My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(896/81) B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (東京公演/DAY 2)

2018/09/22
B'z
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
味の素スタジアム/第23公演/収録公演


座席 : 下層バックスタンド B35入口 B11列 246番 (全席指定)
開演 18:03 → 終演 20:52 (公演時間 : 2時間49分)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. ultra soul
M02. BLOWIN'

(B'z の LIVE-GYM にようこそ)

M03. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
M04. 裸足の女神
M05. Wonderful Opportunity

(MC-1)

M06. 光芒
M07. 月光

(MC-2)

M08. 恋心 (KOI-GOKORO)
M09. OH! GIRL
M10. イチブトゼンブ
M11. ねがい

(MC-3) ※ バンド紹介
(Tak Matsumoto Guitar solo - When You Wish Upon a Star / 星に願いを)

M12. ALONE (Pi. 稲葉浩志)
M13. LOVE PHANTOM ~ HINOTORI (~ LOVE PHANTOM)

(Interlude Movie - B'z "Spirit LOOSE")

M14. Real Thing Shakes ~ juice
M15. BAD COMMUNICATION

(MC-4)

M16. Pleasure 2018 ~人生の快楽~


~ Encore ~

(MC-5) ※ 稲葉,松本 @ Back Stage

M17(En-01). Brotherhood [ Back Stage → Main Stage ]
M18(En-02). ギリギリchop
M19(En-03). RUN

(Ending) ※ S.E. : ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-

(参考記録) 気象概況 - 東京都 府中 (府中市 アメダス)
日付 : 2018/9/22
日降水量 : 0.5 mm
1時間・最大降水量 [時分] : 0.5 mm [09:34]
平均気温 : 21.7℃
最高気温 [時分] : 27.1℃ [16:27] (9月中旬並)
最低気温 [時分] : 18.8℃ [01:35] (9月中旬並)
10分ごとの値
注:東京都 調布 (調布市 アメダス) は,雨量のみの観測であるため,気温を観測できる,会場からもっとも近い地点を掲載しています。





【Comment - コメント】

※ バンドメンバー:増田隆宣 (Key.),Shane Gaalaas (Dr.),Barry Sparks (Ba.),大賀好修 (Gt.)

