワンシーン (w/ SHE'S 井上竜馬)
M15(M2-10). SHAKE (w/ SHE'S 井上竜馬)
M16(M2-11). 夢

(MC-4)

M17(M2-12). エール
M18(M2-13). 線香花火
M19(M2-14). 青とオレンジ


~ Encore ~

(MC-5)

M20(M2-15/En-01). 君がいればOK! ~サマサマキュンキュン大作戦~ (w/ SHE'S)




【Comment - コメント】

※ もうすでに,いくつか記事が出ていますし,取り立てて,それ以上のことを書いているわけでもありませんが・・・いわゆる「レポート」が読みたい方は,素直に,記事を読むことをオススメします*1 *2 (こちらのコーナーで,いまだかつて「レポート」を書いたためしはありませんので,あしからず)。

ものすごく暑かった夏まつりから,はや 1年。今年は,去年をも上回る,記録的な暑さの中での夏まつりとなりましたが・・・共演の SHE'S のハマり具合といい,「ダブルいのうえ」の掛け合いといい,大暑の前夜にふさわしい夏まつりとなりました。
それにしても,本当に暑かったんで (これを書いている,翌・7月23日に至っては,東京都心で 39.0℃,埼玉県の熊谷では,41.1℃ の国内最高記録が爆誕)・・・昼のステージは,さぞかし過酷だったと思います。苑ちゃん自身,昼間から動き回ることを知っているがゆえに,メインイベントがはじまる前から,苑ちゃんの体調が気遣われたくらい。という私は,当日かぶった「数学検定 1級」を受けるべく,もとい,検定問題を回収すべく,冷房が効きすぎた池尻大橋におりましたるがゆえ,昼のステージは,ぜんぜん観られなかったんですけども・・・(アセアセ かぶりばっかりは,どうしようもない。とはいうものの,当の検定自体も,2次を (120分のうち) 60分で試合放棄してきてますしね・・・まあ,あんなのは,5年座ってても無理,無理ゲーということで。そんなわけで,検定とかぶって,整理番号を捨てることはもとより,現場着そのものが,メインイベントの開演 5分前くらいになることがわかっていたため,ここはあえて「2階・指定席」を取って臨みました。STUDIO COAST では,たいへん貴重な指定席です (だいたい「関係者枠」としてとってあることが多い場所)。私も,はじめて座ってみたんですが・・・いや,決して,座りたかったわけじゃないんだからな← むしろ,スタンディングのほうが楽なくらいなんだからn
まず心配だったのが,今年は,ちゃんと「時間通りに」開場してるんだろうかということ。「はっ?」と思うかもしれませんけど・・・去年は,48分ほど遅れて開場して,はじまる前から,えらいヘロヘロになった記憶がありますのでね (34℃ の STUDIO COAST で,現着・30分くらいは待った気がする)。まあ今回も,検定でヘロヘロといえば,そうなんですけども・・・検定と Live を,かぶせてはならぬと何度・・・という次回も,又々々々 (4回連続で) かぶることが決まっておりますが・・・まさに,記録的かぶり。で,着いたのが 15分前で・・・みなさん,きれいに場内に入ってましたね。きょうのこの暑さは,マジでシャレにならないだけに,まずは,ひと安心です。屋外の縁日ブースも,ほぼ終了している状態で,あとはすっかり,メインイベントを待つばかりといった感じでした。ちなみに,去年,ステージから降りてフロアを練り歩いた「いぬうえくん神輿」は,STUDIO COAST の会場前に鎮座してました。その代わりと言ってはなんですが,フロアの中央には,ステージと花道でつながれた「やぐら」が・・・あぁ・・・これは秒でバレるわと,春 Tour (Inoue Sonoko Spring Rock!! Tour 2018 ~エレキで駆け抜けるで!!~) のアレを思い出してしまいました。そもそも,苑ちゃんのツイートにもあるように,どんなポジションをとった (いいポジションがとれなかった) ところで,楽しませようとすることには余念のない苑ちゃんのこと,神輿の次は,やぐらで近くに行く (しかも,神輿と違って,ちょいちょい出てこられる!) ことくらいは朝飯前・・・といったら,いささか褒めすぎでしょうか。
フロアを見渡せば,ほとんどが 10代後半から 20代前半,苑ちゃん世代です。はじめて行ったとき (17歳のバースデー Live) は,明らかに,苑ちゃんよりも年上のお客さんがかなり多かっただけに,3年半で,ずいぶんと変わったものだと感じます。いや・・・むしろ,それが普通か。私見ですけど,若手のシンガー・ソングライターって,だいたい,30代からファンがついて,あとあと同世代ってパターンが多い気がする・・・だからどうした,というわけでもないですけども。
そして,ほぼ定刻通りにスタート。去年は 30分遅れで,オープニング・アクトも手短にという感じだったんですけども,これだけでも,素晴らしい改善です。なんせ暑い中ですから,ヘンに待たされて消耗してしまっては,本来なれば楽しめるはずのものも,いまいち楽しめない。スムーズな運営あってこその「夏まつり」ですから。ここまででも,前回からの進歩が垣間見えるものがありました。惜しむらくは,昼間のステージがぜんぜん観られなくって,どうだったのかがわからんのですが・・・現場の状況を調べたり,MC で話を聞く限りでは,盛況のうちに終わったようで,なによりです。

