My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History and Set List on phyo (phyocc)

My Live History,および,Set List の「公開型保管庫」でございます (2018年1月1日 からは,ごく簡単なコメントなども添えています)。それ以外の目的 ならびに 存在価値は・・・一切,ございません。(^^;; ちなみに,参加率は 98% 以上です。

すべての Set List および コメントは,ご自由に お持ち帰りください。引用,転載,直リンク,なんでも していただいて,かまいません。事前・事後の ご連絡,出所に関する銘記なども,一切不要です。とりあえず,適当に,お気軽にどうぞ。(*ω*)ノ ( by @phyocc ) ( about )

(826/11) Little Glee Monster ARENA TOUR 2018 -Juice!!!!!- (横浜公演/DAY 1)

2018/02/03
Little Glee Monster
Little Glee Monster ARENA TOUR 2018 -Juice!!!!!-
横浜アリーナ/第1公演


座席 : アリーナ B 16列-53番 (全席指定)
開演 16:57 → 終演 19:22 (公演時間 : 2時間25分) ※ 開演前・客席リハーサル 10分を含む (開演時間は,推定を含みます [入場 17:02])


【Set List - セットリスト】

(Love To The World / 客席リハーサル)

M01. Love To The World
M02. だから、ひとりじゃない

(MC-1)

M03. SAY!!!
M04. OVER
M05. HARMONY
M06. Gift
M07. Get Down

(Band Freestyle)

(MC-2)

M08. 私らしく生きてみたい (Acoustic ver.)

(MC-2-1)

M09. You've Got a Friend (org. Carole King) (Acoustic ver.)
M10. ヒカルカケラ (Acoustic ver.)

(MC-3)

M11. My Best Friend
M12. 好きだ。
M13. Little Glee Monster Motown Super Medley

  1. 青春フォトグラフ
  2. Brand New Me
  3. Hop Step Jump!
  4. Go My Way!
  5. Girls be Free!
  6. 書きかけの未来
  7. 放課後ハイファイブ

(MC-4)

M14. はじまりのうた
M15. Jupiter (org. 平原綾香)

(MC-5)

M16. いつかこの涙が


~ Encore ~

M17(En-01). 明日へ

(MC-6)

M18(En-02). COLORS

(MC-7)

M19(En-03). 全力REAL LIFE

(Ending) ※ S.E : OVER → (ギュッと / Music Video) → だから、ひとりじゃない → 明日へ
※ 初稿掲出時,Music Video のタイトルを「世界はあなたに笑いかけている」と誤ってしまいました。たいへん失礼しました。(2018/2/5 19:20)




