My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(840/25) ヤバイTシャツ屋さん “Galaxy of the Tank-top” TOUR 2018 ~追加ワンマン公演~ (東京公演)

2018/03/14
ヤバイTシャツ屋さん
ヤバイTシャツ屋さん “Galaxy of the Tank-top” TOUR 2018 ~追加ワンマン公演~
Zepp DiverCity (TOKYO)/第2(24)公演


整理番号 : 1F立見 整理番号 2,651 (オール・スタンディング)
開演 19:05(.30) → 終演 21:18 (公演時間 : 2時間12分30秒)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. Tank-top in your heart
M02. DANCE ON TANSU
M03. Universal Serial Bus
M04. ウェイウェイ大学生
M05. あつまれ! パーティーピーポー

(MC-1)

M06. L・O・V・E タオル
M07. 気をつけなはれや
M08. 週10ですき家
M09. メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲

(MC-2)

M10. 眠いオブザイヤー受賞
M11. ベストジーニスト賞
M12. 天王寺に住んでる女の子
M13. スプラッピ スプラッパ
M14. Tank-top of the world

(MC-3)

M15. 喜志駅周辺なんもない (カフェ ヤバイTシャツ屋さん / ボサノヴァ ver.)

(MC-4)

M16. ドローン買ったのに (カフェ ヤバイTシャツ屋さん / アコースティック ver.)

(MC-5)

M17. (新曲/タイトル未定) ※ 2017/5/16 Release 予定 「げんきいっぱい」 M01 収録曲
M18. とりあえず噛む

(MC-6)

M19. サークルバンドに光を
M20. ネコ飼いたい
M21. 無線LANばり便利
M22. ヤバみ


~ Encore ~

(MC-7)

M23(En-01). 肩 have a good day -2018 ver.-

(MC-8)