苑ちゃんが出てきて,SHE'S を紹介したのち,オープニングを飾るのは,SHE'S の Inst. ナンバー "Lantern".「大阪からやってきた SHE'S です,どうぞよろしく」と軽く挨拶したのち,"Night Owl","Un-science" で盛り上げてくれました。と,書くは簡単なんですけども,彼らの「ピアノロック」のもつ音の美しさが,苑ちゃんのもつ音にピッタリで,呼ばれるべくして呼ばれたゲストだったような気がしました。実際,今回の夏まつりにあたって,SHE'S の音源もいろいろ準備してきて,これはいけるで・・・と感じましたしね。苑ちゃんが大学 1年のときに,はじめて SHE'S の曲をかけたのがきっかけだったそうなんですけども,これは,ナイスオファー。
2曲を終えたところで,「改めまして,井上です」と,同じ「井上」の竜馬 (Vo./Key.) さんの自己紹介があったんですけども,苑子とは,遠い親戚なんです」(ウソです) と言ってみせたり,「大阪の吹田出身なので,ほとんど親戚のようなもんです」などと,ちょいちょいウケを狙った・・・ところで,苑ちゃんをステージに呼び込んで,「『妹感』あふれる井上苑子と,やっていきたいと思います」と言って,苑ちゃんの一押し "Tonight" のコラボが実現しました。盛り上がりの「も」もないコラボ・・・なんて言ってましたけど,「ダブルいのうえ」のツインヴォーカルが,実に心地いいコラボでした。
コラボを終えて,竜馬さんの飼い犬への愛情を歌った (と紹介していた) "C.K.C.S.",そして,おそらく SHE'S の大定番であろう "Over You" で,盛況のうちにステージを終えました。「あろう」とか,ずいぶんテキトーな感じで書いてますけども・・・なにぶん,彼らのステージを,まったくはじめて観たもので,そのあたりのいい加減さは,何卒ご容赦ください。ただ,「ピアノロック」というジャンルが,私自身にぴったりであることは,SHE'S をゲストに迎えると聞いて準備をはじめたときから,肌で感じましたし,SHE'S の名前は,この機会に,よく覚えておきたいと思います。MC の中にも,ちょいちょい小ネタを挟んできたり,苑ちゃんとのかけあいも面白かったですしね。
30分の SHE'S のステージを終えたところで,転換の合間に VTR が流れました (こういうところも抜かりなし)。毎度,ドッキリにハメられる苑ちゃん,「井上苑子×SHE'S 共同記者会見」という形で,とうとう,SHE'S のメンバーにドッキリを仕掛けると聞いて・・・んなこたぁない,苑ちゃん取り巻きの「大人」が,そんなことをするわけがない。苑ちゃんにドッキリを仕掛けることを告げる 30分前に,SHE'S のメンバーには,すべて「事前通告」されていて,そんなことを知る由もない苑ちゃん,「からしシュークリーム」をしつらえるときも,SHE'S を迎えるときも,当のシュークリームを差し出すときも,ヘラヘラが止まらないんですが・・・SHE'S は SHE'S で,それなりに「辛そうで辛くない」演技 (?) をがんばってました。それにしても,あのヘラヘラ感は,ガチで,ドッキリ仕掛けたったで(ドヤァ,といった感じでした。苑ちゃんに仕掛けた「大人」側の,完全勝利ですね。

