My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(856/41) パスピエ TOUR 2018 “カムフラージュ” (川崎公演)

2018/05/13
パスピエ
パスピエ TOUR 2018 “カムフラージュ”
川崎 CLUB CITTA'/第1公演


整理番号 : 1F立見 整理番号 487 (オール・スタンディング)
開演 18:05(.30) → 終演 20:02 (公演時間 : 1時間56分30秒)


【Set List - セットリスト】

(Opening S.E.)

M01. スーパーカー
M02. Matinee*1
M03. とおりゃんせ
M04. ネオンと虎

(MC-1)

M05. 音の鳴る方へ
M06. はいからさん
M07. つくり囃子
M08. かくれんぼ
M09. 花
M10. 名前のない鳥
M11. トビウオ

(MC-2)

M12. 正しいままではいられない
M13. マイ・フィクション
M14. オレンジ
M15. MATATABISTEP
M16. マッカメッカ

(MC-3)

M17. トキノワ
M18. 恐るべき真実


~ Encore ~

(MC-4)

M19(En-01). S.S
M20(En-02). 最終電車




【Comment - コメント】

私のパスピエ歴を振り返るに,2015年12月22日,はじめて,武道館で観てから・・・2年半足らず,ワンマンだと,きょうで,まだ 4本目なんですねえ。フェスやら,対バンやら,成田ハネダ (Key.) 凱旋藝大を入れても・・・そんなでもないか。そんな浅い歴史の中で,ちょうど 1年前くらいに,やおたくや (矢尾拓也,ex. Dr.) さんが脱退するという,大きな転換点があったりもしたんですけども,だからといって,私に,新旧のパスピエがどうのこうのと語れるだけの資質もないんですが・・・私見では,きょうのパスピエを観て「情熱的なパスピエ」を感じた Tour 初日でした。いや,「よりいっそう情熱的な」といったほうがいいかもしれません。
パスピエの曲って,私がもっとも好きな「ポップとロックの中間点」のゾーンにあるものだと感じてます (成田さんの MC でも,「パスピエは,パスピエという,どのジャンルにも属さないような音楽だよね」って言われることが多いようなことを言ってました)。曲そのものは,ポップやクールな曲調も少なくない一方,Live での躍動感はすごかったり。なっちゃん (大胡田なつき/Vo.) の歌い舞う姿然り,成田さんの激しくも華麗な鍵盤然り,成田さんに関していえば,単なるキーボーディストにとどまらない「パフォーマー」ですらあるような姿まで,単に「上手いバンド」というだけでは惜しいような・・・もっともっと,彼らのパフォーマンスを見たくなるような魅力を感じます。という私が観たワンマン,2年半足らずで 4本 (昨年 11月の「OTONARIさんちのONOMIMONO」の Tour も行きたかったんですけど,いかんせん,券が箸棒にもかからず).多いのか少ないのかわかりませんが,幸いにして,今回の Tour だけで,4本も行く機会があるもので・・・遅れに遅れながら,存分に,彼らのパフォーマンスを堪能できる機会がやってきたと喜んでいます。
今回の Tour は,1day で Live の内容をまとめるものと,「ネオン編」「虎編」の 2days,異なる内容で Live を分けるものがあって,1つの Tour で両方やってみようという,おもしろい試みになってるもんだなと思います。考えてみれば,最初,4本は取りすぎたかな・・・と思ってても,1day・2回,2days・1回と,理想的な感じで観ていけるなって思い直しました。むしろ,きょうのステージで,5 でも 6 でも #よくあることだ そもそも,少なくとも 3本は内容が違うんですから,3本は行かなきゃ始まらない,みたいな。ちなみに,きょうの客入り的には,900 から 1,000 くらい。雨ということもあって,最前エリアに傘があるのを,途中で,なっちゃんが見つけたみたいですけども・・・適宜なスペースも確保され,多すぎず少なすぎず,ちょうどいいくらいに感じました。SOLD OUT だけが正義じゃない,観る側にとって,快適な空間づくりも大事ですのでね。
ステージセットは,ごくシンプルに,「ネオンと虎」の虎画が 1枚。客電が落ち,その虎の画が光る中,メンバーが入場して・・・1曲目は「ネオンと虎」かと思いきや,まさかまさかの「スーパーカー」でした。個人的に,パスピエの曲の中でも,五指に入るほどの好きな曲ということもあるんですけども,それにしても,成田さんのピアノイントロがきたときの高揚感,1曲目から,あの感覚ではじまろうとは・・・これはもう (残り・3本,全部 平日であっても),絶対に遅刻できねえ・・・続く "Matinee" のみならず,随所にみられる曲間のつなぎやアウトロも,素晴らしいものがありました。もともと (パフォーマンスも)「上手いバンド」だとは思うんですけども,MC でも「けっこう準備してきた」というだけあって,圧巻の美しさでした。それにしても,なっちゃん,成田さん,三澤 (三澤勝洸/Gt.) さんと,ステージ上を,よく動くものです。いや・・・ヴォーカルのなっちゃんは,ハンドマイクがあるからわかる。マイクのケーブルが,肩にかかるくらい動くのもわかる。しかし,成田さんまで,鍵盤を離れて立ち上がり,手ぶらでステージの前に出てきて,フロアを煽るなんて・・・こんな情熱的なキーボーディスト,なかなか見ませんよ。もとより,当の鍵盤自体も,相当激しく奏でてますけどね。
