My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(835/20) TRF 25th Anniversary 『THANXX!!! 25 Best Hits LIVE & Party』 (DAY 2)

2018/02/25
TRF
TRF 25th Anniversary
『THANXX!!! 25 Best Hits LIVE & Party』
Zepp DiverCity (TOKYO)/第2公演/収録公演


座席 : 1階-L列-7番 (全席指定)
開演 17:06(.30) → 終演 19:07 (公演時間 : 2時間00分30秒)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. PUSH YOUR BACK
M02. masquerade

(MC-1)

M03. Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~
M04. Unite! The Night!
M05. Love & Peace Forever
M06. BOY MEETS GIRL

(Talk Corner - w/ 古坂大魔王)

M07. FUNKY M
M08. iNNOVATiON
M09. LEGEND OF WIND
M10. CRAZY GONNA CRAZY
M11. EZ DO DANCE
M12. Where to begin
M13. Because of U


~ Encore ~

M14(En-01). Medley

  1. GOING 2 DANCE
  2. Silver and Gold dance
  3. SEE THE SKY ~1999…月が地球にKISSをする~

(MC-2) ※ Happy Birthday to CHIHARU

M15(En-02). survival dAnce ~no no cry more~
M16(En-03). WORLD GROOVE

※ M04 - M05,M10 - M11 は,一応 Medley ではありますが,ほぼ 1曲分をやっていますので,別立てにして記載しました。




【Comment - コメント】

前回の参戦が 2007年11月9日,その間,実に 3,761日.かの コブクロで記録した,2007年8月12日から 2015年6月6日の 2,855日を大幅に更新する,「ひさびさ」と言うにあり余るほど,ひさびさの TRF ワンマンでした。彼らの牙城 a-nation から計算しても,2013年8月31日を最後に,今日まで,実に 1,639日.このメモ書きにあたって,これほどまでに,TRF に会わない日が続いていたとは・・・われながら,驚きをもって受け止めています。個人的にも,2007年のこのあたりは,あんまり思い出したくないような,大変な時期だったんですが・・・あれから 10年,今度は,TRF と切っても切れぬ立役者,小室哲哉御大が引退に追い込まれる (あえて,こういう表現を使いますが) という,こちらもまた,あんまり思い出したくない (というより,現在進行形で思い続けてる) ような時期になってしまったもんだと・・・哀しいものですが,そのへんのことは,またあとで。
TRF 25周年,1990年代の音楽シーンの代表であることは言うに及ばず,おそらく,全盛期にまだ生まれていなかった 10代のみなさんでも,その名前と,いくつかの代表曲くらいは知っているであろうビッグネーム。そんな彼らも,近年では,ワンマンの Live 自体が,相当に貴重な機会となってしまいました。コンスタントに観られるのは,夏の a-nation (Stadium fes.) くらいなものでしょうか。その a-nation でさえ,近年では,個人的な好みの路線から,だいぶ外れていってしまい,気がつけば,ここ 4年も足を運んでないわけですけど・・・a-nation の真の帝王は,TRF にこそあると (勝手な) 持論をもっているくらい,そのパフォーマンスとオーラには定評があります。すなわち,登場は,ヘッドライナーの 1組 ないし 2組前 (ヘッドライナーは誰かに譲る),セトリは,毎年 Copy & Paste,同じことをやっているにもかかわらず,どのような人たちがお目当てで来た観客でも,いわゆる「トイレタイム」などとは一切無縁,総出で熱狂させるだけの神通力は,衰えることを知らず。それだけでも,今なお,TRF の存在意義は十二分にあるものと思ってます。近年では「TRF 式エクササイズ」の方面でも大ヒットでありますけども (念のため)。日本一・・・とまで言い切っていいかわかりませんが,間違いなく,日本でトップクラスにカッコいい,50代の「現役」ダンス・パフォーマンス集団です。