【Comment - コメント】

リトグリ歴・1年あまり,6本目の Live にして,きょう,ようやく,manaka と アサヒの区別がつくようになったり,MAYU のショートヘアも,MC で話が出るまで気づかなかったりと・・・「ガオラー」と言うには,とてもほど遠い私ではありますが,それでも,一応なりとも,セトリくらいは書けるようです← セトリだけでしたら,19時20分に投稿しています
東横線の渋谷駅を出た時点で,時間も押しに押してしまい,開演に間に合うかどうか,気をもんでいた通り,横アリの席についたのは 17時02分でした。5分前で,まだ入場列があったくらいだし,まあ,まだ始まらないだろう・・・もうすでに,「横浜アリーナでリトグリと一緒に "Love To The World" を 1万人で歌おう!」の客席リハーサルが始まってました。いや,さすがに,企画自体は知ってはいたんですけども,まさかの,客席リハーサルまでやる力の入れようだとは,正直,想定していませんでした。私も,まだ入ったばっかりなのに,歌のお兄さん (けいすけお兄さん),お姉さん (さやかお姉さん) の進行で,もうすでに,スクリーンに楽譜が出るわ,ハモリのパートまで進んでいるわで,ちょっと焦ってしまいましたが・・・リードとハモリ,いったい,どちらのパートをやればいいのかもわからぬまま,一応,見よう見まねで,ハモリのパートを。それにしても,客席のガオラー,みんな上手。ハモリのパートも,ちゃんとできてる。という私も,その場で楽譜を追っかけながら,どうにかこうにか・・・(アセアセ
客席のリハーサルを終えて,そのまま,リトグリが出てきて,いきなり "Love To The World" からスタート。いや・・・これ,リハーサルから Live はじまってますね。遅刻 NG はもちろんのこと,できれば,10分前には着席しておきたいところです。2日目は,確実に,抜かりなく,席についておこうと思います。そもそも,その前に You Tube の映像くらい観ておきた・・・はい,このライヴメモを書きつつ,はじめて,当の You Tube の映像を観ておりますです・・・( ;´・ω・`)ノ
リトグリ歴も,まだ 1年ちょっとしかないゆえに,リトグリも成長しただの,大きくなっただの,そんな,ある意味で親心のような知ったことは,絶対に言えないんですけども・・・それでも,a cappella Medley (ア・カペラメドレー) や,(個別の) ダンスパフォーマンスがなくなった代わりに,アコースティックコーナーが加わったりと,これまでの Tour から,いくぶん,趣向が変わったような印象を受けました。「私らしく生きてみたい」は,アコースティック・ギターとパーカッションの編成であったり,"You've Got a Friend" (org. Carole King) は,ピアノとサックスの編成であったり。あたらしい形のリトグリをみせたいとのことでしたけども,それが,どんな編成であっても,もともとの歌唱がただものじゃないですから,よく映えるし,聴かせてくれるあたり,さすがですけどね。そもそも,横浜アリーナの大舞台を前にしても,まったく変わることのない歌唱力とハーモニー自体が,驚異そのものだとは思いますけども。また,リトグリの歌のみならず,バンドの音も,また,聴きどころが多いこと。"Band Freestyle" と銘打たれたセッションは,公演ごとどころか,リハーサルのときさえも違う,本当の即興だそうで。ステージ上で,バンド紹介の順番に音を重ねていくんですけども,公演ごとに,順番も変えてくると思います (順番まで,書き留めてませんでしたけど・・・)。
後半に入る前のコール&レスポンスでは,お約束の横浜アリーナの客席は『センター,アリーナ,スタンド』の洗礼」を受けることに。「アリーナ」「1階」「2階」・・・ありがちなパターンですけども。それはさておき,a cappella Medley に代わって,リトグリの曲たちを,彼女たちのルーツでもある (らしい) "Motown" にリスペクトを込めてアレンジしたという "Motown Super Medley",これがまた,ちょっとちょっとの「つまみ食い的な」メドレーではなく,フルに近い曲もあったり,明らかに,最近やっていない (というより,私もはじめて聴いたような) 曲も交えたりと,大充実のメドレーになってました。ちゃんと計時したわけではないですけども,ざっと,15分くらいはあったような気がします。そして,メドレーの盛り上がりから一転,「はじまりのうた」からの "Jupiter" では,センターステージがせり上がり,ひとつのハイライトに。2003年12月17日,(邦楽として) 平原綾香女史がリリースしてから 14年余の時を経て,ここに,もうひとつの Jupiter が生まれたといって過言ではない貫禄でした。
去年のリトグリは,目標を達成したり (武道館のことかな?),メンバーが 5人になったり (麻珠脱退のこと・・・でしょうね) と,嬉し涙も,悔し涙も,たくさん流してきたと語って,本編の最後は「いつかこの涙が」で締めくくり。Encore では,客席のスマートフォンのライトでお出迎えされて,バックステージから登場してきました (この演出,ちょいちょいあるよねということで,今年になって,アプリを入れたばかりでした)。バックステージはかなり小さく,5人が,本当に間近に感じられる瞬間でした (アリーナ B-16列から)。アサヒが (スマートフォンのライトで出迎えられたときに)「すっごくきれいで,見渡す限り 365°」・・・どこをどうやって 5° 多くなった,とは,manaka が言わずとも,きっと,多くのガオラーが同じことを・・・(;´Д`) そんな,ライトでのお出迎えのお返しに,とばかりに,"COLORS" では撮影可ということで,メンバーが,バックステージから (アリーナ席とセンター席の間を歩いて) センターステージ ~ メインステージへと戻るんですけども・・・やっぱりというか,センター席の大移動が。
リトグリにとって,昨年の武道館以来の大舞台というだけあってか,きょうの芹奈は (も?),よく泣いたもんですけども・・・「明日へ」のソロパートで感極まったり,最後の MC でも (初日から) 感極まってしまい,manaka が,MC でしゃべりきった芹奈の頭を,よしよししたり。曰く「こんな,すぐ泣くような人が,本当に,みんなに勇気を与えられてんのかな」・・・「明日へ」ソロパートのときの,客席からの「がんばれー!」とか,思わず,もらい泣きする人の多さをみれば,十分に,勇気も希望も与えられていると思いますよ。かくいう私も,率直に言って,そんなに,リトグリに思い入れがあるわけではないですし,そもそも,まだ 1年ちょっとで,メンバーの顔と名前の一致すらおぼつかないような,それこそ,ガオラーになるには 100年早いようなていたらくでありがなら,そのような私でさえも,数々の曲の途中で,泣きそうになるシーンがいくつもありました。これが,リトグリがもつ「歌の力」とでも言いましょうか。って,私に言われたくないかもしれませんけど・・・
―――と,まだ,明日 (DAY 2) もありますので,きょうのところは,ひとまずこのへんで。2days,まとめて書いてもよかったんですけども,明日は明日で,また,違う光景がみられると思って,あえて,所々を抜かしつつも,書き留めておいた次第です。まあ・・・メモ書きの内容がさっぱり伴わないことは,いつものこととして←




keyword:Little Glee Monster
keyword:横浜アリーナ

Set List および コメントの掲載は,@phyocc が 自ら参加した Live に限られます。「セットリスト情報の投稿・共有サイト Live Fans (ライブ・ファンズ)」様 ( @livefans ),「セットリスト・ライブ情報ポータルサイト セトリ!!!」様 ( @gajumale_stli ) など,ぜひご利用ください (もちろん,こちらに掲載しております Set List も,ご自由に流用いただいて かまいません)。