My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(873/58) 藤原さくら 野外音楽会 2018

2018/07/15
藤原さくら
藤原さくら 野外音楽会 2018
日比谷野外大音楽堂/収録公演


座席 : Bブロック 6列-33番 (全席指定+後方・スタンディング)
開演 17:40 → 終演 19:57 (公演時間 : 2時間00分) ※ 第1部 と 第2部 の休憩時間 17分を含まない


【Set List - セットリスト】

< 第1部 > [ 17:40 Start → 18:23(.30) End ] (43分30秒)

(Opening S.E. - Opening Jam)

M01. Dance
M02. Walking on the clouds
M03. Sunny Day

(MC-1)

M04. I wanna go out
M05. maybe maybe
M06. How do I look?

(MC-2)

M07. 赤
M08. Just one girl
M09. グルグル

< 第2部 > [ 18:40(.30) Start → 19:57 End ] (1時間16分30秒,Encore 待ち 3分を含む)

(MC-3)

M10. Soup (Acoustic ver.) (藤原さくら,mabanua/Dr.)

(MC-4)

M11. 1995 (Acoustic ver.) (藤原さくら,mabanua,Shingo Suzuki/Ba.)

(MC-5)

M12. Ellie (Acoustic ver.) (藤原さくら,mabanua,Shingo Suzuki,Meg/Cho.)

(MC-6)

M13. BABY (Acoustic ver.) (藤原さくら,mabanua,Shingo Suzuki,Meg,村中慧慈/Gt.,別所和洋/Key.)

(MC-7)

M14. Someday (feat. ポンキッキーズ,w/春風亭昇々,Pちゃん)

(MC-8)

M15. NEW DAY (新曲; 2018/9/19 Release 3rd E.P. "red" 収録予定)
M16. We are You are
M17. 「かわいい」

(MC-9)

M18. お月さま


~ Encore ~

(MC-10)

M19(En-01). The Moon

(MC-11)

M20(En-02). bye bye (バンド紹介)

(参考記録) 気象概況 - 東京都 東京 (千代田区 北の丸公園 東京地方気象台)
日付 : 2018/7/15
日降水量 : -.- mm
1時間・最大降水量 [時分] : -.- mm [--:--]
平均気温 : 29.7℃
最高気温 [時分] : 34.5℃ [14:01] (最も暑い時期を上回る)
最低気温 [時分] : 26.3℃ [05:03] (最も暑い時期を上回る)
10分ごとの値




【Comment - コメント】

※ バンドメンバー:mabanua (Dr.),Shingo Suzuki (Ba.),Meg (Cho.),村中慧慈 (Gt.),別所和洋 (Key.)