M24(En-02). 案外わるないNHK
M25(En-03). 喜志駅周辺なんもない
M26(En-04). ハッピーウェディング前ソング




【Comment - コメント】

ヤバイTシャツ屋さん」,とにかく,おもろいバンドがおるらしい・・・と,ずっと,評判には聞いていたんですが,実際に,ワンマンの Live に足を運んだのは,なんと,これがはじめて。「あつまれ! パーティーピーポー」っていう曲の名前くらいは知ってるという勢いだけで,CDJ1718 のカウントダウン・アクトに突っ込んでいったが最後,何をやったか覚えてないほどに,とんでもない DANJiRi 祭の年越しをさせてもらい,正月に,あれやこれやと調べてみたものです。で,ワンマン追加公演と聞いて,ダメモトで,すべてのプレイガイドに同時に突っ込んでみたら・・・唯一,CN プレイガイドが拾ってくれました。何年,年会費だけ取られていたかわかりませんが,ここにきて,まさかの大逆転劇でした。そのくらい,いま,もっとも券が取りにくいバンドの 1組と言っていいほど,Tour 各地とも,争奪戦は熾烈を極めたようで・・・ついこの間,大阪 BIGCAT で「881円で Live やる」と言った券に 1万円の値がついたとき,「俺ら,1万円の Live できひん,その金で RADWIMPS にでも行って」という名返しをしていたのが嘘のような,まさに,破竹の勢いです。今回,これだけ数を打てば,さすがに,そこまでプラチナ化はしなかったとは思いますけど・・・
そんなわけで,ほぼほぼ,はじめての Live と言ってもいいんですが・・・各地の,特に,東京ワンマンの券が取れなかった,数万の英霊の風上にも置けぬようなことを言えば,今回の Live のために,3日しか準備できてません。高々 3日の準備で,バンドの何たるかがわかるなどとは,とても言えないんですが,逆に言えば,ヤバT の何たるかを知るためには,あと,どれほどの数の Live に通えばいいんだろうかという,もっぱら,先の楽しみと期待感ばかりが支配するデビュー戦でした。
まず,整理番号に注目していただきたいんですが,DiverCity (TOKYO) の公定キャパが,1階で 2,107,トータルでも 2,473 しかないところ,ご覧の通り 2,651 (先行の番号でこれ!).しかも,2階席&立見は別途。どこまで入れんねんという感じで,相当な圧迫感がある・・・かと思いきや,前方の圧縮が効いたようで,後方スペースは,そこそこ空いてはいました。というより,番号も番号だし,ここに来るまで,ゆりかもめが停電で動かず,りんかい線で迂回しているうちに,19時を回ってフロア入りしたくらいで,およそ,後方のポケット以外に取れそうな場所もなかったんですが・・・真ん中より前に行っていたら,間違いなく死んでいたと思います。あと,異常に暑い。3月で 21~22℃ くらいあったというのもあるんでしょうけど,それを考慮しても,場内暑すぎ。この時期,冷房まで目がいかなかったのかもしれませんけど,さすがに,始まる前から汗だくはちょっと・・・(;´Д`)
さて,入場する前から「もりもとガチャは,大好評につき完売致しました」という入りオチから,NH系クラスター (またの名を「公共放送クラスター」とも。まあ,なんでもいいです) 必見の「ヤバTとNHK」のパネルで迎えてくれたことも印象深いんですが,オープニングから,タンクトップ星人の Zepp DiverCity の客と支配人いじりが,また秀逸で (ヤバT の客は,偏差値が低い客が多いだの言ってた気がする・・・まあ,こんな,いかにも,偏差値が低そうなメモ書きしとるのもおるしな←)。支配人の「斎藤さん」を,「ダークネス斎藤さん」に仕立てて,斎藤さんが OK をくれないと,音を出すことができないとか言ったあとは,フロアの「タンクトップパワー」(天の声では 2,500人の「タンクトップ」コール) で,斎藤さんの心のタンクトップを破るところからスタート。てっきり,最後のほうにやるもんだと思ってたら・・・いきなりとはやられた。てか,ハコの支配人をいじる Live って,おそらく,はじめて見たような気がする・・・
はじめの 5曲で,もうすでに汗だくなわけなんですが,そんなのは「イロハのイ」みたいなもので,1曲目からダイバーは出るわ,小サークルピットは出るわで,前方はまさに戦場。なかなか見えないがゆえ,意図的に高跳びして,前方を観察したりもしましたけども。で,われながら驚くべきことに,3日しか準備できてないわりには,自然と歌えたリ,コール&レスポンスもできちゃったりするんですよね。音源を聴くに,明らかに Live でやるだろうというようなコールが随所にあったり,歌詞も曲調も,インパクトが相当あるためで,それだけ,強烈な存在感なんでしょう。まさしく,1度聴くだけで,耳に残る歌詞の数々。ただ,もとが関西ということもあってか,「ウェイウェイ大学生」で「産近甲龍」「関関同立」と言われても,あんまりピンとこない・・・っていうのは,正直あったりします (他の曲でも,いくつかありますけども)。関東でも同じか。もっとも,そんな歌詞が書ければですけど。