―――さて,セット転換を終えて,いよいよ,今宵のメインイベント (井上苑子) の開幕です。
まず,全体のセトリをみてわかるのが,静かな曲が,ほとんどありません。本人曰く「わいわい騒げる曲ばっかりもってきた」というように,いかにも,夏まつりらしい盛り上げセトリになっています。まず,本編のリード曲が,最新譜 (Mine.) のリード曲でもある「リメンバー」の時点で,かなりアガる。そこから「グッデイ」にいけば,フロアの「盛り上げ心」は掌握したも同然。"My Dear One" を終えたところで,「こんにちはーーー!!」と言うや否や,フロアから「こんばんはーー!」と返され,「あれ?もうそんな時間か」と,あいかわらずの入りようで。上の階 (私がいるとこ) にも話を振って,「2階の人はーー? (楽しんでますかー?)」と振られて,1階と比べての反応の薄さに,「うん・・・これからや,井上,傷つかない」とか・・・ほとんど 1列しかって人いないんだし,人数のわりに,がんばったじゃねえかよ (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ
「楽しい 1日になりますように」と,新譜から "TODAY" を披露したところで,ステージ上には,苑ちゃんと はっちゃん (平畑徹也/Key.) の 2人だけになり,はっちゃんのピアノソロで歌ったのは,まさかの「ねぼう」。"TODAY" からの落差もさることながら,「ねぼう」という選曲自体が,正直,意外すぎました。ある意味で「やられた!」といった感じです。「せかいでいちばん」では,新調したセミアコ (アコースティック・エレキ) を披露しました。
やぐらの上から,フロアに向かって「この夏,何かした人ー?」と聞いて回る苑ちゃん。当の本人,海が苦手なのに,水着を「2個」買ったり,水着姿を Instagram に載せるとか載せないとか,そんな話をしたところで,「大切な君へ」,"Stay with Me" と,やぐらとステージを行ったり来たりしつつ歌ってました。
SHE'S の曲でコラボした苑ちゃん,もちろん,苑ちゃんの曲とのコラボも,期待通りでした。ステージ上に SHE'S を呼び込むとき「SHE'S のみなさんでーす」と言って,上手と下手を間違えて,思いっきりメンバーに背を向けてしまう (そして,ご丁寧に,入りからやり直す) のも,苑ちゃんらしいというか・・・井上の名字あるある的なことを話した「ダブルいのうえ」で披露したのは,竜馬さんのピアノを加えた「ワンシーン」(井上苑子) でした。奇しくも,SHE'S の曲にも,まったく同じ「ワンシーン」っていうタイトルの曲があるんですよ。偶然か必然か,わかりませんけども。そのまま,フロアを \ ヨイショー / と煽る「お祭りタイム」と称した "SHAKE" でも,竜馬さんとデュエットしていましたが・・・終わって「夢」にいったかと思いきや,ちょっと歌ったところで,SHE'S のメンバー全員が,"SHAKE" のおにぎりを持って再登場して,食べながら歌う展開までありました。正直,「ワンシーン」のコラボまでは考えていましたが・・・"SHAKE" でリアル "SHAKE" おにぎりを食べるところまでは,まったく想定していませんでした。しかも,ぶっつけ本番で食べて,"SHAKE" の部分まで到達できなかったとか (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ
去年の夏まつりから,1年かけて準備した今年の夏まつり,メインステージのセットは,アジアンテイストをイメージしたランタンでした。フロアから「提灯」と言われても,提灯であることをやたらと否定しつつ,「そう,提灯・・・じゃない」とか,自分でひっかかっちゃうのも,いかにも苑ちゃんらしいなあって。20歳を過ぎた大人の苑ちゃん,もっと大人のみなさんへの感謝の念も忘れずに。また,きょうはちょうど,苑ちゃんのお母さんの誕生日でもあったということで,普段,なかなか言えない感謝の気持ちを伝えたところで,Live も終盤戦へ。「エール」では,イルカやら浮き輪やらをステージに投げ入れ,「線香花火」「青とオレンジ」と,鉄板の祭りソングをたたみかけたところで,本編が終わったんですが・・・苑ちゃんやフロアはもとより,はっちゃんのはっちゃけぶりがすごい。鍵盤のかたわら,フロアの煽りかたをみる限り,ある意味,他の誰よりも盛り上がっていたような感じがしました。