藤原さくら 野外音楽会」
他意はありません。ストレートすぎるほどにストレートな,正真正銘の「音楽会」でした。藤原のさくちゃん (もう以下「さくらちゃん」で) にとって,あこがれの野音の舞台は,最高のバンドの奏でと雰囲気,そしてなにより,晴れ女の本領を,これでもかと発揮するばかりの青空のもと,さくらちゃんのやりたいことを,やりたいように実現していた,実に楽しげな 2時間でした。
この時期の野外 Live といえば,梅雨末期の雨やら台風やら,心配事に尽きることはないんですが・・・なんとまあ,今年は,6月29日に梅雨明け (したとみられる) の発表があり,ひと足早い「真夏の野音」となりました。晴れ女が過ぎたるゆえか,むしろ「気温 36℃,筋肉モリモリ,マッチョマンの猛暑将軍」まで呼び込んでしまったようで・・・とにかく暑くて,私自身や観客はもとより,さくらちゃんとバンドメンバーの体調さえも気遣われましたが,幸いにして,最後まで無事に終わってくれました。今にしてみれば,暑さよりも,雨 (とりわけ雷雨) じゃなくて助かった・・・という安堵感のほうがあるくらいです。
開場前のアナウンスで,はじめて知ることとなったんですが,きょうの野外音楽会,2部構成になっていました (一応,前日に知らされていたみたいですね)。途中に小休憩こそ挟むものの,「よく晴れて,気温が高いですので,水分を補給して・・・」というアナウンスが入るほどの,念の入れようです。この暑さだ,体調に配慮した 2部構成・・・とも思ったんですけども,単に「休む」以上に,嬉しい仕掛けがあったんですが,それはのちほど。
最新譜 "green" のごとく,清涼感をもたせるような緑に彩られたステージに,バンドメンバーが入場して,まずは,さくらちゃんを迎え入れる S.E. を。これ,"Opening Jam" っていう名前らしいですね*1。ちゃんと名前がついているとは,ぜんぜん知りませんでした。"Dance" を終えてひとこと,「こんにちはー!藤原さくらでーす!よろしくー!」と挨拶し,"Walking on the clouds","Sunny Day" と,さくらちゃんらしく,ゆったりとした軽めのテンポで,客席を暖めるナンバー・・・と言いたいところ,ときに 6時前,まだまだ日も落ちぬ中,とにかく暑い。この暑さにあっては,むしろ,すべての曲が「癒やし」といってもいいかもしれません*2
3曲を終えたところで,思わず「暑いね・・・」とつぶやくさくらちゃんでしたが,夢だった野音のステージ,しかも,ひさびさのワンマンということで,新旧の曲を,幅広くやります。休憩もあるので,休み休み,楽しんでいってくださいといった挨拶を経て,"good morning" から "I wanna go out","maybe maybe","How do I look?" を,曲順通りに,3曲連続で披露してくれました。個人的には,何かコンセプトでもあるんかな?と思わせるような,ちょっと意外な展開だったと思いました。
"How do I look?" を終えたところで,「楽しい!えっ?もう,ぜんぜん暑くないよね?」「よかったー!中止にしないで!」というさくらちゃん・・・いやいやいやいや,十分に暑いよ (と,手元の「タニタ熱中症計」をみると,WBGT は 28.3.まだ「厳重警戒」レベルでっせ) と言いたいのもそこそこに,こんな,セミが鳴いている日に,コンビニに行って,ハーゲンダッツでもねだるような夏の曲「赤」を。さらに,まさかやると思ってなかった "Just one girl" で,美しい照明と奏でが野音に響いたところで,最新譜から 1曲,「グルグル」を歌いました。
いわゆる「第1部」は,ここで終わりなんですが,さくらちゃんのスモーキー・ヴォーカルはもとより,セミの鳴き声よし,Meg さん,他メンバーのコーラスよし,実にゆったりとしたテンポで,野音のロケーションとも相まって,最高の音楽だったと思いました。まあ・・・暑いのだけは別として←
「グルグル」を終えたところで,さくらちゃん「ありがとうございました。休憩~~~!」といって,バンドメンバーともども,舞台袖にハケていきましたが・・・肝心の「いつまで休憩なのか」がわからないまま,ポンと取り残された観客。green をモチーフにした写真撮影のスポットへ向かう人,物販に行く人,トイレに行く人,いろいろですが・・・いま書いてて思ったのが,写真撮影のスポットくらい行っとけばよかったな・・・って。あまりの暑さに,そこまで頭が回りませんでした←
休憩宣言から,17分くらいしたでしょうか,休憩明けも突然に,おもむろに,さくらちゃんがステージに戻ってきて,「第2部」のはじまりです。ここからは,アコースティック編成で,まずは,ステージの人工芝のようなシャツで登場した mabanua と 2人でお届けするんですが・・・さくらちゃんが「メンバーも,前半が終わったときに汗だくになってて,全身が汗まみれで,みんな,なんか,乳首出してた」「見つけちゃって・・・こう・・・不愉快な」・・・おいおいおいおい,人が,ペットボトルを開けて茶を口に含んだタイミングで,突然「乳首」なんてパワーワード出すんじゃないよ,危ねえじゃねえかよ (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ 収録カメラも入りまくりの中で,そんなことを,サラッと言ってしまうさくらちゃんがいい。
で,冒頭述べたように,わざわざ「2部構成」にするほどの何かがあるのかと思っていたんですが,次のセトリというか編成をみれば,明らかに,第1部とは違う雰囲気を醸し出してくれています。