MC では,Zepp Tokyo (公定キャパ:2,709) より 300 くらい少ない上に,ワンマンでレアな Live だと言ってみたり,きょうがホワイトデーということで,しばあり (しばたりぼぼ/ba.,vo.) から,こやま (こやまたくや/gt.,vo.),もりもと (もりもりもと/dr.) のお返し報告が。こやまからはお菓子をもらった一方,もりもとは,ホワイトデーを 3月16日だと思ってたそうで・・・大阪であげればいいやって,本当に,大阪であげるんかいな。そのもりもと,かねてから聞いてはいたんですが・・・とにかく,こやまと しばありにいじられまくる。ヤバイお台場屋さんから,土地が絡んで,もりもとが「絡めるのはパスタソース」でスベったり,もりもとの改名案がいろいろ出たり (「もり★もりもと」だの「もりもりもと♪#」だの)。思った以上に,いろいろ投げられている印象があって,見てて楽しい (それなりに,仲もよさそうだし)。そして,意外と長いです。
次のブロックでは,「メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲」を 9曲目にやったり (そもそも,Album でも 3曲目くらいに入ってない),激しさのあまり,メガネを落とす客まで。おそらく,見つかっても全壊だったんだろなあ・・・
しばありの芸人モノマネコーナーでは,お隣 Zepp Tokyo の back number には勝てないだろう (優勝できないだろう) と悟ったところで,まさかの「もりもとガチャ・完売」の報せが。なんでも,前に (ガチャでない何かを) 1,000個くらい作ったときは,半年かけて売ったところ,今回 2,000個以上用意したのに,みんなどうしたん?という勢い。もっとも,事前に「お一人様 3回まで」という予告が出ていた時点で,どうしたって,完売することは見えてはいたんですが・・・かの BUMP OF CHICKEN でも,ガチャは連続 8回までできますしね。そんなもりもとが,開演 10分前くらいに観てた動画が,JK が,全校生徒の前で告白したり,抱き合ったりする動画・・・あたらしいものが見えるだの,大人の心だの言ってるうちに,大人の心とかけて告白と解く,その心は「ヤバイTシャツ屋さんの Live のように,『初心を忘れて』楽しめる人」・・・やっちまった。サークルバンドの光を否定すること,完全にやっちまった (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ ほかにも,こやまが「ディズニーランド行きたい」と言ったら,しばありはスティッチ,もりもとは耳鼻科の先生で返す一幕も。もりもと開園の「東京耳鼻科ランド」も,ただちに閉園させられるキャラのようです。
ベストジーニスト賞」「天王寺に住んでる女の子」では,しばありのクラップやら,都会に住んでる女の子と,田舎のほうに住んでる男の子に変えたコール&レスポンスを。東京だと,どこまでが都会で,どこまでが田舎かわかりませんけど,「西大宮周辺なんもない」から・・・たぶん田舎なんでしょう← そして,まさかの「スプラッピ スプラッパ」,おそらく,Eテレの幼児向け番組 (おかあさんといっしょ) を,ロックバンドがカヴァーするのも,そして,そのカヴァー曲で「コロダイバー」が出るというのも,NH系クラスターの端くれたる私が見た中では,空前にして,おそらく,絶後かもしれない光景です。だいたい,この曲を,ロックバンドがカヴァーしようという,斜め上をゆく感性が素晴らしい。いやー・・・いいものを見せてもらいました。さらに,「警備の人が暇してそうなんで」と言って始まったのが "Tank-top of the world".とてもじゃないけど,小さいお友達には見せられない画,もう大変です。はいだしょうこ画伯よりも,インパクトあるかも。
警備の人を,いかにして,暇そうにさせないようにするのかが,なんとなくわかるような,ハードな現場が続くかと思いきや,一転「カフェ ヤバイTシャツ屋さん」と称して,まさかのアコースティックコーナーへ。その前に,フロアで落とし物したと騒ぐ客を前に,こやま「落とした物は,もう見つかりませんので,あとで,スタッフのところに行ってください。今は,落とし物を探す時間ではありません。はい,これで,偏差値 1上がった」と,その茶々入れも,なんかこう,幼稚園生に向かってやるみたいな感じで。カフェではお静かに,でも,汗は拭かずにはじめたのが,どうしてこうなったか「喜志駅周辺なんもない (ボサノヴァ ver.)」・・・こやまと しばありが向かい合って,いかにもゆったりなメロディに乗せて,互いに「喜志駅周辺 いい思い出がない」「天王寺まで 400円はイタイ」「芸大生と DQN しかいない」・・・こんなん笑うわ。初見でも笑うわ。最後,もりもとの「アモーレーー」はダメ押しだわ。この時点で,この人ら,相当なエンターテイナーなんじゃないかって気がしてきました。「ドローン買ったのに」は,それなりによくハマる (?) 感じではありましたけども。今後は,この路線で,20分で 60万円,1日 3公演の VIP なひとときをお楽しみいただくそうで。