日産スタジアム 2days (1日目2日目) もありますが・・・あんまり,同じことは書かないようにします。どこまで引き延ばせる書けることやら・・・

「1989年に,LIVE-GYM というものをはじめて,全国を回らせていただいてきたんですけど,続けてきてよかったな,というふうに思います」「30年経っても,こんな素敵な場所で,こんなたくさんの人が,俺達の音楽を,楽しみに,観に,聴きに来てくださっておられると・・・これはもう,奇跡ですよ」「本当に,心から感謝しています。どうもありがとうございます」
Encore で,松ちゃんが語った感謝の言葉,稲葉さんが「まったく同感でございます」という返しをすることこそありませんでしたが,私も,まったく同感だと思いました。デビューから 30年の時を経てなお,ホールからスタジアムまで,これだけ多くの人たちを集め,Pleasure を感じて帰ってもらえる,これを「奇跡のバンド」と言わずして,なんと言いましょうか。
そんな 30周年の Pleasure,結果的に,3回も足を運べる機会があったことに感謝します。きょうの千秋楽,過去公演とセトリは同じでも,不思議と,違った見えかたがするもので。だから私も,通うのがやめられないんですよ・・・と感じ入りつつ,きょうなりの Pleasure をしたためておきたいと思います。
――― と,その前に,まずは,公式 Instagram より,Tour 終了と同時に解禁された,ステージ写真の数々を (1枚目2枚目3枚目4枚目5枚目) 紹介します。「字は画ほどに物を言わぬ」とでも言いましょうか,この画の数々を見ているだけでも,余韻に浸れるんじゃないでしょうか。2枚目は小杉 (ブラックマヨネーズ) ですが (きょうは出てきませんでしたが,警備員に扮して,2回ほど出たとのこと)・・・さすがに,キムタクとの 3ショットはないか。
秋分の前日でもあったこの日は,前日の雨も止み,暑くもなく寒くもなく,絶好の千秋楽日和となりました。「最後まで,ごゆっくりお楽しみください」というアナウンスが流れるころには,もう,だいぶ陽も傾いてきて,8月初旬の日産スタジアムからすると,だいぶ,陽が短くなったことを実感させてくれます。一方,客席のボルテージは,異様なほどに高まる一方でしたけども。その昂ぶりの違いは,オープニングの映像を経た "ultra soul" ではじまる「ウルトラソウッ」「ウルトラソウッ」というコールからも明らかでした。いや,日産でも昂ぶっていたことに違いはないですが・・・これが千秋楽か,というような迫力がありました。"BLOWIN'" のジンガロングも然り。演者と客が一体となり,ひとときの時間を楽しむ LIVE-GYM の千秋楽には,十分すぎる作法でしょうか。
「B'z の LIVE-GYM にようこそ」のコーナーも,きょうが最後。稲葉さんが飲んでいる (フリをしている) 水の紙コップの裏に書かれていないくだりは同じなんですけども,ステージ上には,これでもかというほどの数の紙コップが不自然に置かれており,いちいち取っては裏を確認し,さらに,Shane のドラムスティックと見せかけて,マラカスを受け取るも・・・書かれていない。そんな稲葉さんを尻目に,涼し気な表情で松ちゃんが飲んでいる紙コップに,カメラが切り替わった瞬間,裏に書かれた「B'z の LIVE-GYM にようこそ」で大歓声。稲葉さんが,松ちゃんに「もういいでしょう・・・返してください」「返せ!この野郎!」なんてじゃれたところで,紙コップを受け取った稲葉さんもまた,「B'z の LIVE-GYM にようこそ」を口パクで言ってみせたり・・・いやはや,この小芝居も,毎度毎度ネタを変えてきて,映像化したあかつきには,特典で (全公演分) 観てみたいくらいの充実ぶりです。
冒頭,セトリは同じでも,見えかたが違うと書きましたけども,毎回,演奏そのものを変えてくるのが,B'z バンドのすごいところです。その象徴ともいえる「裸足の女神」のイントロなんて,日産で聴いてるはずなのに「・・・変わった?!」(「裸足の女神」じゃなくなったん?!) と思わんばかりの変貌ぶり。バンドの演奏が始まらず,稲葉さんが,ソロでひっぱってひっぱって「Oh My 裸足の女神よ・・・」と歌いはじめた瞬間は,ただただ,驚嘆するばかりでした。もっとも「ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~」にしたって,客席の熱気が違うんですから,Live において,1つとして,同じ曲なんてのはないんですけどね。