My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(834/18) Ai Kawashima BIRTHDAY LIVE ~Black or White??~

2018/02/21
川嶋あい
Ai Kawashima BIRTHDAY LIVE ~Black or White??~
ユナイテッド・シネマ豊洲 (スクリーン No.10)


座席 : N列-29番 (全席指定)

開演 19:05(.30) → 終演 20:19(.30) (公演時間 : 1時間14分)
※ レクリエーション : 20:20 → 20:42 (22分)


【Set List - セットリスト】

(Opening S.E.)

M01. Take it easy
M02. Piece

(MC-1)

M03. Flag
M04. Tokyo

(MC-2)

M05. Escape
M06. lover

(MC-3)

M07. 大丈夫だよ (ピアノ弾き語り+ac.gt. ver.)
M08. 時雨 (ピアノソロ弾き語り ver.)

(MC-4)

M09. しおり (ピアノ弾き語り+gt.+vi. ver.)
M10. Day by day
M11. ハレルヤ


~ Encore ~

M12(En-01). Happy BIRTHDAY!!




【Comment - コメント】

8月20日のメモリアル・コンサート (メモコン) は 9年連続,しかしかたや,2月21日のバースデーは・・・実は,はじめてなんです。ましてや,映画館で「Live Viewing (LV) でない」,いわゆる,生演奏の形での Live を観るなど,834本目にして,まったくはじめてのこと。お誘いの話をいただいたときから,どんな内容になるものかと,楽しみにしてきました。2日前に,映画館で映画を観て,1日前に,劇場でミュージカルを観て,そしてきょう,映画館で (音楽) Live を観るという,きわめて変則的な 3日間でしたねえ (私的基準で)。
ステージは,まさに,映画館の舞台挨拶で使うステージそのもの。ユナイテッド・シネマ 豊洲でも,最大の 413席 (一般・393席+プレミアム・20席) を誇るスクリーンだったんですけども,公演中,そのスクリーンは一切使わず (開演前こそ,PV とか流してましたけど),ステージ上には,アコースティック・ギター,ヴァイオリン,そして,ピアノという名の鍵盤,以上・3種のみが置かれ,一切の演出もなく進められる,きわめてシンプルな編成でした。弾き語りの編成の際に,サポートが出たり入ったりがある程度で。映画館という場所柄,あんまり派手な音も出せないんでしょうけども (めったに映画館で観ないゆえ,よくわかりませんが・・・),今さらながら,いったいなぜ映画館で?! という感じは,正直なところ,いまだに残ります。座席が,他のどの Live 会場よりも上等 (同じ「ユナイテッド・シネマ」系列の浦和の LV でも触れました) であることに,疑いの余地はないんですけども・・・ひとまず,そのへんの疑問は置いといて。
"Black or White" というコンセプトは,デビュー・15周年の今,"White" のような,やさしい感じの曲から,"Black" な感じの (そのままの) 曲まで,さまざまな形で「川嶋あい」を表現してきた姿を,今回の選曲を通して,どの曲が "Black" で,どの曲が "White" なのかを,私たち自身で感じてほしい・・・というような趣旨だったんですけども,それよりもなによりも,まず,セトリがマニアックすぎ・・・9割方,FC (A room, ai Room) 会員を対象とした公演だったと言っていいと思うんですけども,はじめての人が,もしいたとしたら,半分くらいは,わからなかったと思います。という私自身,最近の予定を詰めすぎるがあまり,正直なところ,今回に備えた復習時間がぜんぜんとれず,セトリの投稿そのものにも,いくつかの曲で焦ってしまいましたが・・・(;´Д`)
その上で,どの曲が "Black" で,どの曲が "White" か。意見には個人差があります,としか言いようがありませんけども・・・曲調でとるか,歌詞でとるかで,印象が,ガラリと変わってくるのが面白いと感じました。私自身は,明らかに「曲調でとる」タイプなんですけども・・・あれ? "Black" な曲調って,ほとんどないじゃん・・・と思ったところで,歌詞でとってみたところ,やさしい曲調の中にも,けっこう重たい歌詞があったりして。2008年,ニューヨークに短期留学したときに作ったという "Escape" なんて,まさに "Black" な歌詞と "White" な曲調が対照的な印象です。
セトリはマニアックな上に,全部で 12曲,1時間14分しかなく (Encore のとき,自分で,持ち歌の "Happy BIRTHDAY!!" を歌っちゃうあたりも面白いですけども),拍子抜けするくらい短い・・・と思いきや,そこは,バースデー Live というかイベント,「レクリエーション」という名のアフタートークが控えてました・・・すいません,公式サイトに掲載されていたのを,たったいま,調べて知りました。あいかわらず,下準備も何もなってn(ry
まずは,"Memories" と称した,川嶋あいちゃんの曲にまつわる,ファンのみなさんのエピソード紹介から。以下,紹介された曲たちを,順番に掲げておきます*1

