My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(863/48) 瀧川ありさ×カノエラナ

2018/06/17
カノエラナ/瀧川ありさ (出演順)
瀧川ありさ×カノエラナ
Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE


座席 : 1階-D列-7番 (全席指定)
開演 17:31(.30) → 終演 19:24 (公演時間 : 1時間42分30秒) ※ 転換待ち 10分を含まない


【Set List - セットリスト】

< 1st Stage - カノエラナ >

[ Start 17:31(.30) - End 18:24 ] (52分30秒)

M01(M1-01). カノエラナです。(Short ver.)
M02(M1-02). 恋する地縛霊

(MC-1)

M03(M1-03). 猫の逆襲
M04(M1-04). 大事にしてもらえよ
M05(M1-05). 恋とか愛とかそーいうの

(MC-2)

M06(M1-06). 沼に落ちて
M07(M1-07). ああ友よ
M08(M1-08). サンビョウカン

(MC-3)

M09(M1-09). エスカレーターエレベーター
M10(M1-10). ヒトミシリ


< 2nd Stage - 瀧川ありさ

[ Start 18:34 - End 19:24 ] (50分)

M11(M2-01). 夏の花

(MC-1)

M12(M2-02). only one
M13(M2-03). 日々モノクローム
M14(M2-04). さよならのゆくえ

(MC-2)

M15(M2-05). プラネタリウム
M16(M2-06). 色褪せない瞳

(MC-3)

M17(M2-07). Season
M18(M2-08). 赤いスニーカー

(MC-4)

M19(M2-09). 東京

(Encore・なし)




【Comment - コメント】

瀧川ありさ×カノエラナ」,これだけ,ふたりのカラーが違うツーマンも,珍しいような気もします。そして「瀧川ありさ×カノエラナ」,こう書くと,ふたりのコラボなり,化学反応なり,そうしたものを期待させる節もあったんですけども・・・いたってスタンダードな,弾き語り式ツーマンでしたね。瀧川パイセンは,もう 3回くらい観てるんですけども,カノエ・・・さて,なんて呼んだらいいんでしょうかね?たしか,カノエパークの「まえがみななめ」の歌詞に,「カノエくんと呼んでね カノエのラナです」って歌われてることですし,「カノエくん」でいいんでしょうかね?そもそも,瀧川パイセンも,なんで「パイセン」って (勝手に) 呼んでるかといえば,NHK瀧川剛史アナウンサーのニックネームが「パイセン」だから・・・なんちゅークラスター的理由←
話がそれましたが,カノエくんのほうは,フェスも対バンも含めて,まったくのはじめて。前々から,面白そうな感じのコだなあと思ってはいて,思ってはいて・・・1年半も経って,ようやく,足を運べることになりました。このツーマンが決まったとき,何の迷いもなく行こうと思ってたんですけども,奇しくも,ふたりともワンマン Live を控えておきながら,ふたりとも (別件かぶりで) 行かれないことが発覚・・・もちろん,行けるに越したことはないんですが,そんな事情もあって,タイミング的にも,ちょうどいい機会となりました。カノエくんについては,前日の「やついフェスティバル」という手もありましたけど・・・
で,この手の定番として,入口で「お目当てをお伺いしております」というシステム,あれ,「どっちも」「全部」っていう選択肢,できませんかね?私は,さんざん入口で迷ったあげく,「どっちか選ばないといけないんですよねえ?」と,おねいさんにこぼしたところで,はじめての「カノエラナ」に入れさせていただきました。実際,お目当てが 50:50 だから,本当に困る・・・半券の数を見るに,パイセンもカノエくんもほぼ半々,本当は両方なんだけど,迷って入れたか,あるいは,本当にお目当てが割れたか・・・ただ,明確に,どっちか一方だけがお目当てという人は,少なかったような感じがしました。だいたい,シーン全体をみている人が多いんでしょうかね。単に,弾き語りの客席ゆえに,気がつきにくかっただけかもしれませんけど・・・

