My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントを添えることもあります)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(855/40) SCANDAL TOUR 2018 “HONEY” (東京公演/DAY 1)

2018/05/11
SCANDAL
SCANDAL TOUR 2018 “HONEY
中野サンプラザ/第19公演


座席 : 1階-22列-44番 (全席指定)
開演 19:09(.30) → 終演 21:12 (公演時間 : 2時間02分30秒)


【Set List - セットリスト】

(Opening Movie)

M01. プラットホームシンドローム
M02. OVER
M03. SCANDAL BABY

(MC-1)

M04. Oh! No! (Vo. MAMI)
M05. 缶ビール (Vo. TOMOMI)
M06. ショートショート
M07. 窓を開けたら
M08. Departure

(MC-2)

M09. ふたり
M10. ミッドナイトシティ (Vo. RINA / HARUNA)
M11. エレクトリックガール
M12. EVERYBODY SAY YEAH

(MC-3)

M13. スペースレンジャー
M14. 瞬間センチメンタル
M15. Flashback No.5
M16. テイクミーアウト
M17. 恋するユニバース


~ Encore ~

(MC-4)

M18(En-01). Sisters
M19(En-02). LOVE SURVIVE

(Ending) ※ S.E. : プラットホームシンドローム




【Comment - コメント】

三郷市文化会館 (2018/3/3) もあります。自分で書いておきながら,2ヶ月経って,どんなん書きましたかねえ・・・って,だいたい「質問コーナー」しかなかった___
しかし,それでも,きょうのメモ書きよりは (それなりに覚えているという意味で) マシな気もします←

三郷以来の SCA. ちゃん,中野の陣を翌日に控えた 5月10日.安室にはじまり,フラフラで終えた「勝手大型連休」を終えて,7.6日ぶりくらいに出勤した私,出勤早々,とてつもない怒りに打ち震えることになりました。
・・・ん?なんだ?この (明日の) 予定は?

「明日・5月11日,あさイチにて,客先に直行されたし」(← 勝手に,予定が突っ込まれてる)