この際ですから,正直に言っておきます。私,2004年 (当時・23歳) が Live デビューで,そこから,さらに 4,5年くらいして,ようやく,それなりの数の Live に通いだして,それなりの幅をもって曲を聴きはじめるようになったくらい,こちらの方面に関する芽生えが遅くてですね・・・'90年代の曲なんて (ちょうど,中高生くらいのころだったというに) ほとんど聴いてなかったんですけども・・・それでも,TRF の曲は大好きで,この avex グルーヴがなければ,今の私はない (芽生えすらなかった) と断言できる,いわば,ルーツのような存在です。しかし,そんな彼らなのに,10年以上も (a-nation ですら 4年以上) 空けてしまった手前,いくら「王道コース」だろうと予想はすれど,正直なところ,だいぶ不安もありましたが・・・結果的には,誰もが知ってる TRF がそこにあって,安心しました。彼らと全盛期を共にした人であれば,セトリは (こんなところに出すまでもなく),誰でも,簡単に書けると思います。あまりに王道すぎて,コアなファンとか,どう感じたもんじゃろかと,ちょっこし不安になるくらい。もっとも DAY 1 では,なんと "ALL YOU NEED IS LOVE" を披露したという話も,方々より入ってきてますけど・・・
で,ようやく本編の話に。オープニングの映像では,TRF の歴代 MV が流されました。のちのトークコーナーで,古坂大魔王からもありましたけど,アスペクト比が 4:3 の (画面の両端が黒くなってる) 映像もあるくらい,なつい。'90年代のヒット曲のオンパレード,もはや,懐かしさしかありません・・・が,1曲目にきたのは "PUSH YOUR BACK".2013年の曲で,TRF オリジナル曲としては「最新作」の部類です。そして,16年ぶりの「プロデュース・小室哲哉」曲でもあります。その先は,なつい・・・なつすぎるナンバーの連続。場内を見渡すに,36歳の私より,明らかに年上のファンも多くいましたし,YU-KI も,しきりに「一緒に歌おう」「スクリーンに歌詞も出るから」といって盛り上げてましたけど,今なお (現在の 5人制になってから) 誰ひとりとして欠けていないメンバーを前に,青春を取り戻せる瞬間があるのは素晴らしいことです。なにより,各曲の要所要所にある振りも,合いの手だって忘れてない。忘れていたのは私だけというくらい揃ってる,すごい・・・
中盤には,MC に (同じく,芸歴・25年を迎えた) 古坂大魔王を迎えてのトークコーナーが。25周年を迎えての所感を,メンバー 1人ずつ聞いていったんですけども,メンバーが口を揃えて言う言葉が,「25年も続くとは思ってなかった」と。ええ,私も思ってませんでした (怒られるかもしれませんけど,そこは率直に)。このダンスパフォーマンスが,そんなに長く続けられるはずがないだろうと。しかし,事実として,当時そのままとはいかないかもしれませんけど,まだまだ,第一線の動きをみせてくれている。それも全員が。実際,DJ KOO が,2017年に脳動脈瘤の手術を受けるなど,25周年を迎えられるかどうかという危機もあったんですが・・・アスリートの魂のようなストイックさを感じますし,もうこの際,「プロフェッショナル ~仕事の流儀~」とかどうですかと言いたくなるくらい。同じく 25周年,YU-KI 曰く「親戚のような関係」という access との「同期対バン」のお知らせもあり,まだまだ,やる気満々でなによりです。
続いて,TRF に聞きたい!! あんなこと こんなこと」と称して,公式サイトで募った質問から 3問をセレクトして,メンバーに聞いていくコーナーが。ここでの DJ KOO の茶々入れが・・・メンバーの話をさえぎるようにしゃべったり,突然,説明しないとわからないようなネタを言い出したり,最年長なのに,何をやってるんだかというような自由奔放ぶり。メンバーが交替で着替えて,トークメンバーも変わるんですけども,なかなか着替えにも行かないしで,SAM には「お前,ちょっとうるさい」とか,古坂大魔王にいたっては,「すいませ~ん,ピストルをくださ~~~い」とまで言われる始末・・・
以下,取り上げられた質問と,メンバーの答えを掲げておきます (回答のテキストは,だいたいの雰囲気です)。

(質問1) 25年間の中で,一番,思い出に残っている Live は何ですか?

