My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(LV006) アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE GATE 2018 supported by JOYSOUND なか卯 (DAY 7) (Live Viewing at ユナイテッド・シネマ浦和)

2018/01/21
水樹奈々
アニメロミックス presents
NANA MIZUKI LIVE GATE 2018
supported by JOYSOUND なか卯
日本武道館/第7公演/収録公演
※ Live Viewing : ユナイテッド・シネマ浦和 より 参加しました


座席 : スクリーン2 B列-7番 (全席指定)
開演 17:06 → 終演 20:27(.30) (公演時間 : 3時間21分30秒)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. Vitalization
M02. ROMANCERS' NEO
M03. Sacred Force

(MC-1)

M04. Poison Lily
M05. WAKE UP THE SOULS
M06. HOT BLOOD

(Cherry Boys' Act) ※ Theme Song : 桜坊 (チェリボ) 警察署 音楽刑事 七係

M07. RUSH&DASH!

(MC-2) ※ Happy Birthday to NANA

M08. ファンタズム
M09. 蒼き光の果て -ULTIMATE MODE-

(team YODA's Act) ※ Theme Song : OPEN THE GATE - Special Dancer Audition-

M10. GLORIA
M11. GUILTY

(MC-3)

M12. Destiny's Prelude
M13. 粋恋

(Interlude Movie 1)

M14. レイジーシンドローム (協奏者 : ヨシダタクミ from phatmans after school)

(MC-4)

(Interlude Movie 2)

M15. 深愛

(MC-5)

M16. TESTAMENT
M17. Rock Ride Riot
M18. STARTING NOW!
M19. DISCOTHEQUE

(MC-6)

M20. POWER GATE


~ Encore I ~

M21(En-01). ETERNAL BLAZE
M22(En-02). 天空のカナリア

(MC-7)

M23(En-03). SUPER GENERATION


~ Encore II ~

(MC-8)

M23-1(En-03-1). POWER GATE [ TAKE-2 ]

※ 7Days すべての Set List は こちら。早見表なども,検索すれば出てきますので,ご参考までに (立場上,自分で行っていない Live の Set List は書けませんので,悪しからずご了承ください)。