(1st Stage - カノエラナ)
何かのレポートで,特攻服で登壇してたのを読んだ覚えがあるんですけども,さすがにそれはない・・・とはいえ,それなりに派手な衣装と,キンキンのショート金髪で登壇して,「カノエラナです。」(Short ver.),「恋する地縛霊」の定番から,はじめましてのあいさつへ。「『カノエ』までが名字で,『ラナ』が名前です。よろしくお願いします」という自己紹介も,たしかに,どこで区切るのかわからないような・・・そして「あっ,椅子がある」という軽い驚きともに,「下半身は動かせないと思うので,上半身だけでも動かしてもらって・・・」スタンディングっていう手はないん?とも思いつつ,変わった盛り上げかたを試みるコだなあって思いながら入りました。
きょうは,やついフェス以上に尺が長い (各自・50分) だけあって,30分の尺では,なかなかやらないような「大事にしてもらえよ」「恋とか愛とかそーいうの」といったバラードを含めて,はじめましての私にとっても,十分にカノエワールドを見せてくれてよかったです。ちなみに私,音源に加えて「カノエパーク」(30秒・弾き語りシリーズ) もひと通り観てきて,カノエくんの真の面白さは,この「自由な弾き語り」にこそあるんじゃなかろうかって,勝手に思いながら来たんですけども,きょうのステージをみる限り,それなりに当たってるような気がしました。「猫の逆襲」なんて,スタンディングでやれば,なおのこと盛り上がるでしょうしね。
MC でのぞかせる佐賀弁 (唐津ことば?) も,ヘンに東京に染まってない感じがして,めちゃくちゃかわいい。寝癖がひどくて,マネージャーに髪の毛を引っ張られたそうなんですけども,なんでも,パイセンとのツーマンが楽しみで眠れなかったらしく,朝の 4時まで起きてたらしいです。「どうぶつの森」やってて。それ・・・ツーマンが楽しみなのか,どうぶつの森で夜更かししたのか・・・はさておき,そのパイセンに,「明日はよろしくお願いします」という DM (Twitter のダイレクトメッセージのことだと思われます) を送ったところ,朝になって,「今日はよろしくお願いします。晴れましたね」という返事がきて,滝汗をかいたというエピソードも。「ヒトミシリ」という曲を出すほど人見知りで,楽屋でも,いつも,隅っこのほうでゲームをやってるというカノエくん,はたして,きょうはどうだったのか・・・同じ人見知りとして,けっこう気になるところではあります。ちなみに,きょうが父の日であったことも,どうぶつの森の住人から教えてもらい,お父さんに LINE したところ,「今週は,お前のツイキャスを楽しみに生きようと思います。で,なんで,ツイキャスをサッカー (日本戦) の日にしたん?」というお返事が。ハーフタイムの合間に,速攻で風呂に入るような,ガチ勢のお父さんにとっては痛い失点・・・??
全国弾き語り Tour,会場限定 CD の「ぼっち。2」の宣伝もしたところで,さっそく,新曲の「ああ友よ」もやってくれました。東京は 9月2日の eggman,だいぶ,CD を手にするのも先になるような話もありましたけど・・・行かれなくても,CD だけでも買いに行こうかなあ。最後は,まさかの「エスカレーターエレベーター」で盛り上げて,「ヒトミシリ」の「3回回って\ワン/と鳴け」で終わりました。
全体的なセトリは,はじめて行く人にとっては,なかなか難しかったような気がします。それでもなお,けっこう無難なほうで,本当は,まだまだ面白くて,やんちゃで危なっかしい,魅力的な弾き語りの世界が,たくさん埋もれていると思うんですけども・・・それはまた,ワンマンの話で,といった感じでしょうか。フェスや対バンで終わるのがもったいない,遅きに失しつつも,今後もみていこうと思わせるステージでした。といいつつ,いきなり,ワンマン行かれないってのが惜しいなあ・・・まさかの 9月2日て・・・