ご覧の通り,ひとくちに "Acoustic ver." といっても,バンドメンバーを 1人ずつ (最後は 2人) 呼び込んでいって,少しずつ,賑やかな音を創り上げていくのでした。シンゴさんはウッドベースでしたし,さくらちゃん自身も,2本のウクレレを交互に弾くなど,「音楽会」の言葉にふさわしい奏での数々でした。とりわけ "BABY" で,さくらちゃんとバンドメンバーが近くに身を寄せ合い,"BABY BABY BABY" と歌う光景は,都会も都心のオアシスとしておくだけでは,あまりにもったいない,むしろ,山奥のフェスで観るにふさわしいあたたかさと,アットホームな感じにあふれていました。ちょうど,私の実家のすぐそこで「大宴会in南会津」っていうフェスがあるんですけど,まさに,そういったロケーションで観るのが,至上の贅沢というか,そんなことを感じながら観ていました (紹介しておきながらなんですが,とんでもない山奥ゆえ,出てくれるかはさて置いて・・・このメンバーが来るなんていったら,えらい騒ぎだ)。
かくして,音楽会ならではの雰囲気も高まってきたところで,"Someday" にいくのかと思いきや,ほかの誰よりも大きな声で (事前に「大声を出すといった行為はご遠慮ください」というアナウンスまで入ってたのに)「さくらちゃ~~~ん!!!」とステージに入ってきたのは,ポンキッキーズの「しょうしょう」(春風亭昇々),そして,Pちゃんじゃありませんか。しょうしょう,さくら,Pちゃんの 2名+1体で,ポンキッキーズ時代の自己紹介をしたり,番組そのものが終わってしまい,リストラされた気分だということで,野音で「裏ポンキッキーズ」でもやろうという流れで,まさかの「feat. ポンキッキーズ」の形で届けることに。しょうしょうには,(アンコールにお応えして・・・の声に) いやいや,もう帰ってくださいとか,ポンキッキーズの反応が薄いかもしれないので,強い気持ちをもって出てきてくださいとか,Pちゃんには,今クールのオススメのアニメを教えてもらったりとか,ポンキッキーズのおねいさんとして,すっかりリラックスしたやりとりも面白かったです。それにしても,Pちゃんのナカノヒト・・・はじめて,Pちゃんの「実物」を見たんですが,この暑い中,けなげにピーピーいって動き回って (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ しかも,しょうしょうはしょうしょうで,Pちゃんに向かって「Pちゃん帰ろう,暑いからビール飲もう」て (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ
その後,もうひとつのサプライズとして,9/16 Release の E.P. "red" ("green" との 2部作らしいです) から "NEW DAY" を披露してくれました。気がつけば,このころには日も暮れて,"red" の照明が実に美しく,野音を照らしてましたね。そのまま,"We are You are",「かわいい」の 2曲を軽快に届けたところで,「また,会えるようにがんばりますので・・・とりあえず,ありがとうございました」といって,本編の最後に届けたのは「お月さま」。おお,"The Moon" じゃないのかと思いましたけども,それはそれで,Encore のときにやりましたけどね。てか,「とりあえず」がんばりますて・・・いっ,いや,いいんだよ,そのナチュラルさこそ,さくらちゃんらしいじゃないか,ということで←
Encore では,イエローの Tシャツの宣伝をしたら,もうすでに完売してたり,"red" の予約よろしくなどの話を。green,red とリリースして,秋の Tour のタイトルが "yellow" なのは・・・なぜなんでしょうかね? それはさておき,"The Moon" は,ミラーボールの白い光がひときわ美しく,私見では,"BABY" のフェス感と並ぶハイライトのひとつでした。最後は,文字通りの,しかし名残惜しくもある雰囲気の "bye bye" でもって,一夜限りのステージともお別れとなりました。
きょうの「音楽会」のステージ上で,さくらちゃんの口から,何度「楽しい!」という言葉を聞いたかわかりません。そのくらい,悲願というより,純粋に楽しみにしていたんでしょうし,バンドやコーラスの奏でからも,これぞ「音楽会」という楽しさが,存分に伝わってくる時間でした。これから,フェスで見かける機会も多くなると思いますけども,きょうの「音楽会」は,本当にここだけでしか堪能できない,実に貴重な機会でした。なにより,さくらちゃん自身の,素直で飾らないナチュラルなキャラが,これでもかとよく現れていて,真夏のマッチョな猛暑将軍にやられっぱなしだった私にとって,ひとときの「癒し」となってくれました。ときに,字面にしてみると「えっ?!」って思われかねないような発言もまた,彼女ならではの,つかみどころがない,どこか憎めない魔法にかかれば,たぶん大丈夫なのでしょう。いや,ヘンに気を遣わないのがいいんですよ。
私自身,次の Live に行けるとすれば,秋の Tour の戸田なんでしょうけど (中野はあいにく,すでに別件が)・・・日程と券の都合さえつけば,社交辞令など一切抜きで,本気で「行けるならば行きたい」と思っているところです。




keyword:藤原さくら
keyword:日比谷野外大音楽堂

*1:藤原さくら 夢だった日比谷野音での初ライブで9月19日の3rd EPリリースを発表

*2:開演 17:40 時点の気温 30.2 [℃],湿度 72 [%].北の丸公園 (皇居のすぐそこ) が露場ですので,旧・観測所の「東京・大手町」(野音のすぐそこ) では,もう少し高いでしょうね。

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。