【Comment - コメント】

DAY 5 (実際に,武道館まで足を運んだとき) のコメントもあります。そちらも,あわせてご覧ください。もっとも,時間を割いて,ご覧いただく価値もないとは思いますけど・・・
まずは,水樹奈々様,30ウゥン回目のお誕生日 おめでとうございます(´-`).。oO( 私の 1つ上ウゥンウゥン声の調子が
検索窓で,水樹奈々 7Days 化物」とサジェストされるほどの化物,B'z の稲葉さんが Dinosour (恐竜) なれば,さしずめ,奈々様は Monster.3日前の武道館 (DAY 5) でも,たいそうな歌声を響かせていましたが・・・千秋楽の DAY 7,映画館のスピーカーでも,その圧倒的な歌声は健在でした。
そういえば,DAY 5 の MC で思い出したことを。協奏者・武田真治御大によれば,「2017年は,ミュージカルもあって,Live 活動はセーブ気味だったものの,2016年は,ソロアーティスト Live 観客動員数・第1位でした」そうで。本当かどうか,まだ,調べてないんですけど・・・たぶん,本当なんでしょう。実際,武道館の FC イベントで「いつか,武道館 7Days とかやれたらいいね」と言ってみたら,3年後の武道館だったら押さえられそうだよ (「ナナカン」紙面インタヴューより) といって,ここに実現できたということ,土休日はもとより,平日でさえ,東西スタンドまでいっぱいにできるだけの集客力を誇ること。まったくもって,恐れ入る限りです。ことに,最終日 かつ 日曜日 かつ バースデーという,きょうの「プレミアムデー」は・・・もはや,席がどこであるかは関係なく,「武道館という『現場』にいられること」,それだけでもう,全員が「勝ち組」であると,私は断言します。実際,武道館に行けた人は 9,000人弱,かたや,全国・66館の映画館の Live Viewing (LV) では,トータル・16,000人を動員したとのことで,いかに,武道館組が幸運であったかが伺えます (さすがに,北東・北西スタンドの「ステージサイド・見切れ席」まで開放してるかと思いましたが・・・それもありませんでした)。LV にしても,かなりの規模だと思います。
実は私,2014年9月27日,"NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014+ at Singapore" にて,LV 経験そのものはあるんです。このときは,私の友人にして (以下略) 水樹解説委員が,はるばるシンガポールまで飛んで,さあ,スクリーンから見つけてやるぞと意気込んでたような・・・で,そのとき,映画館の雰囲気はどうだったかなあ・・・と,ちょっとだけ心配してはいたんですが,上映場に入るなり,当時を思い出すまでもなく,見るからに「ポップコーンでも食べながらマターリ鑑賞」の雰囲気など微塵もない,武道館と変わらぬ装備と意気込みの人々で満席でありました。もうこれで,きょうの雰囲気を確信,安心しました。「武道館の現場と同じ」だと。その答えは・・・少なくとも「浦和は武道館」でした。
今回は,武道館という「生の現場」と,映画館という「スクリーン越しの現場」,同じタイトルを冠した Live で,どちらも観る機会があったもので,きょうのスクリーンで,気がついたところを。まず,席がぜんぜん違う。武道館とユナイテッド・シネマだと,おそらく「普通車」と「グランクラス」くらいの違いがあります。グランクラスに乗ったことはないですけど・・・背もたれの高さも十分で,席間も広く,傾斜も緩いため,ジャンプするのに,何の躊躇もいりません。(そもそも「映画館」は,そのようなことをするための場所ではありませんけど・・・) 映画館のスクリーンで,奈々様はもとより,チェリーボーイズから team YO-DA まで,間近に拝めます。武道館だと,場所によっては,ステージはもとより,スクリーンからも遠いこともしばしばですしね。
・・・と,ここまでは,事前に予想していたんですが,ちょっと想定外だったこと,それは,「自分のタイミングで,見たいところを見られない」こと。たとえば,スクリーンを見たい,バンドを見たいタイミングで映らないとか。当たり前ですけども,生のステージは,歌,演奏,ダンス,スクリーンの映像,照明に特効と,いろんなものが同時に進行していくんですけども,映画館だと,そこにあるスクリーン・1枚に映っているものしか観ることができない。LV も 6回目なんですけど,あまりにも当たり前すぎて,今まで,ぜんぜん意識していませんでした。というより,「現場に行けないから映画館で」というパターンしかなかったもので・・・あえて,そういうものだという意識すらしていなかったかもしれません。生のステージを観て,同じ (ような) ステージをスクリーンで観ると,その違いに戸惑うということが,よくわかりました。どちらがいいとは,一概には言えませんけど・・・個人的には,行けるのであれば,迷わず,現場に行く派ですね。LV は「最後の手段」ということで。
―――まえがきだけで,もう,読む気もしない量になってしまった・・・ということで,だいたいの流れは,DAY 5 に書いてありますので,そちらをご覧ください。時間を割いて,読むほどの価値もないと思いますが←
きょうしかない,特別なもの,それは・・・もちろん "Happy Birthday" のくだりであったり,とにかく "POWER GATE" で攻める姿勢だったりもあるんですけど,なんといっても,"SAY LOVE" からの「深愛」に尽きると思います。GATE が封鎖されて,音が失われた世界。7つの鍵を握る「協奏者」の力をもって,閉ざされた GATE を開けるストーリーであったんですが,ここで,改めて,DAY 1 からの「協奏者」と「協奏曲」を振り返っておきたいと思います。

  1. スガシカオ / アンビバレンス (Ambivalence)
  2. FLOW (KOHSHI,KEIGO) / Young Alive!
  3. 谷山紀章 / VIRGIN CODE
  4. クリス・ハート / エデン (Eden)
  5. 武田真治 / Orchestral Fantasia
  6. 蒼井翔太 / Synchrogazer
  7. ヨシダタクミ (from phatmans after school) / レイジーシンドローム (Lazy Syndrome)

