My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントなども添えています)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(849/34) FLOWER FLOWER インコの have a nice day ツアー (東京/台場公演)

2018/04/16
FLOWER FLOWER
FLOWER FLOWER インコの have a nice day ツアー
Zepp Tokyo/第4公演


座席 : 1F立見 整理番号 A-136 (オール・スタンディング)
開演 19:06 → 終演 21:19 (公演時間 : 2時間13分)


【Set List - セットリスト】

M01. 命
M02. パワフル
M03. マネキン

(MC-0)

M04. コーヒー
M05. アイス
M06. とうめいなうた

(MC-1)

M07. 地図
M08. 神様
M09. あなたと太陽

(MC-2)

M10. 宝物
M11. スタートライン
M12. 月
M13. 踊り
M14. 時計
M15. バイバイ
M16. ひかり

(MC-3)

M17. 小さな窓


~ Encore ~

(MC-4)

M18(En-01). 素晴らしい世界
M19(En-02). CHE.R.RY (org. YUI)
M20(En-03). 産声
M21(En-04). 炎

(Ending) ※ S.E. : 日常




【Comment - コメント】

日比谷野外大音楽堂 (2018/4/1) もあります。よろしければ・・・って,なんか,野音との対比が多くなってるような気もしますけども・・・まあ,両方とも行っていれば,やっぱり,そうなるんでしょう。