・・・バカ野郎!俺はこの日,SCA. ちゃんの Live があんだよ!こんな DANJiRi デーに,あろうことか「スーツなんか着て」「革靴なんか履いて」客先なんぞ行っちょる場合か?あぁん?なんで勝手に,この日にしやがったんだよ?殺るか?
それはそれは,「殺るか?」とまでは言わずとも,「あぁ,この日は,仕事終わりに SCANDAL の Live があるんで,スーツ着て,革靴履くような仕事なんてできませんね,断固拒否します」・・・と,真顔で,上長に言い出しかねないほどの殺伐感でした。まあ,しょせんは「業務命令により却下」なんですがね。しかし,高々「都内」ですら,この殺伐ぶり,前日に「遠隔出張」なんぞ命ぜられる人もいるでしょうに・・・ご愁傷様でございます。そもそも私,現場があろうとなかろうと「スーツを着なくて済む仕事」を選んだはずなんですがねえ。最近,無駄に着る機会が多い・・・(ヽ´ω`)
で,ひさびさの出勤直後に,こんな仕打ちをかまされた日には,その場で,抗議の「ボイコット年休」を叩きつける手も,なくはなかったんですが・・・まあ私も,よっぽど嫌われてるんでしょうな。まあ,それはそれで (私も「死ぬほど」嫌いなんで) いいんですけども。さて・・・どうするか。「客先モード」の風体で「現場モード」を持ち歩こうにも,どのみち,いったん大宮まで戻されるし (だいたいなんだよ,「1日に都内・2往復」って),そもそも,上長帯同で大物の客先訪問,雰囲気的に,余計な物件も持ち歩きにくいし (「あぁ?それは何だ?」とかいう詰問がきっとくる)・・・いっそ,在所のロッカーにでも隠しながら持ち歩くか?ない知恵絞って,いろいろ考えましたよ。そもそも当日,電車が 20分遅れて遅刻して・・・それどころではなかったというオチで,全部潰えましたが。
で,結局行き着いたのが,あさイチ・・・さっさと終わって,家に帰って,着替えてくりゃあいいじゃない (注:家と職場,片道で 40分くらいかかります)
どうせいったん,大宮に戻されるんだったら,そのまま,勢い家まで戻って,「客先モード」から「現場モード」にスイッチすりゃあいいんだ。勤務?「移動+休憩時間」というものがあるじゃないか。
客先のことなんかそっちのけで,この始末・・・われながら,つくづく,会社というか,組織そのものに向いてないものだと思うことしきりでもありますが,そんなことで四苦八苦してでも,SCA. ちゃんの現場は,絶対に「スーツに革靴」なんかで足を踏み入れるわけにはいかんのですよ。それこそ,Yシャツとて許されないくらい。これまでの展開から,百歩譲って妥協・・・できるものでもないですし。個人的に,SCA. ちゃんの現場は,Tシャツにデニム,それに,ソールが厚くて「跳躍にやさしい」ランニングシューズ,この一択しかありえません。「騒ぎましょう」が合言葉の SCA. ちゃんに応えるためには,毎度,全力で騒がねばならぬのです・・・というか,そうしたくなくても,後先考えずに,そうなることはわかってますのでね。なんせ,あの激しい音が鳴り出せば,否が応でも「勝手に身体が動く」んですから。
―――ということで,長々と誰得行動記録,謎にエモい感じで熱弁してしまいましたが (しかし本当,働くことそのものに向いてねえよなあ)・・・あの手この手で着替えてくることすら,必ず報われる,最強の DANJiRi 祭りでした。これぞ,王道 SCANDAL.しかし,そこまでして行くなんて,なんと頭のおかしい・・・とお思いのそこのあなた,実際に行ってみるとわかりますよ。本当に DANJiRi 祭り・・・さすがに,ダイバーが出るとか,そういうレベルではないですけども,極力,スーツに革靴は避けたいというか,可能な限り,ロックキッズな装備で臨みたいものです。別に SCA. ちゃんに限りませんけども。いや・・・せっかく「騒ぎましょう」と言ってくれてるし,メンバーもまた,騒がせる気満々でいるというのに,堅苦しい服装が邪魔をして,いまいち楽しめない・・・なんて,率直にもったいないですし,なんか,気分的にも嫌じゃないですか。そうは言ってもねえ,世の中,仕事第一の価値観なんだよ・・・という気持ちもわからんではないですけども,しかしそれでも,できる限り,ラフに楽しめるだけの服装で臨むチャレンジを試みることも,考えてみてもいいのではないでしょうか。まったく大人げない,およそ,36歳の精神年齢とは思えない話ですけども← それにしても,「スーツに革靴」がデフォルトの人,仕事上がりの Live とか,どうしてるんだろ。だいたいは,いけちゃうのかもしれないけれど,派手なロックとかさ・・・「スーツに革靴」なる装備自体,年に数回しかない私からすれば,ようわからん世界なもので←
そんなわけで,金曜・夜の中野,スーツに革靴の仕事人も,たくさんいましたけども・・・セトリを振り返るに,およそ手加減なし,好き好んで,スーツに革靴で来るような現場でないことは明白です。騒ぎようによっては,はじめの 3曲で後悔することになるかもしれません。というか,曲々の演奏を振り返ろうにも,我が身がどうなっていたかも覚えてないくらい,さっぱりわかりません。ステージ上に,ドラムセットも一直線に配して,かつ,ドラムセット自体を「かさ上げ」して,RINA (Dr./Vo.) 自身も他メンバーと同じ目線から見えるようにするなど,SCANDAL は,全員が全面に出るバンドであることを,あらためて感じさせたり,M04 から M08,それと M10 で,各メンバーのソロパートやコーラスが光っていたり,"SCANDAL BABY" とか「スペースレンジャー」とか,黎明期の曲たちで,メンバー同士,いつものじゃれ合いをみせていたり・・・くらいまでは覚えてるような・・・で,いや,もうちょっと書こうと思いつつ観てたんですが,その後,騒ぎすぎて,ことごとく飛んでしまった・・・
って,こんなん,書く意味ないやんとも思うんですけども,私としては,そのくらいまでやって,ようやく「現場に生きた証」を残せるような気がしてならないのです。それこそが SCANDAL の Live であり,終わったあとの,明らかに「嫌じゃない疲労感」こそが,なによりの証だと思ってます。うん・・・現場に行っておきながら,後日,各所のレポートで振り返らないと思い出せないとか,完全に,頭のおかしい人になってますけどね←
ちなみに,初日のメモ書きも読み返してみてるんですが・・・ショボいながらに,われながら,ちょいちょい書いててびっくりしました。"HONEY" といいつつ,ぜんぜん "HONEY" な Live じゃねえよとか,うっかり,ダブって書いてしまうところでした (すでにダブってる)。あえて言えば,"HONEY" の曲たちのほとんどが,RINA の作詞であるからか,これまでの作品よりも,ちょっぴり "HONEY" な世界観が広がっているような気もしました・・・が,いかんせん,Live そのものが "ULTRA HOT" なもんで。そのギャップが,また面白いです。
とはいえ,初日もやっぱり,M04 から M08 くらいしか,覚えてるところもなさそうな感じですけども・・・(アセアセ 正直なところ,このセクション以外は,だいたい常に,動いて騒いで,なんかやってるんですよねえ・・・ねごと の提供曲 (M07 / 窓を開けたら) のことまで触れてました。という ねごと のメンバーも,きょう,観戦に来てたみたいですね。
―――あかん,演奏がどうとか,ぜんぜん思い出せん (いつものことですが)・・・こうなったら,やっぱり,これを出すしかありません。残っててよかった「SCANDAL MANIA presents 全国縦断!! この際ハッキリさせたい SCANDAL の あんなこと こんなこと!!」・・・初日の 1問目で,もう打ち切られるんじゃなかろうかと,若干心配もしていましたが・・・19本目まで,順調に進んでいるようで。この質問を,いちいち全部書いてる人は,そうそういないであろうという,謎の差別化←