MC では,なっちゃんが,初日前夜に気持ちが昂ぶって寝られず,「ネオンと虎」の曲を 1周する程度に散歩している中を一緒についてきた猫に,「明日来るか?」って聞いたら,あっさりそっぽを向かれた話,成田さんが,1day の Live は「幕の内弁当」(「幕の内ISM」の Album にかけても・・・あんまり伝わらなかった?) ならば,2days は「焼肉弁当」(のちに,なっちゃんが,もう 1日を「とんかつ弁当」とも表現) になってるという,なんだなんだ,肉食のような Live になるんかいな?というような話,きょうは母の日というのに,こんなところに来ていいんですか?帰ったら,お母さんに感謝の気持ちでも伝えてみたいな話,成田さんが尊敬してるのは,一に農家,二に「農家じゃない」働いている人,三に学生,四に同業者の順だという話,だいたい,そんなところがありましたけども,なっちゃんのしゃべりに,成田さんがちょいちょいツッコむのが,妙にかあいい・・・
まだ初日ですし,なんとなく仔細まで書くには,もうちょっと,先を見てからにしたいんですけども・・・冒頭に書いた「情熱的なパスピエ」の立役者は,なんといっても,Tour 全帯同のサポートドラマー,佐藤 (佐藤謙介/Dr.) さんでしょう。ときに,スティックが飛ぶほどのパフォーマンスであったり,たとえば「花」というバラードでみせる,バラードらしからぬエモーショナルな表情,やおさんのそれとは一線を画すような個性が,この先のパスピエを,ますます面白くさせる予感がしてなりませんでした。と言えるほど,私自身,やおさん時代のパスピエをみているわけでも,知っているわけでもないんですけども・・・このぶんだと,21本の Tour を終えたころには・・・いや,つまらない邪推はやめておこう。ともかく,この「サポート」ドラムが,パスピエというバンドの存在感を,さらなる高みに導いているように感じられる,そのくらいの所感にしておきたいと思います。
終始,クールと情熱が同居する空間の中,露崎 (露崎義邦/Ba.) さんからも「雨には気をつけて」と気遣われるように,だいぶ強い雨の中を,帰路についたのでした。家を出てから入場するまで,ずいぶんと雨に降られましたが・・・家に着いたころには,あらかた,雨も止んでましたね。ちなみに,公演中の時間帯が,まさに雨のピークで,京急でも,減速運転を強いられるほどだったようです。
さて,私,次は,5月29日の (Heaven's Rock さいたま新都心) VJ-3 に行きます。まさか,ここまで取れるとは思ってませんでしたが・・・きょうこそ (出遅れに出遅れ),いっちゃん後ろのポジションでしたけど,VJ-3 なれば,もうちょっと細かい表情も見えるかもしれません (ポジション次第ですけど,小箱ゆえの窮屈さが心配)。なお,この先,セトリも変わっていくかもしれませんけど (「ネオン編」「虎編」では変わるでしょう),最新譜「ネオンと虎」は,もちろん (?) 全曲やるものの,なにぶん,7曲の mini Al. だけあって,残りの 3分の2 は・・・新旧,決して定番とも言えないような,ある意味で「通好みしそうな」曲も含まれていたりと,はじめての人には,ちょっこし難しかったような気もします。「花」「名前のない鳥」「マイ・フィクション」なんて,ぜんぜん,私の予想の片隅にもありませんでした。まあ,「OTONARIさんのONOMIMONO」のような,超がつくほどのコンセプチュアルなセトリではないですけども,だからこそ,無理矢理にでも行っときたかったなあ (´-`).。oO(

(追伸) 至極,どーでもいい話ですが,CLUB CITTA' にはじめて来たのが,2015年4月4日-4月5日.SHISHAMODo As Infinity で,まさかの 2日連続入りでした。以来,3年 1ヶ月ぶりの CITTA',川崎の駅から,すぐそこだよと思ってたら・・・意外と,距離ありましたね (アセアせ 「JR 川崎」じゃなくて,「京急川崎」からきたからでしょうか?あと,成田さんが横浜出身だということも,きょうになって,はじめて知りました←




keyword:パスピエ
keyword:CLUB CITTA’

*1:"Matinee" 1番目の 'e' は,アキュート・アクセントつきが正式表記,以下同様です。

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。