フラフラ,ついに本格始動。
去年あたりから,各地のフェスや対バンにも,ちょいちょいと出てくるようになってはいたものの,結成 5年にして,実は,はじめての (ワンマン) Tour ということで・・・どれだけ,このときを待ち望んでいたことか。先の野音では,yui ちゃんが目の前でステージから降りる光景を目の当たりにできて,幸先がよすぎる本格始動だったところ,きょうの Zepp もまた,野音とは,ひと味もふた味も違う魅力を感じさせてくれて・・・こうなればもう,いま (首都圏近郊・日帰り限定で) 行けるところは,全部行きたいと思わせてくれるような一夜でした。実際,5月9日も行くんですけどね。で,ソロの ex. YUI 時代から,ずっとみていると,どうしても,yui ちゃん自身に目がいってしまうんですけども,今こそ,フラフラというバンド全体をみていかないともったいない・・・ある意味で,当然のことではあるんですけども,そんなことも再発見させてくれるバンドだと感じました。私自身が「女子班」(だいたい,女性ミュージシャンばっかり観てる&聴いてる) であるがゆえに,ガールズバンドでもない限り,どうしても,ヴォーカルに注目してしまうんですけども・・・もったいなあとは思いつつ,やっぱりもったいない。
先の野音,桜咲く春も真っ只中の,最高のロケーションと開放感で,華やかな幕開けを飾ったあの日とは対照的に,ライヴハウスZepp (たぶん,他のハコもそうでしょうけど) では,最高にカッコいい,ロックな光景が広がってました。いや,どっちもロックなんですけども,「ハコの外」と「ハコの中」とでは,こんなにも,感じかたが違うのかとびっくり。野音にせよ Zepp にせよ,けっこう,いい場所なり整理番号に恵まれたこともあって,いつも以上に,バンドの存在感なり息づかいを,間近に感じられたことも,貴重な収穫でした。だいたい,いつも 3分の2 より後ろが定位置みたいなもので。さすがに,フラットな立ち位置ゆえの見づらさも,あったといえばありましたけど・・・yui ちゃんのみならず,mura☆jun (村山☆潤,key.),mafumafu (真船勝博,ba.),sacchan (佐治宣英,dr.),各メンバーのプレイや,演奏を彩る照明,バックに流れるアートワークなど,バンドやステージ全体をみていくには十分でしょう。
メンバーがステージに会したところで,yui ちゃんが「みなさん,暖まりましょう」とスタンディングを促し,「春」からはじまったのが野音。かたや,しばしの静寂の後,いきなり「命」のイントロからはじまり,フロアを暖めるというより,ボルテージを上げていったのが Zepp.「パワフル」「マネキン」(野音では「神様」) で盛り上げていくところは似てるんですけども,最初から,ステージの違いをはっきりと意識できる展開でした。3曲が終わったところで,自己紹介もごく簡単に,「コーヒー」「アイス」「とうめいなうた」へ。「コーヒー」の「ポップなメロディ 嫌気が差すの」という歌詞を,これほどまでに美しく,ポップに歌い上げるという,ある意味で矛盾した世界観が,今まさに,本当にやりたいことをやっている yui ちゃんの姿と重ね合わさる感覚が最高です。ピアノのメロディなんて,完全にポップそのもので,私が一番好きな線だったりしますしね。アウトロまで奏でられる mura☆jun のピアノ,yui ちゃんのアコギの余韻も,Live ならではの素晴らしさがありました。個人的に一押しの「とうめいなうた」もあわせて,ポップから,徐々にロックな空気になっていく,実に心地よいブロックでした。
フロアから「MC がんばってー!」と声がかかれば,「がんばろう」と返す yui ちゃん。バンドの永遠の課題になるそうで・・・って,フラフラは,そのままの姿だからこそいいんですけどね。3年半ぶりの Album であることと,お休みの期間を経て,はじめての Tour であることを感謝する「普通の MC」っぽい感じになったところで,yui ちゃんが突然,mafumafu に「髪切った?」とか振るあたりも,フラフラらしいユルさと楽屋感があって,私は好きです。中には,(Zepp Tokyo の,一応の最寄駅になっている) ゆりかもめの「青海」と,青梅線の「青梅」を間違える人がいたようで,15分くらい遅らせてくださいと (mafumafu の Twitter アカウントに) reply 送った (これかな?) のが伝わったか,mafumafu 曰く「15分じゃ遅いしなあ・・・間をとって,7分くらいにしといた」そうです。「青海と青梅」,都市伝説かと思ってても,本当に間違えることがあるんですねえ。まあ,私も,きょうまさに,大宮駅で,人生初の「上野東京ライン」と「湘南新宿ライン」(同じホームで,同じ「平塚行」) を間違えましたので・・・人のことは←
野音にはなかった「地図」から,初期からある名曲「神様」,そして,野音でとんでもないハプニングを引き起こした「あなたと太陽」と続きます。ステージの移動も,ときどき,yui ちゃんがハンドマイクを手に,左右に行くことはあっても,さすがに,フロアに降りるなんて無茶はしませんでしたね。期待もなくはなかったんですけども・・・無理はしないということで。
続く MC で,福岡公演のときに,あえて 2人で,(博多名物) (とんこつ) ラーメンでも,水炊きでも,モツ鍋でも,明太子でもなく,カレーを食べに行ったという mafumafu と sacchan.そんな話をしていたからか,yui ちゃんから,2人に「『カレーのうた』歌ってよ」という無茶振りが・・・って,誰が歌うのって,そこは yui ちゃん,自分で振っといて「・・・どうしよう,解散するかもしれない」とか言って困っちゃうし。かと思えば,mura☆jun を「松潤です」「嵐のアザラシです」と紹介して,mura☆jun に「『嵐のアザラシ』言われたら・・・おぅおぅ,言うしかないから」(ツッコミも潰すボケよう) と返されたり。この「宇宙人っぽさ」も,ぜんぜん変わってないなあ。もちろん,そのままでいてくれるからこそ,大好きなんですけどね。