しばありによる「Zepp DiverCity 作文*1」に続く新曲は,「げんきいっぱい」の 1曲目に入る曲で,まだ,タイトルは言えないそうです (決まってはいる?)。「ヤバみ」のアンサーソングにあたるもので,メジャーではじめての曲だった「ヤバみ」も,けっこう尖った歌詞なんだけど,サビしか耳に残らないのが悔しくて書いたというだけあって,サビにもメッセージ性があるものになっていた・・・ような気がします。1回しか聞いてないのにアレですけども。「サークルバンドに光を」とか「ヤバみ」とか,意外と (?) マジメな歌詞もあるんですねえ。いや,他の曲たちだって,ふざけたようにみえて,奥深さもあるのかもしれませんけど・・・その奥深さを味わうのには,3日しかやってない私には,まだ早すぎるようです←
唯一マジメな (?) MC となった「サークルバンドに光を」の前 MC では,こやま曰く,Zepp でワンマンやるなんて,1day だって,今までの ヤバT からは考えられなかったとか,Zepp で 3days (対バン 2days+ワンマン 1day) やれるのは,当たり前のことじゃないけど,ずっとやり続けていくためには,ずっと,Zepp でやり続けられるバンドでなければならないとか,Zepp で何度もやれるバンドは,先輩をみていても本当に少ないとか,とにかくライヴハウス,それも,Zepp (国内最大級) にこだわりをみせる姿勢が印象的でした。とかくやりたがる「武道館」という言葉を,安直に使わないという意味でも。もちろん,今の勢いなれば,「喜志駅~」のコール&レスポンスで Zepp に媚売らずとも,5days くらい余裕なんでしょうけど,それが,いつまでも続くとは限らない,実に冷静に,今と将来のバンドをみているなって感じました。昔は,いつでも,ヤバT やめてもいいと思ってたけど,今は,ずっと続けたいと思っているし,「消えるのがダサい」と思ってるというのも,常に危機感をもった貪欲さが垣間見えました。サークルバンドでも,Zepp 3days やれるようになったし,いま,サークルでバンドやってる人も,Zepp で 3days やれるようになりますんで,がんばってくださいと言って始めた「サークルバンドに光を」は,本当に辛苦をなめた人にしかわからんような歌詞でしょうし,辛苦をなめているバンドへの応援歌のようにも感じました。で,非常に感動的で,ある意味で,ロックバンドらしい光景が観られ・・・からの「ネコ飼いたい」の連呼,「無線LANばり便利」「ヤバみ」でぐしゃぐしゃになって,22曲の本編が終了。曲のたびに,あと 6曲,あと 5曲,・・・と,曲のたびにカウントしていくこやまの姿が,終わりたくないのか,終わらせたくないのか,どんどん,フロアを鼓舞するような感じになってました。私も正直,いろいろ DANJiRi すぎて,よく覚えてないんですけど・・・
Encore では,島田紳助のくだりから,ヘキサゴンファミリーのコンサートとかいう虚言が出たり,月に 2回やれるのが精一杯だった Live も,月に 12回くらいやれるようになった話を。たしかに,ワンマンなり対バンもそうですけど,それ以上に,フェスで見ないときはないくらい,出まくってる気がする・・・「肩 have a good day -2018 ver.-」の曲紹介では,また,もりもとが DJ 風に言わされたりしてました。こやまが,サビでオフマイクにしてフロアに歌わせ,感極まるフリをしたり (しばありとの小芝居まで入れて),肩幅は違っても,歩幅は合わせていこうとか,ここでも,妙にうまいこと言ってみせたりもして。おそらく,どこまでも本気なんだろうけど,なぜか笑ってしまう。そして,NH系クラスターとして,後付けで決まったながらも絶対に外せない 1曲「案外わるないNHK」。私,ヤバT から帰ってきても,NHK ばっかり観てる (これだって,夜な夜な,キャプ録していた映像を観ながら書いてたりする) ような人が,「案外わるないNHK」で \ 公!共!放!送! / ってコールできるっていうのは,もう,本当に名誉ですよ。それこそ,NHK の画面に映るくらいに名誉なことですよ。後付けで,こんな名誉 DANJiRi までできるとは。幸せなことです。そのまま,最後の「 ハッピーウェディング前ソング」まで,ダイバーだの水だの,いろんなものが飛び交いながら,26曲に及ぶワンマンが終わりました。ちなみに,26曲ですが,演奏時間的には 90分くらいです。1時間台で終わるとばかり思っていたら・・・MC がこんなに長いとは,正直,予想していませんでした。
今回,はじめてなのに,3日間しか準備してこられなかったわりには,十分すぎるほど楽しめるセットだったと思います。きっと,こんなこと書いとらんと,頭空っぽにして楽しむのが一番なんでしょうね。しかし一方で,ヤバT の本当の奥深さを知るには,3日間ではあまりに短すぎたというのも,また事実です。セトリが書けるくらいで,なんぼかでも知ったと思ったら大間違いみたいな (自戒の念)。個人的には,しばありがいたからこそ興味がもてた (ツインヴォーカルじゃなければ,ここまで興味もてなかったと思う) ところもありますし,バンドが続く限り,できるだけ観続けていこうかと思います。たしかに,今は破竹の勢いでしょうし,1年後も,おそらく絶好調だとは思いますけども,だからこそ,3年後,5年後の ヤバT がどうなってるか,実に興味があるところです。その前に,自分がどうなってるかを心配するほうが先ではありますが・・・ともかく,中途半端にウケを狙ってスベるのが,一番カッコ悪いですから,どうかこのまま,本気で,独自路線にて突っ走っていってほしいと願うばかりです。事実,これだけの人に,独自路線をアツく支持されているんですから。