各曲の英語表記の頭文字をとると,A,Y,V,E,O,S,L.これが,なんと "SAY LOVE" のアナグラムになっていたという。GATE を開いたのは,愛の力だった。結論ありきだったのか,結果的にそうなったのかはわかりませんが,"SAY LOVE" と言うだけならば (たぶん) 誰でもできる。ここに,奈々様と協奏者との関係性や,実現のためのオファーまで含めて,完璧に段取られたストーリー (そもそも,"SAY LOVE" が成立するだけの曲が,ちゃんと揃っていること自体がすごい)。これぞ,チーム水樹の「プロフェッショナル ~仕事の流儀~」の真髄をみた感じがします。私見では,数年に 1度のレベルでしかみられない名演出,率直に震えました。
もう一つ,LV ならではの演出として,LV 映画館との中継もあったんですが・・・中継先が「TOHO シネマズ新居浜」,私でも知っているほどに有名な,奈々様の地元であります。そこには新居浜の歌姫 水樹奈々ちゃん お誕生日おめでとう」の横断幕が。武道館の現場から,LV の現場に問いかける奈々様と,それに反応する観客との時間差,その時間差を,また別の映画館から観るという,なんとも不思議な感覚に陥りました。そして,正直に言います。新居浜でも LV をやっていること自体,まったく知りませんでした。本当ごめんなさい m(__)m m(__)m
どこまでも "7" にこだわる奈々様,だいたい「Happy Birthday は,本編の終盤か Encore か」と相場が決まってそうなところ,それも「7曲目-MC-8曲目」の地点で,トムくん (key.) の入りが間違ったのかと思わせるような場所で入れてきたり (私もやられたクチ!),出てきたバースデーケーキも "7" を型取ったものであったり,THE MUSEUM も,還暦過ぎても VII (7) まで出す宣言したり,夏の Tour では,7回目の西武ドーム (メットライフドーム) になるお知らせもあったり,Tour の途中で「177回目の節目公演」(普通「節目」にならないよ) もあったりと・・・ここまできたら,私のこのメモ書きも 7,777文字 (やめなさい,せいぜい「777文字」で終わらせなさいて)
せっかくの誕生日ですので,そのエピソードもいくつか。まず,お誕生日の LINE が,期待に反して,誰からもこなかったこと,誕生日を迎えてすぐ,けぇたん (飼っているワンちゃん) のトイレの始末をしたこと,7Days 事前の医師の診察で太鼓判を押される一方,鼻に管が入った状態で「水樹さんも,そろそろ・・・私の知り合いに,いい人がいましてねえ・・・」と,お見合いを勧められたこと,協奏者のヨシダタクミさんが「数々の曲の生みの親」として呼ばれてきたこと,当の本人が「自分たちの Live でも,セルフ・カヴァーさせてもらってるんですけど,そのときの 10,000倍 緊張しました」と言っていたこと,後輩の水瀬いのりちゃんが,DAY 6 の終わりに「水樹さん,ベレー帽が似合うと思って」といってプレゼントされた上に,「水樹さん・・・かわいい///」と,かわいい後輩に,かわいいと言われて,なんだか申し訳ない・・・その横で,三嶋さんに「この人『オバサン』だよ」と言われて「オジサンに,オバサンと言われたくない!」と反論したこと,などなど・・・30ウゥン歳,悲喜こもごものエピソードの数々でした。
―――さて,ここまで,パフォーマンスや曲について,まったく触れてませんけども・・・もうすでに,誕生日 (1月21日) も過ぎてしまいましたし,ここから書き始めると,いよいよ終わりませんので,ちょっと,このへんで勘弁いただくとして。晩夏の西武ドームで,ちょっとでも触れられれば・・・で,奈々様の次の武道館といえば,もうすぐ来たる 1月23日,Kalafina 10th Anniversary があるんですが・・・今はただ,雪の影響が心配です。

(そういえば追記; 2018/1/23 2:20)
時に 1月22日,もう 6年以上も前になる "LIVE CASTLE T" を洗濯していて,思い出したかのように。いまだに (Tシャツ類の) 装備が,武道館に着ていった,この Tシャツしかなくって,LV のときには,何も着ていけず。いい加減,装備の充実を・・・いつ行っても,買えねえんだ,これがまた (CASTLE のときは,東京ドーム・場内の臨時物販場にて購入)。今回の LIVE GATE もまた,ご多分に漏れずで。奈々様の物販といえば,途方もなく並ばされるか,並ばずに買えるものは (あらかた買い尽くされた後の) 余り物か,だいたい,そのパターンの記憶しかないもので。いったい,いつになったら,装備の拡充が図れることやら・・・ドーム・スタジアム級で登場する「事前物販」ですら,ベルサール渋谷ガーデンまで遠い&待ちが長いもんなあ・・・




keyword:水樹奈々
keyword:日本武道館

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。