(質問1) 大切な人から,「バンドやめて」と言われたらどうする?
(質問2) 「恋するユニバース」で,まみちゃんとともちゃんのキスシーンがありますが,裏話とかあれば教えてください
(質問3) もし将来,自分の子供が歌手になりたいといったら,やらせたいですか?
(質問4) 今回のツアーを,ホールにした理由は?
(質問5) 「Flashback No.5」が,ライブでも凄くノれる曲で大好きですが,タイトルの「No.5」の意味や由来があったら知りたいです
(質問6) メンバーに対する "推し" について,どう思う?
(質問7) てぃもは,インスタやらないんですか?
※ メンバーの答えの途中で,スタッフが ○×ブザーに手裏剣やら,効果音を流します。

質問1 では,TOMOMI (Ba./Vo.) が,「大切な人」が「彼氏」や「恋人」だったら,そもそも,そんな人とは付き合わない。そんなん「大切な人」じゃない!と,泣かせるような名言が。
質問2 では,MAMI (Gt./Vo.) こそ,特に裏話はないんだけど・・・と言いつつ,TOMOMI が「(質問してくれた人) にだけ,特別に教えてあげる。実は・・・ふたり,付き合ってんねん」と,会場の 2,000人に,はっきり聞こえるマイクで教えてくれました。もちろん,リップサービスです。「SNS 禁止で」なーんて言ってましたが・・・誰も読まない blog だから大丈夫だ,問題ない。
質問3 では,RINA が「ソロシンガーだったら,やっていいよって言う。バンドは絶対ダメ!」と,とにかく「バンドはダメ」であることを強調してました。「女の子だったら,自分たちの曲とか Live 映像を全部観せて,それでも,どうしてもって言うんだったら・・・」って言うんですけども,どうも,バンドとして辛い部分が気にかかるようで。「一番元気な人が,一番闇を抱えてる」とか,「きのう (きょう?) も,朝の 5時まで歌詞書いてた」とか・・・数多のバンドの中でも,SCA. ちゃんは,トップクラスの雰囲気のよさをもったバンドだと信じてはいるんですけども・・・バンドって大変なんだ。ソロもソロで,いろいろありそうですけどもね。HARUNA (Vo./Gt.) は,「私だったら『やれるとこまでやってみな』って言うかな。で,『ウチらを超えてみなよ』っても言う」なんて,サラッとカッコいいことを言ってみたり,MAMI はストレートに「『やれば』って言う。まあ・・・捕まるようなことさえしなけりゃいいよ」と。こんな受け応えにも,メンバーの個性が光るものです。
質問4 では,HARUNA としては,ホールもライヴハウスも,どっちも好きなんだけど,ライヴハウスSCANDAL が好きだって言ってくれるファンにも,ホールの,椅子があるところでの SCANDAL の Live も体験してほしいとのことでした。たしかに,RINA が言うように,子供連れでも来やすくなりますしね。「ライヴハウスも,ホールも,アリーナもやれるようなバンドでありたい」という RINA もまた,素晴らしいです。ちなみに,中野サンプラザでやるのは,5年半前の「SCANDAL 2012年秋 全国ホールツアー『Queens are trumps −切り札はクイーン−』」以来です。このとき来ていた人も少なくなく,6年 (5年半くらいですが) も,同じバンドを好きでいてくれるなんて・・・と,メンバーも感慨深げでした。ええ,私もいましたよ,2階の「天井席」に。
質問5 では,質問した人に,メンバーから,歌詞の一言一句まで意味を考える人だなと言われつつ,HARUNA が単刀直入に「No.5 自体に,特に意味はないんだけど」という (´つヮ⊂)ウォォ(´つヮ⊂)ウォォ ただ RINA からは,「香りといったら香水,香水といったら CHANELCHANEL といったら No.5・・・といった,連想ゲームでつけた」というフォロー (?) もありました。作曲と編曲に携わった玉井 (健二) さんが,CHANEL の 5番をとって,"CHANEL No.5" ってつけてみたものの,ぜんぜん CHANEL っぽくない曲になってしまいました。たしかに・・・CHANEL で,三半規管はどうもなりません,たぶん←