  • YU-KI:日本国内の Live は,多すぎて決められないので,海外で・・・台湾でやった Live (TK PAN-PACIFIC TOUR '97 IN TAIPEI,中国名:小室家族'97 環太平洋巡回台北演唱會) を。当時はまだ,インターネットも普及しておらず (もちろん SNS も),海外の人が日本の文化を知る機会も,今ほど整ってなくて,どんな反応があるかわからなかったんですけど,日本語で歌ってくれたりして,こんなに知ってくれてるんだと思えたそうです。
  • DJ KOO:東京ドーム (BRAND NEW TOMORROW in TOKYO DOME ~Presentation for 1996~)。当時,YU-KI と DJ KOO が「クリスマスキス~イブに逢いましょう」(テレビ東京系列) に,ラジオ DJ の役で出演してたらしいんですけど (注:だいたい,後付けで調べて書いてます),そのときのロケ地に,Live 中の東京ドームもあって。で,当時,ドラマを観た中学生から投書があったらしいんですけど,その投書が「DJ KOO さんの演技をみて,はじめて『棒読み』というものが何であるのかを知りました」・・・(´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ
  • SAM:アリーナツアー (TRF 96 ARENA TOUR SILENT NIGHT)。この Tour に限らず,毎回,小室さんから課題を与えられるんですけど,このときは「鏡の部屋」なる課題を与えられて。メンバーやスタッフと,ものすごく考えても,ぜんぜんうまくいかなかった思い出があります。

(質問2) TRF じゃなかったら,なってた? なりたかった? 職業が聞きたい

  • ETSU:子供のころは,薬剤師になりたかった。身体が丈夫じゃなくて,薬ばっかり飲んでたそうです。ちなみに,初恋は 3歳だそうです← 古坂大魔王が勝手に聞いた
  • CHIHARU:ペットトリマー。実家で猫を飼ってるそうです。
  • SAM:バックパッカー。今からでも行きたい (あたらしい TRF がみえるかもしれないし),メンバーに行かない?と振って・・・マイクすら持とうとしない 2人,これぞ「シカト」というもので (;´Д`)(;´Д`)

(質問3) ずばり,若さを保つ秘訣は?

  • ETSU:年齢を考えないこと。電子カルテとかで年齢が出ると,すっごく落ち込む・・・2,3日は落ち込む (2,3日も?!)
  • CHIHARU:諦めないこと。諦めると,たちまち落ちてしまうから。
  • SAM:(CHIHARU が答えるなり,すぐに振られて) 諦めること。その後,「諦めるところは」諦めると言ってましたけど・・・