ここまでで,だいたい半分くらい,「大丈夫?疲れてないですか?若い人も,若くない人もいるから」・・・と,気遣い (?) をみせる一方,自らは「若作りはするよ」という yui ちゃん (注:若作りしなくとも,ぜんぜん歳とりませんよ)。きょう,歌う予定になかったものの,リハをやってて,やっぱり歌いたくなった,歳を重ねていくと,会えなくなる人がたくさんいることを思って,「宝物」,そして,「スタートライン」と続いていきます。ちなみに,きょうの MC は,野音からすると,だいぶ少なめです。実は,メンバーの中で一番よくしゃべる yui ちゃんを筆頭に,自由奔放でボケ殺しな点は,あいかわらずですけど← 考えてみれば,メンバー全員がボケ担当 (?) というバンドも珍しいと思います。もしかしたら,yui ちゃんだけなのかもしれませんけど・・・そこが強すぎて,もう,誰がツッコミかわからん。
yui ちゃんが「Zepp Tokyo! 筋肉痛,いいよね?」といって,Live は終盤へ。「月」「踊り」「時計」と,手を挙げ,体を揺らし,クラップを鳴らす曲が続くんですけども,「時計」の最後で,テンションが上がりすぎた yui ちゃんが「コケた!!」という一幕も。そんな「コケちゃうくらい楽しい」というバンドの本領が発揮されたのが,「バイバイ」~「ひかり」の流れでした。どちらも,けっこう長尺の曲なんですけど (Live だと,2曲で 14分くらいあります),美しいメロディと激しさが同居する「バイバイ」から,ノンストップで,壮大なスケール感で圧倒する「ひかり」,私見では,フラフラの Live の中でも,ネ申展開といっていい名場面だと思います。まあ,私が好き (とりわけ「ひかり」は,フラフラのたちの中でも 1,2くらい) ということもあるんですけども・・・単独でも,十分なハイライトになるところ,少なくとも,この 1年で五指に入りそうなハイライトになってしまいました。まだ,3ヶ月半しか経ってないのに,早くも,風呂敷広げて「五指」と言っちゃっていいくらい。たぶん。「ひかり」自身がもつ曲の壮大さと,(コーラスのところを)「一緒に歌おう」というジンガロング,どこをとっても,終盤にふさわしい高揚感がたまりません。これがまた,5月9日に,もう 1回体感できるかと思うと・・・今からもう,ニヨニヨ&ワクワクしてなりません・・・ここは変えなくていいからね,てか変えないで (懇願)
すっかり高まったフロアも,yui ちゃんの「はじめてコケちゃった・・・」(「大丈夫?痛かった?」という声に)「痛くなかった・・・脂肪が多いからかな」で,またユルさを取り戻したところで,最後に「小さな窓」をじっくり聴かせて,本編は終了です。
Encore で,再びステージに入ってきた yui ちゃん,フロアを見渡して「きょう,カワイイコ多いな」「・・・メンズもカワイイよ」といって,これをやらなきゃ始まらない「素晴らしい世界」,そして,野音で披露されて話題にもなった,ex. YUI 時代の,おそらく 20年先も歌い継がれるであろう名曲 "CHE.R.RY" を (イントロのメロディは,口笛から,コーラスになりました)。yui ちゃん自身,野音でも「過去があるから,今があって,未来がある。すべてが愛おしいです」と言ってましたけども,決して,過去を否定することなく,今でもこうして,フラフラという新たなバンドと奏で,そして,フロアのお客さんとともに歌える。そして,その景色を「最高!」「最高すぎるよ!」と言える。もしかしたら,今でも「昔の YUI のほうがよかった」って言う人もいるかもしれませんけど・・・私としては,これなら安心だと,今でも,信じてついていけると確信しました。むしろ,本当にやりたい音楽を,本当に好きな仲間とともにやっていて,ありのままの yui を表現できるようになった今だからこそ,本当の意味で,ついていけるときがやってきたのかもしれません。完全に,後出しジャンケン的なコメントですけど・・・この曲は,絶対歌いたいという「産声」も,自ら母親にならなければ,これほどストレートで,ありのままの歌詞に向き合うこともないかもしれませんしね。
最後に,「もしかしたら,きょう,ここに連れてこられた人も,つまんなかった人もいるかもしれないけど・・・楽しかった人は,また来てくれるかな?」「いいともー!」というレスポンスから,「炎」・・・もまた,歌い出しの音程がズレちゃって。「きょう,ダメダメだな・・・でも,楽しいからいいよね?」という yui ちゃん。歌の途中で「あー!超楽しい!」と声に出ちゃうくらい,バンドとともに,終始楽しそうな表情で締めくくってくれました。メンバー紹介でも「キーボード,嵐!」「違う違う,キーボード・・・」(名前,出ないんかい!) とボケ倒しちゃうあたり,その楽しさが伝わってきました。
よく,バンドでもアイドルでも,その他・どんなユニットでも,もちろんソロでも,Live の意気込みとして,まずは「自分が楽しむこと」という発言を,実によく見聞きしますけども・・・これは,まったくその通りで,演者の楽しさがお客さんに伝播し,共鳴し,増幅していくのが,理想的な Live の楽しみなんだろうと思いますし,その意味では,今のフラフラは,最強に近い楽しさをもっているものと思います。ユルくてカッコいい,自然と溶け込んでいくバンドほど心地いいものも,なかなかありません (「ユルくて」には,個人差があるでしょうけども)。これからも,どうか,yui ちゃんと愉快なバンド仲間が,やりたい音楽を,長く続けられますように・・・って,言うは易し,しかし,受け手がいなければ,なかなか難しいところがあるのも事実。長く続けられるように,はなはだ微力ながらも,これからも追い続けることをお約束します。

―――以上が,わざわざ 1日遅らせて書いたメモ書きでした (朝の 7時起きで,2日連続,0時半から書き始めるとか,さすがに無謀・・・寝ないともたない)。そのわりに,ぜんぜん,たいしたこと書いてないんですけども・・・あれ,もう 18日になってr (しろめ




keyword:FLOWER FLOWER
keyword:Zepp Tokyo

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。