Encore では,待ってましたの浴衣姿に着替えてきた苑ちゃん・・・と,その前に,ステージ横のスクリーンで,11月の Single Release,12月11日 (21歳のバースデー) からの全国 Tour,そして・・・これを書いているうちに,もうすでに始まってしまっている,47都道府県・インスタライブ Tour の告知がありました。バースデー Live は,最初からやることは予想していたため (2016年だけ,うっかり,隣の Zepp Tokyo を入れてしまった不始末が・・・),横浜アリーナPerfume を回避して (まあ,こっちはこっちで,翌・12日に行きますけども),空けておいてよかったですよ。ちなみに,インスタライブですが「7月は,北のほうから始めると思います!」と言っていたわりに,初日は,群馬 → 栃木 → 茨城 → 千葉,翌日は神奈川・・・って,完全に,近場の関東やないかい (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ まあ,9月までに,埼玉の大宮 ARCHE に,平日の夕方 6時くらいに来るようでしたら,行くというか,通りかかるかもしれませんね。狙って行けるものでもありませんので。
「来年もまた,できるように考えておりますので・・・わかんないけど・・・酷評されたら,できないかもしんない」と,来年の開催にも,ちょっとした?含みをもたせたところで,最後はもちろん,タオル回しのあの曲・一択。SHE'S のメンバーも,全員再登壇して,ステージからやぐらまで駆け回って,2時間半の夏まつりのフィナーレとあいなりました。最後は,やぐらの上から,ステージをバックにして記念撮影です (2階席にカメラマンがいるくらいですので,2階席の私は入りようがなくって,ちょっこし安心←)。ちなみに,私,Encore で,下に降りるつもりでいたんですけども・・・神輿で回ることもなさそうだったし,作戦も不発に終わってしまいました。 #何の
ことに,人を楽しませることにかけては余念のない苑ちゃんのパーソナリティが,存分に現れた夏まつりだったと思います。ステージの距離感・ひとつとってもそうですし,同年代のファンが多いがゆえか,ナチュラルでフレンドリーな雰囲気も心地いいですしね。という私は,苑ちゃんより 16歳も年上なんですけど・・・(アセアセ そして,SHE'S のピアノロックがまた,苑ちゃんのポップと見事なハマり具合で,普段,めったに「野郎枠」を聴かない私でも,今後が楽しみな存在を見つけられたことは,大きな収穫でした。
ところで,SHE'S のステージ開始から,ちょっこし遅れて,私が座る席の隣 (指定席) にきた「のこのこズ」のファミリーが,まさかの子ども連れでした。まだ 1歳いくかいかないかくらいかな。パパ・ママも,苑ちゃんと同い年くらいに見えたんですけども。同年代のファンが多いと書きましたけども,この年代で,子ども連れのファミリーを見たのは,はじめてのことです。その赤ちゃんが,私のメモ書きやらなにやら,ちょいちょい見たり,触ったりするもんで・・・ステージを観るかたわら,こちらも,ちょいちょい,ニコニコ見ながらいてましたね。苑ちゃんからも,間違いなく見えていたはず。そんなところにも,ちょっとした幸せを感じられる一夜でした。

―――この程度の内容というのに,まさかの 2日かかってしまった・・・




keyword:井上苑子
keyword:SHE’S
keyword:STUDIO COAST

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。