gdgd 書いてるうちに,もう 3時になってしまった・・・寝んでもいける・・・そんなはずはないんだよ (無慈悲な 7時起き)

(詫び追記:2018/3/15 21:30)
はじまる前から「正直なところ,好き嫌いは分かれそうな感じがする」とか,そんなことを書こうとしてたんですが・・・そこまで書けるほど聴いてませんでした。結局,詫びの形でバラしてしまいましたけども← 奇しくも,お隣 Zepp Tokyo でやってた back number,CDJ1718 の MC を思い出しますね。「たいして聴いてもいないくせに,ヌルいバンドだって言われることもあるけど」・・・知らないことは,素直に「知らない」と言える勇気をもつの大事。それ以上に,知らなくっても,知らないなりに楽しませてくれるバンドの存在こそ,もっと大事。

(NH系クラスター向け詫び追記:2018/3/15 21:30)
「ヤバTとNHK」と聞いて,NH系クラスターの端くれたる私のこと,何日も前から,(NHK の) 職員来る?着ぐるみ来る?とか,そんなんばっか気にして,曲も曲で「案外わるないNHK」だけでもやってくれればいいや,くらいに思ってましたが・・・すいません,職員探してるどころじゃありませんでした (着ぐるみは出ませんでした)。それどころか,関係者を探してるどころでもありませんでした。いっちゃん後ろで,ひとり,勝手に楽しんじゃって・・・すいませんねえ。ちなみに,私,よく Twitter の名前とかにある「○○ は ■■ @ Zepp DC 余韻」とか書くタイプの人ではないんですけども,その代わりと言ってはなんですが,終演後のタイムラインをのぞいてみたら,「やばい○○屋さん」に改名する NH系クラスターが 1名現れていたことを付記しておきます (もちろん,私のことではありません)。「やばい」がカタカナでないあたり,二重の意味でヤバみ。




keyword:ヤバイTシャツ屋さん
keyword:Zepp DiverCity (TOKYO)

*1:「だ」いすきがやまない/「い」いメガネをかけたのび太さんに/「バ」レンタインのとき/「一」つしかない本命チョコを渡したのに/「知」らんのかな?ホワイトデーって/「て」るこちゃん!ホワイトデー持ってきたで!ブラジャー!/「い」やー!のび太さんのエッチー!

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。