かつて,永ちゃん (矢沢永吉) が「どうせ,ネタバレされるんだからさ,だったら,こっちから (曲を) 変えてやればいいんだよ」みたいなことを言ってましたけども,B'z にしても,これだけ違うものを聴かせられた日には,ネタバレも何も,怖いものなしです。ネタバレ済で来た人が「どうせ,次は『裸足の女神』なんっしょ?」なんて思って,あんな歌い出しで魅せられた日には,まず「どうせ」なんて感覚ではいられませんって。と,そういえば,無駄に「ネタバレ規制」を敷くミュージシャンもありますなあ・・・そんなに,客の規制に熱心になるくらいなら,ステージの演奏なりパフォーマンスなりで,「同じ曲でも (毎回) 違うんだよ」(なんなら,曲自体も変えちゃうんだよ) というくらいの気概をみせていただきたいものです。
(1回やってるはずなのに) フライングの振りに,あいかわらずついていけなかった "Wonderful Opportunity" を終えて,ここで,MC をはさんできました。きのう (9月21日,言わずとしれた「B'z デビュー・30周年」の記念日) は,ある意味で B'z らしい空模様というか,途中まで雨だったようなんですけども,稲葉さんが「きょうは,ちょっと,月が見えているらしいんですけど・・・見えてますか?」といって,スクリーンに映し出されたのは,中秋の名月・2日前の満月に近い月。5年前の Pleasure でも,同じような光景が見られたことが思い起こされます。このロケーションの中で演奏された「光芒」,そして,月をスクリーンのバックに映した「月光」は,あまりにできすぎたハイライトで,このために,日々の天気予報をにらみつつ,(1日目と 2日目の) セトリを入れ替えたのかとさえ思わせてしまうような名演出でした。まあ,さすがに (カメラマンという名の) キムタクの都合もあるでしょうし,おいそれと,そんな入れ替え芸とはいかんでしょうけども・・・
稲葉さんから,Pleasure にまつわるエピソード (だいたい同じことを言ってます,日産 1日目とかに書いてあります) があったところで,「恋心 (KOI-GOKORO)」の振り付けの練習もしましたが,なんというか・・・仕上がりすぎてますよね,みなさん。55,000人が,申し合わせたように同じ動きと三拍子で締める様子に,稲葉さんも驚き「あの・・・いいですね,きょう (1回で) もう」と言うや否や,「まだ覚えらんないーーー」(もちろん完璧です) という声やら,「もう 1回! もう 1回!」というコールまで起こる事態に,稲葉さんも「あの・・・これ,そんなでもないですよ」とたじろぐ場面も。結局,いつものように? 2度目を執り行い,「いってみましょう,『恋心 (KOI-GOKORO) 2018 夏 in 味の素スタジアム』!」とのかけ声で始まった曲では,稲葉さんの「なにかな」に対する,松ちゃんの「なんだよ」からの投げキッスまでつくサービスもありました。「松本に相談しようか」のくだりで,松ちゃんをハートマークで囲むアレといい,松ちゃんがギターから手を離して振りをするまで続ける演奏といい,松ちゃん派にはたまらんでしょうね。一方で,"OH! GIRL" では,ギターソロで (即座に) 見せ場をつくってきますし。圧倒的な手触りと一体感の「イチブトゼンブ」,そして「ねがい」では,例のゲストこそいませんでしたが,稲葉さんのマイクスタンドさばきを,存分に堪能できる時間でした。増田さんのピアノイントロの変化も見ものでした。
バンド紹介で,松ちゃんを除く各メンバーから,Tour を振り返る一言をもらったところで,「On Guitar ですよ」こと Mr. Tak Matsumoto のギターソロ,稲葉さんのピアノによる "ALONE",そして,"LOVE PHANTOM" からの "HINOTORI"・・・このあたりは,もう,先に紹介した Instagram の画を見ていただければ,私からは,何も言うこともありません・・・というより「言うだけ野暮」というものでしょう。火の鳥の巨大セットと,稲葉さんのシャウトと,深紅の照明が同期したとき,フェニックス稲葉が生まれる・・・とか,そんなんいらんねん← それにしても,あの火の鳥に,伝説のスタントシーンが,後日,WOWOW で O.A. されるかと思うと・・・まずカットされないとは思いますが,こちらも楽しみです。