  1. 福岡 ~The Rock'n Roll~
  2. ガラスの心
  3. ごめん
  4. 見えない翼
  5. 空はここにある
  6. ふたつ星 (I WiSH)
  7. ハレルヤ
  8. compass

各々に,個性的なエピソードがある中で,私が特に気になったのが,18~19歳くらいのときに "Super Ai" とかやってた「福岡 ~The Rock'n Roll~」と,0歳児からの「空はここにある」かな。「ふたつ星 (I WiSH)」なんてのもありましたけど,何を隠そう,私も,さらにメジャーな「明日への扉 (I WiSH)」から入った人ですので。2005年2月19日の「I WiSH 解散・卒業ライブ “Precious Days”」(当時まだ,通算で 4本目) とか,めちゃめちゃなつい・・・なお,公式サイトによれば,寄せられたエピソードは,会場で読み上げられなかったものも含めて,後日掲載予定だそうです。
次に,大抽選会の景品リスト (10名様分) を,順番に掲げておきます。

  1. 2007年~2008年 キーホルダーピンバッジ+I WiSH 時代のキーホルダーセット
  2. 2017年のメモコン "Timber Magic" でプレゼントされた非売品 CD
  3. 川嶋あい 卓上カレンダー 2018 (サイン入り)
  4. 川嶋あい「明石こども大使」名刺+ポストカード (サイン入り)
  5. 川嶋あい LINE スタンプ 缶バッジ (5個入り)
  6. 本日の日付入りサイン色紙+直筆 Set List
  7. 「シンクロ」非売品トートバッグ (サイン入り)
  8. 15th Anniversary フェイスタオル / レッド (サイン入り)
  9. 15th Anniversary Tシャツ / ワインレッド (サイン入り)
  10. 川嶋あい 似顔絵

1. は,15周年グッズの「SINGLE/ALBUM ジャケット ランダムキーホルダー」のことなのかな? このうち,いくつかは,終演後に,Twitter 検索でも見ることができました。が・・・「直筆 Set List」(例えば こちら) の M07 が,まさかの「君に……」・・・あれ????? そんなはずはない,どこをどう聴いても「大丈夫だよ」だったんだけど・・・どうしてそうなった??? みたいな。ちなみに,実際にやったのは「大丈夫だよ」で間違いありません。もしかしたら,その場で変えたくなったとかある・・・ていうか,その前の平昌五輪の MC で,自分で,選手に送りたい曲とか言ってたじゃん・・・(;´Д`) (;´Д`)
2つのレクリエーションののち,あいちゃんがお見送り。1人ずつ,ポストカード (20種・ランダム) を手渡しされました。400人くらいのうち,「残りのみなさん」的なポジションだったんですけども,けっこう,ちゃんと,握手やら声掛けなんかもしていったようで,出るまでに,30分近くかかりましたね。
映画館で Live という経験自体,まったくはじめてで,面白い体験をさせてもらったと思います。ましてや,400席程度しかない,なかなかレアな,かつ,バースデーという日の公演で。普段,メモコンでもなかなか聴けない曲たちを数多く聴けて,コアなファンほど喜べる内容だったと思います。15周年ということで,ベスト的な展開でもいいんでしょうけども,こういった,小規模でコアな曲たちばかりというのも,またおもしろい試みでした。近年では,ほとんど 8月20日のメモコン 1本なんですけども,たまたま,お誘いの機会に恵まれたことに感謝して,きょうは,このへんにしたいと思います。今年のメモコンは・・・どこになるのかねえ。




keyword:川嶋あい
keyword:ユナイテッド・シネマ 豊洲

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。