質問6 は・・・これ,初日にも,似たような質問がありましたね (Encore の手拍子について)。HARUNA は「言えばいいんじゃない?」って思う一方,そういう話で,ファン同士が Twitter で戦いすぎと,ファン同士の諍い (いさかい) に,釘を刺すことも忘れませんでした。SCA. ちゃんに限らず,ファン同士の,ある種の不毛な諍いほど,演者から見ていてしんどいものもないでしょうね。私自身,なんでこんなことで・・・と思うことも,多々あります。ある意味で「永遠のライト層」であり続けることに,誇りすら感じてしまうこともあります。MAMI にいたっては,「戦うのは自由だけど,戦いの場に,自分のアカウントは入れないでほしい」という・・・で,TOMOMI もまた,「ファンの子たちが『これから,打ち上げやりまーす』っていうのが,reply に延々と連なってて,なんか,私も誘われてる気分になる」なんて言ってましたけど・・・たぶん,Twitter の「仕様が悪い」せいです。私も,気をつけてはいるんですけども。その一方で,RINA の受け答えが素晴らしかったです。ざっと書くと「アイドルの文化と,バンドの文化は違うもので,バンドを強く意識する人は,SCANDAL は『アイドル』じゃないっていうのを主張したいんだと思う。でも,誰推しとかいう人も,バンドであることを大事にする人も,どっちも,SCANDAL を好きでいてくれることはわかる。アイドルは,バンドでいうところの『マルチプレイヤー』だと思ってて,歌って踊って,すごいと思う。『バンド』とか『アイドル』とか,そういうところでボーダーを作ってしまうことが,ダサいと思う」・・・だいたい,こんな感じだったと思うんですけども,実にエモーショナルに語っている姿といい,説得力あるなあ。SCA. ちゃんではないんですけど,サイサイのゆかるん (Key.) が「どんな形であれ,私たちのことを好きでいてくれるんだったら,それでいい」という・・・行き着くところは,そこだよなあ。これ,何で読んだんだっけ?
質問7・・・これ,最後に必ずといっていいほど,聞かれてるっぽいんですけども・・・TOMOMI 自身,「何回目?これ」「スタッフちゃうん」というほど聞かれてるそうで。マネージャーからも,インスタやれっていう圧がすごいし,(もう,他のメンバー 3人はやってるという声には)「バンドのオフィシャルで見れるやん」と必死にかわしたり。どうも,この Tour で,インスタを始めさせようとしてる空気を感じ取っているのか,Tour が始まって 2ヶ月,まだ考えてるけど・・・「先のことは・・・わかんない」と,体育座りで,甘い声で,かわしにかわしてました。
初日に行ったときは,3問しかなかった (1問目が最強すぎた) んですが・・・だんだん増えてるんでしょうか,7問もやるとは思いませんでした。
さて・・・質問コーナーはメモしていたものの,あとはもう,DANJiRi に DANJi っちゃって,覚えておりません!(素直すぎ) いやしくも「ライヴメモ」なのに,どこにも,演奏の記述がない・・・いったい,どうしたらいいのでしょう?明日も行ければ (券ないけど)・・・なーんて言ったところで,きっとまた,同じ敗戦の弁となるは必定。こうなったら・・・いっそもう,この身体を椅子にでもくくりつけて,終始,ステージを見せるようにでもしましょうかね?もっとも,「騒ぎましょう」が本懐である以上,演奏の記述はプロに任せて,我々は,やりたいように騒ぐというのが,一番いい楽しみかただとは思いますけどねえ・・・質問コーナーで,あれだけ,自分の子供に,バンドだけはやらせたくないって言ってた RINA も,Encore で Tour T に着替えている途中,「私,子ども産んだら,絶対,バンドやらせる!って思った」とまで言わしめるほどの Live のもつ魔力も,そう言ってますし,エンディングの「プラットホームシンドローム」(S.E.) が終わるまでが騒ぐ時間だと,会場の空気感も,そう言ってますよ。

―――明日 (DAY 2) は土曜日,「スーツに革靴」の心配は少ないでしょうか。




keyword:SCANDAL
keyword:中野サンプラザ

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。