質問コーナーを経て,"FUNKY M" の振りの練習を。指南役の SAM が「You Tube の振り付け動画観た人?」と聞いても,だいたい観てないという (すいません私も)・・・そのわりには,ものすごくよく揃ってて,むしろ「観なくてもわかる」というレベルだったんじゃなかろうかという気さえしてきます。ていうか,きょうが「はじめての TRF の Live だった」っていう人,いたんですかね?!その後は,ひとしきり「a-nation のコーナー」(セトリの一部がまったく同じ) をやって,あれよあれよと最後の曲に。本編・13曲って,正直言って少ないですけど,本編の最初と最後に,"WATCH THE MUSIC" の収録曲をもってくるあたり,'90年代の懐かしさだけでは終わらせない意気込みを感じました。もっとも,4年以上前の「最新作」ですけど・・・なお「a-nation のコーナー」とはいえ,普段の a-nation では,とうてい観ることができない至近距離から,45,000人を前にしたパフォーマンスと変わらぬ所作を観られたことは,たいへんに有意義であったことを付け加えておきます。
Encore では,1993年2月25日が,まさにデビュー日にして,デビュー曲の "GOING 2 DANCE" を・・・この日に限って,YU-KI が歌詞をど忘れして,会場の歌に助けられる一幕も。デビュー・25周年の日に,デビュー曲でやらかす (しかも WOWOW の収録入りで!) という,まさに,きょう限りのレアな光景を見られたところで,気持ちが昂ぶってきて,もう 1曲 (セトリにない曲を) 歌いたいといって YU-KI が歌いはじめたのは,2月28日で 51歳の誕生日を迎える,これでも最年少の (!) CHIHARU のハッピーバースデー (もちろん客席も)。あらためて,全員が 50歳を過ぎても,一流のパフォーマーでいられることの偉大さを感じます。のみならず,ダンスの一部に EXILE の "Choo Choo TRAIN" を取り入れてくるなど,もはや,本気なのかリスペクトなのか,はたまた,ネタなのかわからないようなパフォーマンスまで見せてくる一幕も。最後に "WORLD GROOVE" で,YU-KI も感極まる,盛大 かつ 感動的なグルーヴ感を作り出し,メンバーからのメッセージが映し出されて,めでたく大団円。
しかし,私としては・・私に限らないかもしれませんけど,DJ KOO の最後の挨拶「最高のサポートダンサーに感謝します。25年間,支えてくれたスタッフにも感謝します。そして,小室さんに感謝します」・・・他のすべての MC を忘れたとしても,この,ごく短い一言「小室さんに感謝します」だけは,絶対に忘れてはならないと思います。ほんの数ヶ月前だったら・・・いや,それでも忘れるはずはないんですけど,小室さんへの感謝は感謝として,「次につながる感謝」でもあったはずです。きょう,この記念すべき 25周年の日に,小室さんが姿を現すことはありませんでした (少なくとも,客席にもステージ上にも)。本来なれば,ファンの心理としては,TK とのコラボの瞬間さえ夢見ることもあったかもしれません。それでも,小室さんが「TRF でも,やり残した仕事がある」といって,ふと現れるんではないかと,最後まで,ありもしない奇跡でも起きないかと思っていたんですが・・・ロビーに飾られた「祝 TRF 様 小室哲哉」のスタンド花が,25周年の TRF に対して,今の小室さんができる最大限の誠意だったのかと思うと・・・ただただ,悔やまれてなりません。
25周年を迎えて,TRF のメンバーも,全員が 50歳を過ぎてきた今,私としては,5年後に「30周年」もあるだろうとは,安易に考えていません。DJ KOO,SAM にいたっては,それこそ,還暦すら過ぎてきますしね。小室さんなり,安室ちゃんの例を引き合いに出すまでもなく,どんなに長く続いている,永遠に続くとさえ思えるものでも,実は,すごく脆いもので,いつ会えなくなるかわからない。TRF に関して言えば,少なくとも,全員が元気に揃った状態で,いつまで会えるかわからない。批判を恐れずに言えば,25年間,ひとりのメンバーも欠けることなく,50歳を過ぎてなお,現役のパフォーマーであり続けてこられているということは,奇跡に近いことだとさえ思ってます。もちろん,奇跡なんかでなく,いつまでも現役でと願うばかりではありますけども・・・また,TRF の Live で,いつもと変わらぬ汗をかける日を楽しみに,しかし一方で,きょうのこの日を,いつも以上に大切に。この先,もし何かあったときには,2018年2月25日が「後悔のないような 1日」になればと思います。

―――2月の Live も,これで終わりです。1月に続いて,まさかの 10本,バイタリティにせよ,テキスト力にせよ,つくづく,TRF のような強靭なパフォーマンスがほしいと思う,深夜 1時のメモ書きであります・・・




keyword:TRF
keyword:Zepp DiverCity (TOKYO)

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。