"Spirit LOOSE" からはじまるお祭りでは,上層スタンドにまで "juice" の缶が運び込まれてきました。さすが「juice を,まんべんなく回してくださいね」と言うだけあって,上の客席にまで配慮が行き届いた・・・まあ,わりと早めに,下層スタンドに落ちてきましたけども。"NATIVE DANCE",「太陽の小町Angel」も交えてのコール&レスポンスはもとより,圧巻なのは,稲葉さんのロングトーンのシャウト・・・あの,きょう (9月23日) で 54歳ですよね? 2日続けて,これだけのシャウトをかけられるとは・・・およそ信じがたいシーンですよ。ついでに,\ プッシュ / \ プッシュ / するときの,実にしなやかな腰使いも← その勢いのまま "BAD COMMUNICATION" を終えて,稲葉さんが「Pleasure 感じてますか?」「我々も,ビンビンに Pleasure 感じてます」(と言って,178_nicedelta の部分をイジイジしているところを,カメラがとらえていたくだりに触れるのは反則だz) と,お約束のビンビン発言も飛び出したところで,「Pleasure 2018 ~人生の快楽~」に懸ける口上を。
「これだけのファンの人たちが集まって,ひとつの Pleasure,快楽を享受する・・・これはもう,すごいことですよ,みなさん」「みんなそれぞれ,いろんな経験をして,この場に集まったときに,一人ひとりが,いろんなものを吐き出して,ぶつけ合っていく」「そのとき,新しいものが生まれたり,ちょっと元気になれたり,何かを思いついたり・・・そんなことが起こる空間が,B'z の Pleasure です」「最初から,そんなことを思えたわけではないですけど,一つひとつのステージ,いろんな瞬間を積み重ねて,今,こうやって,ステージに達しているわけです」「そういう思いがあるから,我々,やめられないんですよ」「そりゃあ,いろんなことがありますよ・・・でも,やめられないんですよ」「そして,それがあるから,今まで生きててよかった,明日も生きていたいな,と思うわけです」「大げさかもしれないですけど,我々にとっての,生きる源となっているんです。きょう,こうして,味の素スタジアムに集まってくれたみなさんが,たっぷり,じっくり,生きる喜びを教えてくれました。本当に,どうもありがとう」
ここに Pleasure 極まれりか,Encore 待ちの客席からは,これまでにない「時化 (しけ) 模様」の勢いで,ウェーブが巻き起こりました。長い長い Encore 待ち,そして,稲葉さんと松ちゃんがバックステージに立つまでも,ずいぶんと長い時のように感じられましたが・・・稲葉さん,ここにきてはじめて,バックステージまでの道のりで「道に迷った」そうで (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ 二人きりで立ったステージ,稲葉さんから「あんまりしゃべらない松本孝弘から,一言いただきたいと思うんですが,どうでしょうか,みなさん」と振られた松ちゃん,そこで,冒頭で紹介した謝辞がありました。さらに稲葉さんも,この Tour こそ,みなさんの支えがなければ,ここまでたどり着くことはできなかったと,心からの謝辞を。稲葉さんにとっても,苦渋のときもあった Tour だけに,感慨ひとしおだったのでしょう。松ちゃんからも,あらためて「みなさんが,俺達にとっての Pleasure であり,Treasure でもあるってことだよ」と,"Treasure" という言葉を持ち出すほどの感謝の気持ちを述べたところで,二人きりで,稲葉さんと松ちゃんが肩を組み歌う "Brotherhood" へ。そして,はるか 100メートル先のバンドが待つステージへ向かって歩き出します。
「みなさんの中の誰かに,"We will be alright" というフレーズを必要としている人がいたら,その人に向けて届けたい,いまこの,味の素スタジアムから,みんなで,美しく響かせようじゃありませんか」
1999年当時,友達やスタッフ,ファンに向けたメッセージが,19年の時を経て,稲葉さんの呼びかけの力と,55,000人の歌声とともに,味スタの空間を飛び越えた瞬間は,実に純粋な感動を覚え・・・ひとりで来ていたら,確実に泣いていたところでした (かなり危なかったんですが・・・どうにかこうにか)。基本的に,大人数が苦手,人混みも苦手,ひとりでいるのがちょうどいい・・・そんな私が,これほど多くの人の中にいて,ともに "We will be alright" のフレーズを歌っている。これはもう,すごいことですよ。この景色が大好きで,こんな大会場でも,いや,大会場だからこその Live に通うのがやめられなくなってしまう日が来るなんて,14年前の (Live デビュー前の) 私に想像できたでしょうか。
B'z PARTY エキストラとともに,タオルが乱舞する「ギリギリchop」,そして最後は,この Pleasure を象徴する "RUN".