(2nd Stage - 瀧川ありさ)
カノエくんから 10分ほどして,赤の衣装で登壇,あいかわらず美人すぎる・・・スッと足を組んで,しっとり「夏の花」からはじまりました。実は,弾き語りは (インストアで 1回観たくらいで) はじめてなもので,バンドとはまた違った,ことによると ( ˘ω˘)スヤァ してしまいそうなまったり感が。椅子もありますしね。「日々モノクローム」が,その雰囲気にぴったりだったり,「さよならのゆくえ」が,こんな静かに聴けるのも,弾き語りならではです (たぶん)。
プラネタリウム」や「色褪せない瞳」といった,弾き語りの雰囲気たっぷりの曲を続けた後の MC では,パイセンの雨音へのこだわりが。ビニール傘の雨音がいいらしいです。そんな (梅雨時に限らない) 季節を感じる "Season" から,「赤いスニーカー」で,パッとステージが華やいだところで,最後は「東京」で締めくくるんですが・・・東京出身のシンガーソングライターが「東京」について歌うばかりか,「東京」をコンセプトとした作品を出すというのも,なかなか面白いと感じました。すべてのシンガーソングライターが,避けては通れないんじゃなかろうかとさえ思える,「東京」をテーマにした曲。もう,何人のミュージシャンの「東京」を聴いてきたかわかりませんが,東京のど真ん中で育って,高校時代も渋谷しかないんだけれど,ギャルでもないし (当時たしか,そういう文化だった気が),いまいち溶け込めなかったというパイセンの東京の世界観はまた,今までにない「地元・東京」への思いを感じました。といっても,新曲ではじめて聴いたばっかりですので,まだまだこれからですけども・・・で,せっかくですから,佐賀は唐津出身のカノエくんも,佐賀からやってきた「トーキョー」をやれば,なおよかったのに・・・とも思いました。パイセンが「東京」をやったからこその所感で,ちょっこし,後付けっぽく思ったところですけども。
ふたりの共通点として,「乳飲料が好き」という話もありました。たしかに,カノエくんのステージドリンク,水の隣に,どっからどうみても,マウントレーニア・・・っぽい,カフェオレらしきものが。レコーディングでも「おいしい牛乳」を置くというパイセンも,乳飲料を置こうかと思ってたらしいんですけども,決まって「何飲んでるの?」と聞かれるので,あえて,水にしたとのことですが,こういうときに「クリア・ラテ」というものが・・・しかし,乳飲料をステージドリンクにする人を,はじめて見たというパイセン,私も,ヴォーカルでは見たことがありませんでした。バンホーテンさやこ (ねごと,Dr./Cho.) は別格として。
そんなふたりが,最後に出てきて,Encore 的な何かをやるかと思っていたんですが・・・何事もなく,あっさり終わりましたね (もちろん,それはそれでいいです)。後ろで観ていた方の情報によれば,カノエくんも,衣装を着替えて (パイセンのステージを) 後ろで観ていたそうで,あんまり,ふたりで何かやりそうな雰囲気じゃなかったみたい・・・と聞きました。「お試し枠」というには怒られてしまいそうな,十分な満足感であった一方,ことに,カノエくんに関しては,このまま,フェスや対バンで終わらすのはもったいない,ぜひ一度,ワンマンへの思いを新たにした一夜でもありました。

―――ところで,一般販売・初日,1時間も寝坊してから,セブンの券売機に向かったものの・・・まさかの,1階・4列目でした。こんな近くで,パイセンを拝めるとは (しかも,前の席が空席!),なんとありがたや。で,当日行ってみると・・・なんと,1階・7列目まで (130人くらい) しかっていないじゃありませんか!いや,(キャパも 250 くらいの) PLEASURE PLEASURE だし,わりとすぐなくなるかなー・・・って思っていただけに・・・1時間以上も経って 4列目といい,うーん,衝撃でした。たしかに,ふたりのカラーは違うと思うんですけども,そんなに,人を呼びにくいブッキングだったでしょうか・・・??それとも,「お目当て?両方です」としか言いようがないくらい,どっちもお目当てになる人のほうが珍しい・・・とか??




keyword:カノエラナ
keyword:瀧川ありさ
keyword:Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。