荒野を走れ どこまでも 冗談を飛ばしながらも
歌えるだけ歌おう 見るもの全部
なかなかないよ どの瞬間も

すべての演奏が終わり,特大の爆竹を打ち上げ,稲葉さんと客席の \ せーのっ / \ おつかれーーー / で締めたあとも,Tour の千秋楽,B'z の 30周年,そして,31年目の門出を祝うかのように,これでもかという数の花火が打ち上がる中,稲葉さんと松ちゃんがガッチリと抱き合い (この写真の 3枚目),最後の挨拶です。
「30年目の Tour ですけども,みなさんの愛情を再確認する Tour になりました」「31年目も,もっと,すごくなりますよ」「また,絶対会いましょう。どうもありがとう」
稲葉さんの,その言葉通りに,2019年,新たなる Album と,新たなる LIVE-GYM の開催告知がなされました。まさに有言実行。
最後の最後に,サングラスから,わずかに素顔をのぞかせた松ちゃん。そこから,すでに 31年目に向けた,これ以上ないファンサービス (新譜と LIVE-GYM あるよ) を示唆していた・・・と言うには,いささか考え過ぎでしょうか。

――― ここからは,いよいよ,奇特な読者に属する中でも,特に,奇特な自覚のある人だけ読んでください。(もっとも,ここまで読んでしまうという「奇特な読者」自体,まずもって,いないとは思いますが・・・)
私,ふと,茶の湯のくだりを思い出して,なぞらえたくなってしまいました。肝心の茶の湯のことは,まったく知らんのですが←
「亭主と客が一体となり,ひとときの時間を楽しみます」
茶の湯も Pleasure も,「作法」が違うだけで,根底に通ずる精神は,実は,何ら変わることはないんじゃないでしょうか。亭主 すなわち 演者は,客をもてなすために心を砕き,支度を整える。B'z の心の砕きかた,支度の入念さは尋常ではなく,この 30年,客のことだけを考えて生きてきたような,もはや,悟りの境地に至っている感じさえあります。奇しくも,過日,NHK スペシャルで,10年前の B'z に密着した特番の再放送がありましたが (もう,この内容は「観てください」で勘弁),プロ・オブ・プロ,プロをも超えたプロ,どんな表現をしたらいいものかわかりませんけど・・・精進を止めることなく,音楽一筋でここまでやってきて,ひたすらに自分たちが信じる作品を,妥協なく制作し,ファンのもとへと届け,LIVE-GYM で,各地のファンへと直接届けに行く。このサイクルが,稲葉さんに言わせれば「やめられないんですよ」と。この亭主ある限り,きっと,B'z の行く末は安泰なのでしょう。
とはいうものの・・・では,35周年,40周年の祝祭が,当たり前のように,あたかも,永遠であるかのようにやってくるかと言えば,安直に,そうとも言い切れないことも確か。松ちゃんの「これはもう,奇跡ですよ」という言葉,ゆめゆめ「本気の奇跡」だと,心に刻んでおきたいと思います。我々「客」の側も,B'z という「亭主」の存在が「あって当たり前」と思うことなく,1曲 1本に感謝しつつ,亭主と客が一体となり,ひとときの時間を楽しむ___

――― 結局,何のオチもつけられない,当たり前すぎる「作法」になってしまった・・・そして気がつけば,稲葉さんの 54回目のバースデー (9月23日) も終わっていたという,単なる「遅筆オチ」だけがついてしまった (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ

(2018/9/24 01:15 コメント投稿)

(蛇足) バックスタンドという場所柄,規制退場もかなり遅くて・・・終演後,飛田給のホームにたどり着くまで 1時間20分.家にたどり着いたのは・・・日付をまたいでましたね (飛田給~新宿~西大宮 程度の距離で,まさかの 3時間超)。a-nation なりで,何度も来てはいるんですけども,最寄りの駅が,事実上「飛田給・一択」ということもあり,通常・5分が 30分になることもザラ。おとなしく,臨時バスの利用も検討したほうがいいでしょうね。翌日が (朝から) 勤務の人は・・・いっそ,休むことも選択肢に入れておいたほうがいいかもしれません。




keyword:B’z
keyword:味の素スタジアム

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。